CLOSE

SEARCH

隠れた名企業探せる割安株投資とは?

割安株投資法とは、バリュー株投資とも呼ばれ、技術や業績や経営者が良いにもかかわらず、割安な状態で放置されている企業に投資することです。

様々な投資スタイルがあると思いますが、中でも割安株投資法は、時間もかかり、長期間実らない可能性もあります。しかし、そもそも割安株とついている通り株価がそもそも低いので、更なる株価下落リスクは低い一方で上がると一気に上がり始める投資方法です。

リターンは、10倍以上になる可能性もあります。

 

 

1.代表的な割安株

ここでは、過去に割安株だったが、今ではとても株価が上がった会社をご紹介します。

まず、GMOペイメントゲートウェイという会社です。

GMOペイメントゲートウェイとはみなさんが、ネット通販でお金を払うときに、現金では支払えないので、「コンビニで払いたいです!」や「クレジットカードで払いたいです!」と思うことがあると思います。

その時にGMOペイメントゲートウェイが、ネット通販の会社に変わって、みなさんが支払いたい方法で支払えるようにシステムを提供してあげることをやっています。

・株価の推移

出典:Yahoo Finance

・業績の推移

 

出典:GMOペイメントゲートウェイ決算説明会資料

 

2005年に上場して以来、業績は好調だったにもかかわらず、長い間放置されていました。

しかし2013年後半から、世界でFinTechブームが起こります。

その結果、日本における代表的なFinTech企業であったGMOペイメントゲートウェイが再評価され、株価がうなぎのぼりになっています。

 

株価は一時170円まで下がってしまっていましたが、現在では6540円にまでなっており、約39倍にまでなっています。

 

 

2.割安株の探し方

2-1.業界ごとに全企業をみて、様々な指標を比較してみる

業界ごとに全企業を見ながら、様々な指標で比較します。

ここで、比較する上で使う指標をご紹介します。

 

言葉 意味
PER 「時価総額 ÷ 純利益」で計算でき、純利益の何倍の株価がついているかがわかる
15倍以下だとお買い得
PBR 「時価総額 ÷ 株主資本 」で計算でき、株主資本に対してどのくらいの会社の価値がついているかがわかる
1倍以下だとお買い得
流動比率 「流動資産 ÷ 流動負債」で計算でき、1年以内に返済するお金に対してどのくらいの現金を持っているかがわかる
1倍以上であれば良い
手元流動性 「流動資産 ÷ (売上 ÷ 12)」で計算でき、売上の何ヶ月分の資産を持っているかがわかる
有利子負債依存度 「(短期借入金 + 長期借入金 + 社債 + 1年以内返済長期借入金) ÷ 総資産 × 100」で計算でき、どのくらいの負債があるかがわかる
50%以上だと危険
売上営業利益率 「営業利益 ÷ 売上 × 100」で計算でき、どのくらい儲かっているかがわかる
ROE 「純利益 ÷ 純資産」で計算でき、株主資本をどのくらい上手く使って利益を出しているかがわかる
売上成長率 「(今期の売上- 前期の売上) ÷ 前期の売上 × 100」で計算でき、どのくらいの年間で成長しているかがわかる
営業キャッシュフロー 「税引前純利益 + 減価償却費 + 減損 + 利息 + のれん償却 + 売上債権の増減 + 支払い債務の増減」で計算でき、事業でどのくらいお金が回っているかがわかる
キャッシュ・フロー計算書を見れば掲載されている
利益剰余金 これまでにどのくらいの利益を積み重ねてきたかがわかる
この額が大きければ大きほどよい
市場シェア 市場で売られているもののうちの10個に何個がその会社の商品なのかがわかる、高いと商品の価格を決める権利を持っている可能性がある
理想は、シェアが首位や独占していること


PER
PBRは、株価が下がると上がります。

なので、なぜ株価が下がっているのか?をしっかり調べましょう。

 

これらを競合などと比較して、どうして他よりも低いのか?ということをしっかり調べ、株価が上がるようなニュースが出ると株価が上がります。

この株価が上がるようなニュースとは、「業績が好調!」や「新商品の発売!」、「流行」などがあげられます。

 

2-2.トレンドに敏感になる

GMOペイメントゲートウェイは、世界的にFinTechという流れによって発掘された名企業でした。

このように、次に来るトレンドは何か?ということを常にウォッチしていると良いです。

なんとなく難しそうですが、周りの人がハマっているものを見たり、テレビを見たりすることで情報収集することでできます。

詳しい情報収集については、企業に関するの情報収集のやり方でも紹介しています。

 

3.割安株投資の買い時

割安株投資の買い時は、割安の状態であればいつでも良いです。

割安株が上がるのは、大きいニュースが入る時なので、その時までに購入すると良いです。

また、大きなニュースが入らず長らく低迷してしまっていても、そこからさらに下がる可能性は低いと信じて、頑張りましょう。

 

4.割安株投資の売り時

割安株投資の売り時は、割安感が薄れた時です。

あらかじめ設定しておいた株価になったら売却しましょう。

 

 

5.まとめ

最後に、割安株投資についてまとめると、

割安株投資とは、技術や業績や経営者が良いにもかかわらず、割安な状態で放置されている企業に投資すること

・様々な指標があるが、これを比較して、なぜ低いのか調べる

買い時はいつでもよく、大きなニュースが入るまでに購入する

・割安感が薄れた時やあらかじめ設定しておいた株価になったら売却する

 

様々な投資方法
→パニックになった時にサクッと投資する「パニック投資
→勝率が8割を超える投資「新規公開株投資
→配当金が高い会社に投資して手堅く稼ぐ「高配当株投資
→売上や利益が成長している企業に投資して売却益を狙う「成長株投資

この記事のKeyword:
w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami