CLOSE

SEARCH

投資信託って投資するのにいくらかかるの?

投資信託とは、様々な株や債券などに投資している投資商品でした。

仕組みなどは、これまでご紹介してきましたが、今回は「投資信託って投資するのにいくらかかるの?」っていうお話です。

 

 

1.基準価額

まず、買いたいと思っている投資信託の「基準価額」が必要です。

基準価額とは、投資信託の値段のことで、株における株価のようなもので、「純資産 ÷ 総口数」で計算することができます。

純資産」とは、投資家から預かったお金で運用している株や債券の総額のことです。

たいていの投資信託の基準価額が、10,000円からスタートし、買いたいと思っている時の基準価額が10,000円を上回っていれば儲かっていることになります。

 

逆に、10,000円を下回っていれば儲かってないと思われがちですが、計算式を見直してみると、「純資産 ÷ 総口数」となっています。

投資信託によっては、「分配金」を払っているためこの純資産は、減ってしまっている可能性があります。

そのため、基準価額が10,000円を下回っているからと言って選択肢を狭めてしまうのではなく、なぜ下回ってしまっているのか、しっかり調べてみましょう!

 

また、投資信託の場合、「10万円分」や「100万円分」などのように、口数ではなく金額ごとに購入ことも可能です!

 

2.投資信託を買った時に発生する費用

投資信託も、株と同様に買った時に手数料が発生します。

投資信託を購入した時にかかる手数料を「購入時手数料」や「販売手数料」と言います。

基準価額に一定率をかけた額になります。

 

また、「購入時手数料」がかからない投資信託として、「ノーロード投資信託」もあります。

 

 

3.投資信託を購入している期間に発生する費用

投資信託を保有している間は、「信託報酬」と「監査報酬」が発生します。

信託報酬」とは、「自分の代わりに運用してくれてありがとう!」ということで、支払うものです。

基準価額に一定率をかけた額になります。

 

監査報酬」とは、「この投資信託は正しく運用されてますよ!」というお墨付きを得るためにする監査を行うための費用です。

 

 

4.投資信託を購入している期間に発生する費用

投資信託を換金した時にかかる手数料を「信託財産留保額」と言います。

投資信託によっては、かからない投資信託もあります。

 

5.投資信託に関する税金

投資信託に投資していると、2つに20%所得税・住民税が発生します。

1つ目が、投資信託を売却した時に発生した利益の「売却益」にかかる税金

2つ目が、分配金をもらった時にかかる税金

です。

 

例えば、「売却益」に発生する税金について紹介すると、100,000円で買った投資信託を200,000円で売却したとします。

この時、100,000円が「売却益」となりますが、この「売却益」に対して20%、つまり20,000円が税金として引かれ、手元には80,000円が入ってきます。

 

6.まとめ

最後に、投資信託に投資するにあたって必要な費用についてまとめると

・「基準価額」「販売手数料」「信託報酬」「監査報酬」「信託財産留保額」、「所得税・住民税」の6つがある

・「基準価額」は、「純資産 ÷ 総口数」で計算できる

基準価額は最初、10,000円からスタートし、10,000円を超えてればよく、10,000円を超えてなくても分配金が多く出ている可能性がある。

・投資信託を購入する際に、「販売手数料」が発生する場合がある

・ノーロード投資信託のように、「販売手数料」が発生しないものもある

・運用期間中は、「信託報酬」と「監査報酬」の二つが、発生する

・換金する時に、「信託財産留保額」が発生する場合がある

・「税金」には、投資して換金した時と分配金を受けた時に、住民税と所得税の2つが合計で20%かかる

 

投資信託が上がったり下がったりする理由を知っていますか?次は投資信託の仕組みを知って、価格上下の理由を知りましょう。

この記事のKeyword:
w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami