CLOSE

SEARCH

初めて株を買うときの株の選び方

証券口座も開設したし、株を買ってみよう!

という段階にきたものの…

「会社が多すぎてどの会社を買えばいいのかわからないよ!」

そんな方が多いのではないでしょうか?

試しに四季報を買って見たけど厚すぎるし、情報が多すぎてわかりにくい…

それもそのはず。

四季報にのっているような上場企業は、日本でも3,500社以上もありますし、様々な指標があります。

本当は、最初から色々な指標を見て、業績が伸びそうな会社を選ぶことで、自分の資産も増やしていきたい!

けど、いろいろな指標を見ていたら投資できなくなってしまった…

となったらもったいないので、会社選びの最初の一歩の踏み出し方について見てみましょう。

 

 

1.知ってる企業をとりあえずヤフーファイナンスで調べてみる

とりあえず知っている企業について、ヤフーファイナンスで検索してみましょう。

ヤフーファイナンスとは、ヤフーが提供しているサービスで、会社の株価やチャート、業績、事業内容が軽くまとめられているサイトです。

これでとりあえず、知っている企業やサービス名をヤフーファイナンスで調べてみるのもありかもしれません。

出典:Yahoo Finance

 

2.身の回りでさがす

日頃の生活で使っているものなどに目を向けて見ましょう。

例えば、ソーシャルゲームの会社。

「パズドラ」のガンホー・オンライン・エンターテイメントや「モンスト」のミクシィなどは、最初こそ株価は低迷していましたが、ゲームによって業績が一気に伸び、株価も伸びています。

このように、流行のものを作ってる会社について調べてみるのも、最初はいいかもしれません。

 

 

3.配当金が多い企業を探す

会社の利益を配当する「配当金」が多い企業で調べてみるのも、ありかもしれません。

この時に大切なのが、配当金の絶対額ではなく、利回りです。

利回りとは、「配当金÷株価×100」で計算されるもので、「%」で表されます。

この利回りを見ることで、1株買って何%のリターンを年間で得られるか?ということがわかります。

こちらは、ヤフーファイナンスの「配当ランキング」で見ることができます。

例えば、利回りが4%で、100,000円分を買ったら、4,000円を配当金としてもらえることになります。

ただ、株価が下がって利回りが上がっていたり、業績が低迷しているのに株価を無理にあげるために、配当金をあげている会社の可能性もあるので、よく注意して見てみましょう。

 

 

4.株主優待で探す

株主優待」で探してみましょう。

株主優待」とは、「株主になってくれてありがとう!お返しに自社の製品やサービスを無料でプレゼント!」してくれるものです。

例えば、「東京ディズニーランド」や「東京ディズニーシー」などを運営しているオリエンタルランドであると、株主用パスポートをもらうことができます。

他にも、「イオン」「まいばすけっと」「マックスバリュー」「未来屋書店」「ダイエー」などを運営しているイオンは、買い物の際に提示すると3%キャッシュバックされる「オーナーズカード」を発行しています。

 

 

5.時価総額ランキングを追ってみる

時価総額とは、「1株の株価 × 発行済株式数」で計算されます。

発行済株式数」とは、その会社が何株発行したか?というもので、要するに「この会社を全部買うにはいくらかかるのか?」ということがわかります。

この時価総額が高いと、「その会社がどのくらいみんなにこんなに評価されているのか!」や「日本の代表的な企業」について、よくわかります。

 

 

6.決算説明会資料を見てみる

ある程度企業について目処がついたら、各企業の売上や利益などの具体的な数値を見ていくことになると思います。

ですがこの時、いきなり「決算短信」や「有価証券報告書」を見てしまうと、「数値が並びすぎてよくわからない…」とまた挫折しかねません。

そこでおすすめなのが、企業が株主総会で使った資料の「決算説明会資料」です。

この「決算説明会資料」には、たくさんの数値やビジネスモデル、売上を上げるための数値などが、わかりやすく図などを使って説明されており、会社をイメージするためのサポートをしてくれると思います。

3つの決算資料(決算説明会資料、決算短信、有価証券報告書)の見方

 

7.まとめ

これまで、会社を選ぶときの始めの一歩について紹介してきましたが、買うときはどうしても「自己責任」となってしまいます。

そこで仮に、株価が下がってしまって損をしてしまってもう嫌だ!となってしまうと、次に繋がらなくなってしまうため、なんで下がってしまったのだろう?と考えてると、クールな投資家への一歩になると思います。

 

→次は、「株価が上がったときや下がったときなどの、売るタイミング」について紹介しています。

この記事のKeyword:
w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami