CLOSE

SEARCH

投資信託ってどういう仕組み?

株の場合、投資家が証券会社に売ったり買ったりする注文をし、投資家から注文を受けた証券会社が取引所で買ってくれる人や売ってくれる人を見つけるという仕組みでした。

一方、投資信託の場合、プロが運用する場合

 

 

1.売る・作る・管理の3つに分かれる

投資信託には、売る人作る人管理する人がいます。

株と異なるのは、作る人がいることです。

 

以下は、投資信託のお金の流れを示したものです。

売るのが販売会社、作るのが資産運用会社、管理するのが信託銀行となっています。

 

 

 

ここで、投資家が投資信託を購入するときの流れをご紹介します。

投資家が、投資信託を購入する場合、販売会社ファンドというものを購入することになります。

ファンドとは、様々な株や債券などを保有しており、このファンドが何を買うかを決めるのは資産運用会社です。

ファンドを購入するときのお金は、販売会社に預けているお金から引かれ、ファンドの管理を行っている信託銀行お金は移動します。

そのため、仮に販売会社が倒産しても、資産は守られます。

 

このような仕組みで、投資信託は動いています。

 

2.売る会社

売る会社には、「〇〇証券」と名のついた証券会社や「〇〇銀行」と名のついた銀行、「〇〇保険」と名のついた保険会社、郵便局などが当たります。

売る会社では、資産運用会社が作ってくれた商品を販売したり、分配金を投資家に支払ったり、投資信託を換金することを行います。

証券会社銀行・保険会社・郵便局の中でも、特に証券会社の中のネット証券が、最も多くの投資信託を扱っているほか、自分の買いたいタイミングで投資信託を購入することができます。

 

 

 

3.作る会社

作る会社には、「〇〇アセットマネジメント」や「〇〇投信」という名前がついた資産運用会社があたります。

証券会社銀行のようにお店を持っているわけではないので、あまり馴染みがないかもしれません。

 

作る会社では、企業や経済についてのデータを収集し、分析することで、利益が出そうな投資信託を作ったり、すでに販売した投資信託を市場の状況を見ながら適宜投資先を変えていくことを行います。

投資先を変える際には、「4.管理する会社」で紹介する信託銀行に対して、「この株・債券を売ってね!」や「この株・債券を買ってね!」と注文すると、信託銀行が投資先を変えてくれます。

 

 

4.管理する会社

管理する会社とは、「〇〇信託銀行」という名前がついた信託銀行が該当します。

信託銀行は、証券会社が投資信託を販売した際に預かった資金の管理や、資産運用会社の注文を処理していきます。

 

 

4.まとめ

最後に、投資信託の仕組みについてまとめると、

投資信託の場合、売る会社と作る会社と管理する会社の3つに分かれる

売る会社には、銀行や証券会社などがあり、資産運用会社が作ってくれた書品を販売したり、分配金を支払ったり、換金する

売る会社には、証券会社銀行・保険会社・郵便局など様々あるが、中でもネット証券が最も取り扱っている種類が多く、自分のタイミングで購入することができる

作る会社には、資産運用会社などがあり、新たな投資信託を作ったり、

管理する会社には、信託会社などがあり、証券会社が売った時に投資家から預かった資産を管理したり、株や債券を売買します。

この記事のKeyword:
w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami