CLOSE

SEARCH

安全&リスク資産とは?

安全&リスク資産とは、投資した資金安全に守られながら、安定的にお金が入る投資資産です。

代表的な安全資産に、投資信託REIT(リート・不動産投資信託)、ソーシャルレンディングなどがあります。

基本的に、複数のものに投資します。

元本が割れる(売却するときに、投資した時より低い価格になる)可能性がありますが、になる可能性は低いです。

また、年に何度か分配金が振り込まれます。

「債券などの安全資産で運用していたけど、もっとリターンが欲しい!けどリスクはあまり取りたくない…」という方や、「株やFXに投資したけど失敗してしまったので、安定的に収入が入るものに投資したい…」という方にオススメです。

 

1.安全&リスク資産の種類

1-1.投資信託とは?

投資信託とは、複数の株や債券などに投資しているファンドに投資するものです。

このファンドは、投資のプロがお金を代わりに運用しており、投資のプロは、一般的な人からお金を集めて運用しています。

複数の株や債券に投資しているファンドに投資するため、一つの株が下落してしまったり、債券がダメになってしまっても、安全です。

投資信託に投資すると、年に数回利益が分配されるほか、基準価額というものが上がったり下がったりするのことで利益を出すことができます。

基準価額とは、株の株価に当たるもので、1日に1度計算されます。

基準価額が購入したときより上がったときに売却できれば利益が出ますし、基準価額が購入したときより下がったときに売却してしまうと、損が出てしまいます。

基本的に約10,000円程度から投資することができます。

 

また、投資信託の場合、「積立投信」というものがあります。

これは、決めた額を毎月投資信託に投資することができるもので、勝手に投資している額を増やしてくれます。

 

投資信託は、どの「〇〇銀行」と付いた銀行や「〇〇証券」とついた証券会社でも購入することができます。

ただ、どの証券会社や銀行で買うかによって取り扱っている数や商品が異なってしまいます。

中でもネット証券はたくさんの投資信託を取り扱っています。

投資信託の詳細についてはこちら

難易度 投資額 リターン 期間
○○○ 1万円~ ○○○ いつでも

 

1-2.REIT(リート・不動産投資信託)とは?

REITとは、不動産投資信託ともいい、不動産に投資をする投資信託です。

不動産があるため、債券よりなくなる可能性がないとされており、人気があります。

 

不動産というと、額が大きかったり、情報がなかったりで、一般の人には買いにくいとされています。

ですが、REITは、数万円から購入することができ、誰でも知ってるような不動産にも投資ができます。

 

REITに投資すると、投資している不動産からの家賃収入を年に2回ほど受け取ることができますし、投資口価格も上がったり下がったりします。

投資口価格とは、株の株価に当たるもので、株のように毎秒変動し、いつでも売ることができます

この投資口価格が購入した時より上がった時に売却できれば利益が出ますし、投資口価格が購入した時より下がった時に売却してしまうと、損が出てしまいます。

家賃収入は、投資した額の2~7%(100万円投資したら2万~7万円)を受け取ることができます。

 

REITは、「〇〇証券」とついた証券会社で購入することができます。

REIT(リート・不動産投資信託)の詳細についてはこちら

 

難易度 投資額 リターン 期間
○○ 数万円~ ○○○○ いつでも

 

1-3.ソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング)とは?

ソーシャルレンディングとは、貸付型クラウドファンディングとも言われ、クラウドファンディングの一種です。

お金を運用したい人をインターネット上で集め、お金を借りたい企業に貸すというものです 。

 

ソーシャルレンディングは、銀行と似ています。

銀行は、たくさんの人から預かったお金を企業に貸し付け、金利をつけて企業から返済してもらいます。

そこで得た金利を皆さんに利子として返しています。

しかし、銀行の預けたお金は、自分のお金がどう使われているか、どういったところに貸しているのかわかりません。

 

ソーシャルレンディングだと、「こういう企業に、こういう目的でいくらのお金を貸し付けます!」というものをサイトに書きます。

このとき、一人が貸し付けるのでは限界があるので、クラウドファンディングの方法で、賛同した他の投資家も含めてお金を集めることで、企業に貸し付けます。

 

ソーシャルレンディングに投資すると、貸し付けた会社から利子をもらうことができます。

ソーシャルレンディングは、ソーシャルレンディングでお金を貸し付けている人で購入することができます。

ソーシャルレンディングの詳細についてはこちら

難易度 投資額 リターン 期間
○○ 1万円~ ○○○○ 数ヶ月~

 

2.安全&リスク資産のメリット

安全&リスク資産メリットとしては、

・「売却や返済(償還)されるときに、投資した時の資金より上回る可能性がある」

・「プロが代わりに運用してくれる」

・「分散して投資されているものに投資ができる」

・「元本がゼロになってしまう可能性が低い」

・「リスク資産ほど価格が変動しないので、ずっと画面と向き合う必要がない」

というものがあります。

そのため、安全資産に投資するよりもリターンが大きくなる可能性あり、かつ、リスク資産に投資するよりも有効的に時間を使うことができます。

 

3.安全&リスク資産のデメリット

安全&リスク資産デメリットとしては、

・「元本が割れてしまう可能性がある」

・「手数料がかかってしまう」

・「価格が変動する」

というものがあります。

投資信託REITのように価格が変動してしまうと、どうしても価格が気になってしまうかもしれません。

しかし、株のように一日に10%以上変動する可能性はあまりなく、1日に1度、価格を確認すれば良いです。

 

投資信託REITは、安全資産やリスク資産と異なり、プロに代わりに運用してもらっているので、手数料が発生してしまいます。

 

もし、「安全&リスク資産は、債券不動産小口化商品などの安全資産に投資しながら、もう少しリターンが欲しいなぁという方」や「FXに投資したけど失敗してしまったので、安定的に収入が入るものに投資したい…」という方にオススメです!

 

 

4.まとめ

最後に、安全&リスク資産についてまとめると、

安全&リスク資産とは、元本を割ってしまう可能性があるが、にはなりにくく、安全資産と比べて大きく利益を得られることがある

・債券や不動産小口化商品ように年に数回分配金が入ってくる

投資信託は、投資のプロが複数の株や債券に投資してくれる

REITは、複数の不動産に投資のプロが投資してくれる投資信託

安全&リスク資産メリットは、元本大きく上回る可能性があること、プロが代わりに運用してくれる、分散して投資されているものに投資ができる、元本がゼロになってしまう可能性が低い、リスク資産ほど価格が変動しないので、ずっと画面と向き合う必要がないなどがある

安全&リスク資産デメリットは、元本が割れてしまう可能性があったり、手数料がかかってしまうこと、価格が変動してしまうなどがある

・「安全資産で運用していたけど正直リターンがもう少し欲しい!」という方や「リスク資産で運用していたけど失敗してしまった…」という方が投資するのにオススメ!

 

→リスク資産についてはこちら

→安全資産についてはこちら

w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami