CLOSE

SEARCH

株価が下がったときや上がったときってどうすればいいの?

よし、「株について」も「株の買い方・始め方」もわかったし、証券口座も作ったみた!株も買ってみた!

そしたら、「株価が上がった」or「株価が下がった」けどどうしよう…

そんなときの対処法についてご紹介します。

 

1.株価が上がった時

まずはハッピーな方の株価が上がったときのお話から。

 

例えば、1株の株価が500円だったものを200株買って、100,000円を投資したとしましょう。

するとなんと!投資した会社の業績が好調で、1株500円だった株価が1,000円にとなり、あなたが100,000円投資した分が200,000円になりました。

 

さてここで、あなたはどうしますか?

 

ここで売ってしまえばあなたは、(1,000-500)円×200株=100,000円の利益を得ることができます。

しかし!このままの調子でいけば、もしかしたらこのまま上がり続けて、一株が1,500円になって200,000円の利益になる可能性もあります。

ただこのままの調子が続かず、1株500円になってしまう可能性もあります。

 

そこでおすすめなのが、

「200株全てを持ち続けるのではなく、一部を売却する」

なので、100株を売却したことで(1,000-500)円×100株=50,000円の利益となり、残りの100株を持ち続けることができます。

その後、1株が1,500円になれば、(1,500-500)円×100株=100,000円の利益となり、合計の利益が150,000円。
または、1株が500円になれば、持っている100株についての利益はありませんが、以前売却した利益があるので、合計の利益も50,000円となります。

 

ただ、この時に注意しなければいけないのが、「最低単位数」です。

株式を購入するには、「最低〇〇株以上買わないといけませんよ!」というルールがあります。

大抵の会社は、「100株単位で買ってくださいね!」というルールになっています。(もちろん1株や1000株の会社もあります。)

 

なので、選択肢を増やすためにも、「最低単位数」ではなく、200株や300株のように、買うことをお勧めします。

 

2.株価が下がった時

次に、アンハッピーな株価が下がってしまったときのお話を。

 

例えば、1株の株価が500円だったものを200株買って、100,000円を投資したとしましょう。

しかしなんと!投資した会社の業績が不調になってしまい、1株500円だった株価が250円にとなり、あなたが100,000円投資した分が50,000円になってしまいました。

 

あなたはこのとき、どうしますか?

 

ここで売ってしまえばあなたは、(500-250)円×200株=50,000円の損失になってしまいきます。

しかし!もしかしたら業績が回復して、一株が1,000円になって100,000円の利益になる可能性もあります。

 

そこでここでもおすすめなのが、

「200株全てを持ち続けるのではなく、一部を売却する」

なので、100株を売却したことで(500-250)円×100株=50,000円の損失となってしまいます。

しかしその後、1株が1,000円になれば、(1,000-500)円×100株=50,000円の利益となり、合計でプラスマイナス0にすることができます。

このように、株価が下がっても、売らなければ損になりません

 

始めだと、株価が下がってしまうと、「うわ!株価下がってる!売らなきゃ!」と思いがちですが、その会社の下落は一瞬で、そのあと元の価格に戻ることがあります。

ですので、やはり気長にかつ、心に余裕ができる「長期投資」がオススメになります。

 

 

ただ世の中には、「ピンチはチャンスなり」という格言があります。

それは、持っている株式を更に買い足す「買い増し」です。

「下がってるのになんで買うの!?」

株価が下がってしまう理由にはいくつかありますが、すぐに戻るものもあります。

ただ長期投資の場合、事前にこの会社はこのくらい伸びそうだ!という前提に立って購入していることがあるので、もちろん下がった理由にもよりますが、下がった時だからこそ、大きな利益を得られる可能性もあります。

 

3.まとめ

最後に、まとめると、

・株価は下がることも上がることもあるが、その時は全ての持分を売るのではなく、一部を売却するという方法もある

・株価が下がっても焦って売らないこと、下がってるなら下がってる理由があるはず!

・なので株式は100株などの「最低単位数」ではなく、200株や300株などで買う

 

→次は、「株価が上がったときの理由」と「株が下がったときの理由」を紹介しています。

この記事のKeyword:
w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami