CLOSE

SEARCH

企業の家計簿である財務諸表とは?

皆さんは自分の家計簿をつけていますか?

企業の場合、毎日家計簿をつけて、1年に4回発表しなければいけません。

この企業の家計簿に当たるのが、財務諸表です。

ただ財務諸表ですが、会社どうやって儲けてきたかを表す損益決算書、会社がどうやってお金を集めてそのお金を何に使ったかを表す貸借対照表、会社のお金の流れがみれるキャッシュ・フロー計算書の三つがあります。

そこで今回は、この3つについてご紹介します。

 

 

1.貸借対照表 – 会社がどうやってお金を集めてどのような形で保有しているかを表す

貸借対照表とは、「たいしゃくたいしょうひょう」と読みます。

貸借対照表では、「会社がどこから資金を集めて、どのような形で持っているか?」を表しています。

大きく負債資本(純資産)総資産で構成されています。

会社は自分の資金だけで始めることもできますが、投資家や銀行などの金融機関からも集めることでお金を集めます。

このとき、銀行などの金融機関から借りてきたお金を負債、投資家などから投資を受けて返さなくてもいいお金を純資産といいます。

これの合計が総資産です

ただ、売上が立って利益が出ると貯金もたまっていきます。

この貯金は、借りてきたお金ではなく、返さなくてもいいお金なので、純資産になります。

 

家計簿に例えると、住宅・車・学費などの借金があれば負債、投資家はいないので、これまでに貯めてきたお金があれば純資産となります。

貸借対照表については、「貸借対照表とは?わかりやすく解説!」で紹介しています。

 

 

2.損益決算書 – 会社がどのくらい儲けているかを表す

損益決算書とは、「そんえきけっさんしょ」と読みます。

損益決算書では、「会社がどのくらい儲けていてどのくらい残ってるのか?」を表したのものです。

大きく売上利益で構成されています

売上と利益は、「そもそも売上と利益って何?」でも紹介しましたが、年間にどのくらい売上だったかというのと、どのような費用がかかってどのくらいの利益が残ったのかを表しています。

 

家計簿に例えると、給料や株で儲かった利益が売上、食費・家賃・などを使った結果残ったのが利益です。

この残った利益は、純資産の一部になります。

損益決算書については、「損益決算書とは?わかりやすく解説!」で紹介しています。

 

 

3.キャッシュ・フロー計算書 – 会社のお金の流れがみれる

最後に、キャッシュ・フロー計算書とは、「会社のお金の流れ」について表しています。

大きく営業活動投資活動財務活動で構成されています。

営業活動とは販売や仕入れに関するお金の流れ、投資活動とは工場や機械などの売買に関するお金の流れ、財務活動とは借金ををしたとか返済したり投資家から集めたりなど資金の調達・返済について表しています。

キャッシュフロー計算書については、「キャッシュフロー計算書って何!?」で紹介しています。

 

 

4.まとめ

最後に、財務諸表についてまとめると、

・貸借対照表では、「負債・純資産・総資産」で構成されている

・家計簿に例えると、住宅・車・学費などの借金があれば負債、投資家はいないので、これまでに貯めてきたお金があれば純資産

・損益決算書では、「売上・利益」で構成されている

・家計簿に例えると、給料や株で儲かった利益が売上、食費・家賃・などを使った結果残ったのが利益

・キャッシュ・フロー計算書では、「営業活動・財務活動・投資活動」の3つで構成されている

 

→財務諸表①貸借対照表の見方

→財務諸表②損益決算書の見方

→財務諸表③キャッシュフロー計算書の見方

財務諸表の探し方も参考にしてください。

この記事のKeyword:
w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami