CLOSE

SEARCH

株を取引している証券取引所って何?

投資家が、証券会社に「売ってください」や「買ってください」と注文した後、少し時間があってから注文は成立します。

この少しの時間の間、株はどうなっているのでしょうか?

それは、「証券取引所」というところが、株を「買ってくれる人」と「売ってくれる人」を探して、見つけてくることをしています。

このような「証券取引所」が、日本には、東京証券取引所、名古屋証券取引所、札幌証券取引所、福岡証券取引所の4つあります。

その4つの中でも特に大きいのが東京証券取引所です。

そして、東京証券取引所ではさらに、「一部」「二部」「ジャスダック」「マザーズ」と分かれています。

 

 

1.そもそも「証券取引所」って何?

そもそも「証券取引所」では何が行われているのでしょうか?

順を追って説明しましょう。

 

まず、投資家は、証券会社に「〇〇会社の〇〇株を〇〇円で売ってください!」や「〇〇会社の〇〇株を〇〇円で買ってください!」と注文します。

すると証券会社は、「証券取引所」に「〇〇会社の〇〇株を〇〇円で買ってくれませんか?」や「〇〇会社の〇〇株を〇〇円で売ってくれませんか?」と注文を出します。

すると「証券取引所」が、「〇〇会社の〇〇株を〇〇円で買ってくれませんか?」という人と「〇〇会社の〇〇株を〇〇円で売ってくれませんか?」という人をマッチングします。

これで、取引が成立です。

このとき、売る人はできる限り高く売れるように、買う人はできる限り安く買えるような仕組みを「証券取引所」は作っています。

 

言ってみれば、株のメルカリです。

メルカリは、「帽子を〇〇円でで売りますけど誰か買いませんか?」という「注文」と、「その帽子を〇〇円で私買いたいです」という「注文」をマッチングさせています。

この「帽子」を「株」にしたのが、「証券取引所」です。

 

 

2.「一部」「二部」「ジャスダック」「マザーズ」って何?

たまに「東証一部上場企業」とか「東証マザーズ上場企業」というのをホームページで見たことがないでしょうか?

正直「上場してるから何?」と思われていたかもしれませんが、実はこれ、結構すごいことなんです。

中でも「東証一部」に上場している企業は、日本の上場している企業の中でもトップクラスの売上や知名度がある企業が多く在籍しています。

例えば、トヨタ自動車や森永製菓、ソニー、三菱UFJフィナンシャルグループなど誰でも知っている企業は、すべて東証一部上場企業です。

また、この東証一部上場企業になるには、誰でもすぐになれるわけではありません。

とても厳しい審査を受けて、「君は信用がある企業だから取引されていいよ!」となってから上場することができます。

なので、日本全国に421万という会社がある中でも、2,002社しかありません。

言ってみれば、センター試験個別学力検査試験(二次試験)を突破して、東京大学に入学したような感じです。

 

また、「ジャスダック」と「東証マザーズ」は、基本的に創業して浅いが成長しているベンチャー企業などが多く在籍しています。

ここには、「成長したいけど資金が足りない!」というベンチャー企業が、「東証マザーズ」に上場することで、資金を調達します。

このとき、もちろん厳しい審査を行うものの、東証一部よりは優しめにすることによって、ベンチャー企業の成長を「証券取引所」として支援しています。

 

 

3.世界の証券取引所

取引所は、日本だけでなくもちろん、世界にもあります。

例えばアメリカであれば、ニューヨーク証券取引所やナスダック、中国であれば上海証券取引所や深セン証券取引所、ヨーロッパであれば、ユーロネクストやフランクフルト証券取引所など、基本的に都市の名前がそのまま証券取引所の名前になっています。

 

 

4.まとめ

最後に、「証券取引所」についてまとめると、

・「証券取引所」では、売りたい人と買いたい人をマッチングさせる場所

・そのため、証券会社に売買の注文を出してから売買が成立するまでに時間がかかっている

・日本に「証券取引所」は、東京と名古屋、札幌、福岡にあり、それぞれに、「一部」や「二部」、ベンチャー向けの市場がある

 

この記事のKeyword:
w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami