CLOSE

SEARCH

安全資産とは?

安全資産とは、投資した資金(元本)は守られながら、安定的にお金が入る投資資産です。

代表的な安全資産に、国債社債などの債券不動産小口化商品などがあります。

元本が割れる(売却するときに、投資した時より低い価格になる)可能性が低く、価格も日々変動するわけではないのではなく、長期で投資するものになります。

年に何度か分配金が振り込まれるので、定期預金のように放置しておくことができます。

 

 

1.安全資産の種類

1-1.国債とは?

国債とは、国が発行する借金です。

借金のため、投資した額が減ることはありません。

国債に投資すると、国から年に2回、利子をもらうことができます。

国債は、1年間保有したら、いつでも売却することができます。

また、借金に期限があるように、国債にも期限があります。

この国債の期限まで保有し、借金が国から返済されることを償還と言います。

 

様々な投資する先がありますが、その中でも最も安全とされており、皆さんの預金を預っている銀行も国債で200兆円以上運用しています。

固定変動の2種類があります。

固定とは、最初から金利が決まっているもので、変動とは、半年に1回金利が変わるものです。

固定3年 固定5年 変動10年
最低投資額 10,000円 10,000円 10,000円
リターン 基準金利 – 0.03%(最低0.05%) 基準金利 – 0.05%(最低0.05%) 基準金利 × 0.66

基準金利とは、募集を始めるの2営業日前(10年固定利付国債入札日)において、市場実勢利回りを基に計算したものです。

例えば、2017年4月17日に発行された「固定3年(第82回)」の場合を見てみます。

出典:財務省HPより

基準金利が、「-0.19%」となっていますが、最低でも「0.05%」と保証されているので、「0.05%」のリターンを得ることができます。

なので、100,000円投資すると、1年に50円を得ることができます。

これをメガバンク(三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行)の定期預金であると、1年に1円しか得ることができません。

そのため、国債であれば50倍のお金を何もせずに得ることができます!

 

国債はどの「〇〇銀行」とついた銀行や「〇〇証券」とついた証券会社でも購入することができます。

難易度 投資額 リターン 期間
1万円~ 1年以上

 

1-2.社債とは?

社債とは、会社が発行する借金です。

借金のため、投資した額が減ることはありません。

社債に投資すると、会社から利子をもらうことができます。

社債の場合、一度購入すると、借金の返済期限まで売却がしにくく、会社が借金の返済期限に返済する償還まで待つことになります。

 

社債を発行する会社にも様々な会社があり、利子は「その会社がどのくらいの信用があるか?」によって高くなったり低くなったりします。

この「その会社がどのくらいの信用があるか?」は、「格付けによってわかります。

 

 

リターンが高い社債として知られるのが、ソフトバンクです。

例えば、「第51回無担保普通社債(愛称「福岡ソフトバンクホークスボンド」)」の場合を見てみます。

出典:ソフトバンクのプレスリリース

100万円から投資でき、100万円を投資すると、1年に20,300円を得ることができます。

これをメガバンク(三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行)の定期預金に100万円預けても、10円しか得ることができません。

そのため、ソフトバンクの社債であれば、定期預金の2030倍のお金を何もせずに得ることができます!

 

社債はどの「〇〇証券」とついた証券会社でも購入することができます。

難易度 投資額 リターン 期間
○○ 1万円~ ○○ 1年以上

 

1-3.不動産小口化商品とは?

名前だけ見ると難しそうに見えます…

ですが、一言で言ってしまうと、「不動産を複数人で購入する」というもので、一種のクラウドファンディングのようなものです。

購入する不動産は、様々ですが、マンションアパートビルなどに投資することができます。

 

不動産小口化商品を購入すると、その不動産を使っている人の家賃が、投資家に支払われます。

リターンが高い不動産小口化商品として知られているのが、「Tateru Funding」です。

例えば、「第3号愛知県名古屋市 TATERU AP ファンド」の場合を見てみます。

出典:Tateru FundingのHPより

10万円から投資でき、10万円を投資すると、1年に5,000円を得ることができます。

これをメガバンク(三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行)の定期預金に10万円預けても、1円しか得ることができません。

そのため、ソフトバンクの社債であれば、定期預金の5000倍のお金を何もせずに得ることができます!

 

不動産小口化商品不動産会社で、購入することができますが、売っている不動産会社がとても限られています。

不動産小口化商品の詳細についてはこちら

 

難易度 投資額 リターン 期間
○○ 10万円~ ○○○ 数ヶ月~

 

2.安全資産のメリット

安全資産メリットとしては、

・「売却や償還されたときに、投資した時の資金(元本)より低くなる可能性がとても低い

・「日々価格変動しないので、株のように株価を見てる必要もないなく、放置しておいても大丈夫!」

というものがあります。

そのため、定期預金などと同じ感覚で放置していても、定期預金以上のお金が、何もしていないのに増えていきます。

 

3.安全資産のデメリット

安全資産デメリットとしては、

「リターンが他の株や投資信託などと比べても低い

「人気がとても高いので、商品が少ない

というものがあります。

近年、とても低金利な一方で、年金が将来もらえるかわからないという不安があります。

そのため、預金並みに安全な商品に投資しながら、資産を増やしたいというニーズが増えてきています。

そのため、不動産小口化商品などは、数分で売り切れてしまうことが多々あります。

その一方で商品には限りがあるので、どうしても品不足になってしまうことがあります。

 

もし、「安全資産のリターンではもの足りない!」という方や「もっと積極的に投資していきたい!」という方には、安全資産にも投資しながら、安全資産&リスク資産リスク資産に投資するという分散投資をすることが、オススメです。

 

 

4.まとめ

最後に、安全資産についてまとめると、

安全資産とは、債券や不動産小口化商品などのことを指し、元本が割れることがほぼなく、年に数回分配金が振り込まれる

国債は、国の借金のことで、であれば、定期預金の50倍のお金を得ることができる

社債は、会社の借金のことで、ソフトバンクの社債であれば、定期預金の2,030倍のお金を得ることができる

不動産小口化商品は、不動産をクラウドファンディングのように購入することができるもので、定期預金の5,000倍のお金を得ることができる

安全資産メリットは、定期預金のように、元本が割れる可能性が低く、日々価格変動するといったことがないこと

安全資産デメリットは、リターンが他の株や投資信託などと比べて低くなることと、人気が高いので、商品が少ないこと

・もっとリターンを得たいよ!という方には、「安全資産」にも投資しながら、「安全資産&リスク資産」や「リスク資産」に投資するのがオススメ

 

→安全資産&リスク資産についてはこちら

→リスク資産についてはこちら

w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami