CLOSE

SEARCH

株式投資は、なにを目標とすればいいの?(日経平均株価とTOPIX)

何をやるにも「目標」があったほうがいいと思います。

例えば、スポーツであれば、「日本一位」「世界一位」、テストであれば「全国一位」「平均以上」というように。

株式投資の世界にも、「株価指数(インデックス)」というものがあり、これは「平均」とされる数値なので、みなこの基準を越えようと運用しています。

そして、日本における「指数」が、「日経平均株価」と「TOPIX」です。

 

 

1.日本の優良企業225社の平均「日経平均株価」

「日経平均株価」とは、「日経」と呼ばれることも多い新聞社の日本経済新聞社が、「この225社は日本を代表する企業だ!だからこの225社の株価の平均が日本全体の株価の動き方の平均と定めましょう!」と決めたものを言います。

倒産や合併などをして企業が減ってしまった場合や選ばれている企業より成長している企業があれば、臨機応変に変わります。

 

この225社には、自動車のトヨタ自動車や電機のソニーを始め、ゴムのブリヂストン、タバコのJT、醤油のキッコーマンなどが選ばれています。

225社全ては「これが日本を代表する225社だ!」にまとまっています。

 

 

2.東証一部上場の平均「TOPIX」

「TOPIX」とは、東証株価指数のことで、英語で表記した「Tokyo Stock Price Index」の略です。

日経平均株価の場合は、日本経済新聞社が選んだ225社の株価の平均を取ったものでした。

一方で「TOPIX」では、東証一部に上場している全銘柄(2,000社以上)の時価総額を対象としています。

時価総額とは、「一株あたりの株価 × 発行済み株式数」で計算されるもので、簡単にいうと「その会社を買うのにいくらかかるのか?」ということがわかります。

また、算出方法も日経平均株価とは異なります。

「TOPIX」では、1968年1月4日の時価総額を100として、算出する時の時価総額をかけることで計算されます。

式としては、以下のようになります。

なんか難しいなぁ…

と思ってしまいがちですが、簡単にいうと、「TOPIX」は、東証一部に上場している全銘柄が、1968年1月4日以降どうなっているのか!を表しています。

 

3.世界の様々な平均「株価指数」

平均株価はもちろん、日本だけでなく世界にもあります。

ここで世界の様々な「平均」株価指数について代表的なものを深掘りをしてみようと思います。

・北米

名前 企業数
S&P500 アメリカ 500社
ダウ平均株価 アメリカ 30社

 

・アジア

名前 企業数
香港ハンセン株価指数 香港 50社
CSI300指数 中国 300社
インドSENSEX インド 300社
ストレーツ・タイムス指数 シンガポール 30社

 

・ヨーロッパ

名前 企業数
ユーロ・ストック50指数 オーストリア
ベルギー
フィンランド
フランス
ドイツ
ギリシャ
アイルランド
イタリア
ルクセンブルク
オランダ
ポルトガル
スペイン
50社
FTSE100指数 イギリス 100社
DAX指数 ドイツ 30社
CAC40指数 フランス 40社
IBEX35指数 スペイン 35社

 

 

4.まとめ

最後に、株式投資で目指すべきリターンについてまとめると、

・株を運用する時に、目指すリターンとして、「株価指数(インデックス)」というものがある

・日本の場合、「日経平均株価」と「TOPIX」がある

・「日経平均株価」は日本経済新聞社が選んだ225社の株価の動きを平均化したもの

・「TOPIX」は、1968年1月4日以降の時価総額がどのなっているかを表したもの

・世界中さまざまな国で、平均の株価指数があり、基準がたくさんある

 

→次に、「日本を代表する225社(日経平均構成銘柄)」を紹介しています。日経平均の企業がわかるので、ぜひ参考にしてください!

この記事のKeyword:
w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami