CLOSE

SEARCH

株に投資している投資家ってどんな人や会社がいるの?

ふと我にかえったときに、

「そもそも誰が株に投資ってしてるんだろう…?」

なんて思ったことはないでしょうか?

そこで今回は、様々な投資家の種類についてご紹介しましょう。

 

 

1.個人投資家

「個人投資家」とは、皆さんのような一般的な投資家のことで、「個人投資家」「機関投資家」「外国人投資家」の3つの中で一番多い投資家で、証券口座数から推計すると1,200万人(※)ほどいるとされています

基本的に、一回あたりの取引額が、1万円単位から10万円単位、100万円単位と小さい傾向にあり、市場に与える影響はあまり大きくありません。

ただ、成長しているベンチャー企業がたくさん上場していて、1日の株価の変動が大きい東証マザーズにおいては、「個人投資家」が取引の7割近くを占めています。(残りの3割弱は外国人投資家)

 

(※)証券口座数が日本全体で約2,400万口座あり、一人当たり2口座持っていたとして計算。

 

2.機関投資家

「機関投資家」とは、日本の大きなお金を運用しているプロの投資家のことで、生命保険会社・損害保険会社、資産運用会社・年金基金、ヘッジファンドなど、個人や企業からお金をお預かりして、運用している会社が「機関投資家」に当たります。

これらの「機関投資家」は、一回の取引額が大きく、株価に与える影響が大きいです。

基本的に、東証一部や東証二部などに上場している安定した企業に、長期投資で投資しています。

一方、個人投資家が投資している東証マザーズに上場している企業には、あまり投資していません。

なぜ、個人投資家は東証マザーズに投資できるのに、機関投資家は投資しないのでしょうか?

それは、お客様からお預かりした資金を機関投資家は運用していて、リスクをあまりとりたくありません。しかし、東証マザーズの会社は、少し不安定で株価が急降下するリスクを取らないためです。

 

日本で最大の機関投資家と言われているのが、日本人の年金を運用している「年金積立金管理運用独立行政法人」、通称GPIFと呼ばれるもので、134兆7,475億円もの資金を運用しています。

この134兆7,475億円というのは、世界で13番目の経済大国であるオーストラリアと並ぶ多さです。3000万円のフェラーリが約450万台買えます。(額が大きすぎてよくわからないかもしれませんが…)

 

3.外国人投資家

「外国人投資家」とは、その名の通り外国人の投資家のことで、外資系の年金基金、資産運用会社、保険会社、ヘッジファンドなどが当たります。

運用している規模も大きいですが、取引額も多く、東証1部における取引の7割が外国人投資家によって行われています。

 

4.事業会社

投資家なのかという疑問はありますが、株式を持っているので投資家ということでご紹介するのが、「事業会社」です。

「事業会社」というと難しそうですが、簡単に言えば、銀行や証券会社などの金融機関以外の会社です。

例えば、トヨタ自動車・ソニー・新日鉄住金などのメーカー、セコムやスシローなどのサービス、楽天やクックパッドなどのITなどの企業のことです。

これらの企業は、上場している企業の株を持っていることがかなりあります。

例えば、自動車メーカーのトヨタ自動車は、自動車メーカーの富士重工、自動車部品メーカーのデンソーやアイシン精機などの株式を持っています。

他にも、携帯電話や電子部品を作っている京セラは、通信会社のKDDIの株式を持っていますし、KDDIはニュースアプリのグノシーの株式を持っています。

これらは、様々な理由から他の会社の株を持っています。

トヨタ自動車が、デンソーやアイシン精機の株を持っているのは、デンソーとアイシン精機がトヨタから分離した会社だからです。

京セラがKDDIの株を持っているのは、京セラの携帯電話を売ってもらい続けるためです。

KDDIがグノシーの株を持っているのは、上場する前に出資したという背景がありますが、KDDIの顧客向けにグノシーを提供するためというのと、グノシーの持つ広告に対するノウハウをKDDIが吸収するため、持っています。

 

 

5.まとめ

最後に、投資家についてまとめると、

・投資家には、「個人投資家」「機関投資家」「外国人投資家」「事業会社」の4つのパターンがある

・「個人投資家」は、数としては最も多いが、取引きが他の3者と比べて小さいため、あまり市場に影響を与えることはない

・しかし、東証マザーズというベンチャー企業が上場している市場では、7割を個人投資家で占めている

・「機関投資家」は、個人や企業から預かったお金を代わりに運用している企業などのことをいい、基本的に東証一部や東証二部に投資している

・「機関投資家」の中でも日本最大なのが、皆さんの公的年金を運用しているGPIFで、フェラーリが450万台も買えてしまうほどの大きな規模のお金を運用している

・「外国人投資家」は、東証一部という市場の7割を占めている、外国に資金がある投資家

この記事のKeyword:
w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami