CLOSE

SEARCH

株価が上がってる!けどその理由って何?

株を買って、まず起こるのが

「株価が10円下がった!(泣)」

「株価が10円上がった!」

というもの。

株価が下がっていると辛いですが、上がっているからといってそのまま見たままであると、突然下がってしまう可能性もあります。

そこで今回は、株価が上がってるなら上がっているなりの理由があるはず!ということで、探ってみましょう!

 

 

 

1.業績が好調である

会社の業績が好調で、「今後も好調そうだな!」と思い、期待する人が増えれば、株価は上がります。

ただ、時としてその期待が過渡な期待となってしまい、バブルになってしまう可能性もあります。

 

 

2.配当金が増える

配当金を増やすには、業績が良くなっていないとできないことなので、増やすということは業績が良い証拠なのでは?ということで株価が上がる可能性があります。

 

また、そもそも高い配当を目指して買う人も増えるため、株価が上がる可能性があります。

 

 

3.円高・円安になる

 

日本の企業は、日本だけでなく、日本で作ったものを課外で売ることが増えてきていると説明しました。

そういった企業を輸出企業と言いますが、そういった企業は円安になると一気に株価が上がって行きます。

また、輸出企業と逆の輸入企業の場合、円高になると株価が上がります。

 

 

4.買収・売却

企業は自分の努力でも業績を上げようとしますが、ある程度の規模になる限界が見えてきます。

そこで他の企業を買収することがあります。

買収することで、売上も増えますし、これまで競合だったので同じ場所や領域にお店や研究開発をしていたものを同じ会社となることで共通化して効率的にすることできるので、利益を増やすことができる可能性があります。

 

企業によってはたくさんの事業を抱えているところもあります。

そうなると、様々な事業にお金を使わなければいけなくなってしまい、どの事業も中途半端になってしまう可能性があります。

そこで、事業を売却することで、事業を売却した時の利益も見込めますし、そのお金を使って事業を成長させる方に使う可能性もあります。

 

買収する時には、現在の株価より高めに買うことがほとんどで、その価格が下がることはあまりません。

そのため、買収する企業に持っている株を買いとってもらうことを目指して株を購入している投資家もいる可能性があります。

 

また、買収があった同じ業界でさらに買収があるのではないか?ということで、その期待から上昇する可能性もあります。

 

 

5.新商品の発表

新しい商品を発表すると、既存の商品とは別に新たに売上が立つ可能性があり、会社が成長する可能性があります。

また、既存の商品をリニューアルした場合も、既存の商品であると値引きしなければ売れなかったものも、リニューアルしたことで値引きせずに売れるようになる可能性もあります。

 

 

6.バリュー投資

バリュー投資の詳細は後ほど「バリュー投資って何?」でもご紹介しますが、これまで割安だった株が、あることをトリガーとして株価が上がり始めることです。

あることとは、業績が好調であったり、配当金が増えたり、円高・円安になる、買収・売却、新商品の発表など様々です。

ただこの中でも、特に新商品の発表や業績が好調であると、大きな株価の上昇を見込めます。

 

 

7.まとめ

株価が上がった!その時の理由は、

・業績が好調である

・配当金が増えて、少しでも高い配当金を求めて買っている

・円高・円安になる

・企業が買収して、単純に売上を増える

・将来的に利益が増えて行くのではないかという期待

・企業が事業を売却して、その売却益を得られたり、

・買収が起きた業界における再編期待

・新商品の発表による業績のよくなる期待

・割安だった株が、何かしらのトリガーで上がる

 

→次は、「株は買うときも大切だけど、売るときはもっと大事!

この記事のKeyword:
w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami