CLOSE

SEARCH

企業に関する情報ってどうやって収集するのが良いのか?

投資をする上で、皆さんが悩むであろう問題の一つが、「どこに投資すればいいのか?」ということです。

日本には、上場企業だけで3,700社以上もあります。

また、昨今の景気回復によって新規に上場する企業も増え続けています。

そんな中からどうやって投資家は企業を選んで投資をすればいいのでしょうか?

選ぶにあたって大切なのが、「効率よく、速く正確な情報をたくさん収集」することです。

そこで、数回にわたって効率的に情報を集める方法についてご紹介します。

 

 

1.周りを見たり、周りの生の声を聞いて情報収集する

まず、気軽にできるものとして、周りの人が「どのようなことをしてるか」について観察してみたり、「最近ハマっていることは何か?」について聞いてみましょう。

すると、聞いている話の中から、新たな優良な投資先候補が見つかるかもしれません。

また、「最近DL数が伸びてて株価も上がってるなぁ」と思っていた会社でも、「実は使いにくくて、アンインストールしてしまわれてた」ということが生の声から判断することができます。

こういった生の声は、どのほかの情報収集よりも大切な要素だったりします。

 

 

2.インターネットを使って情報収集する

次に、インターネットを使った情報収集の仕方について、ご紹介しています。

インターネットは、情報の伝達スピードが早いや、情報量が圧倒的であるというメリットがあります。

一方で、誰でも発信できてしまうので、「嘘の情報」や「事実が盛られた情報」「偏った情報」が出てしまったりします。

そこで、インターネットを使って「いかに正しい情報を早く、効率的に受け取ることができる方法」ついて紹介しています。

(インターネットの普及で、情報ソースとして本が全て正しいということはなくなってきています。本であっても人が書いている以上、中立的に書こうとしても偏ってしまっている可能性があります。また、真偽も人々の価値観や自分のポジションによって異なったりします。世の中って難しいですね。)

 

3.本を使って情報収集する

次に、本を使った情報収集の仕方について、ご紹介しています。

本の場合、インターネットやテレビのように情報のスピードは遅いですが、網羅的に書かれていたり、整理されて書かれている場合が多いです。

そこで、「マネー雑誌」と「四季報」・「日経会社情報」と「会社の創業者の伝記」を使った上手な情報収集の行い方を紹介しています。

 

4.テレビを使って情報収集する

次にテレビを使った情報収集の仕方について、ご紹介しています。

テレビで情報収集というと、ニュースのイメージが強いかもしれません。

確かに、ニュースはニュースで見るべきなのですが、CMやバラエティ番組を見ることも大切です。

そこで、CMやバラエティ番組も使った上手な情報収集の仕方について紹介しています。

 

5.SNSを使って情報収集する

次に、に、SNSを使った情報収集の仕方について、ご紹介しています。

SNSというと、情報の真偽の判断が難しいものの、若い人だとインターネットを使った情報収集の仕方より苦がなく情報を収集することができると思います。

また最近では、ニュース越しにではなく、SNSを使って直に情報発信を行っているインフルエンサーと呼ばれる人たちをも増えてきています。

例えば、アメリカの著名な投資家のカール・アイカーン氏もアップル株を売却したことをツイッターで報告しているほか、アメリカの大統領のドナルド・トランプ氏も企業に関して自分の考えをツイートしているたびに、株価が変動しています。(日本企業も犠牲になった経験が…)

 

ただ、これまで上げた4つの中で、最も真偽を見極めるのが難しいものではあります。

自分が尊敬する投資家が見つかったら、その人のSNSなどで注目していくのもよいかもしれませんね。

 

 

6.会社のIRに話を聞いてみる

最終的に、会社のIRに話を聞いてみましょう。

IRとは、「Investor Relations」の頭文字で、企業の投資家からの対応窓口のことです。

なので、基本的になんでも聞きたいことは聞くことができます。

例えば、「この数値ってなんですか」や「どういうビジネスモデルなんですか?」なんてことまで教えられる範囲で、教えてくれます。

 

 

7.まとめ

最後に、企業に関するの情報収集のやり方についてまとめると、

・周りの人がどんなことにしていたり、ハマっているかを見たり、聞いてみる

・インターネットは、真偽を見極める必要があるが、たくさんの情報をすぐに手に入れることができる

・本を使って情報収集してみる

・ニュースだけでなくCMも使ってうまく情報収集することができる

・最近は、ニュースを使わずSNSを使って直に情報発信しているプレーヤーもいるし、若い人だとSNSによる情報収集が向いている可能性

 

インターネットを使った情報収集

本を使った情報収集

テレビを使った情報収集

この記事のKeyword:
w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami