CLOSE

SEARCH

投資信託の価格が上がったり下がったりする理由って?

投資信託も基準価額が、株のように日々変動します。

そこで今回は投資信託が株のように価格が変動する理由をご紹介します。

 

 

1.価格変動リスクから

まず、投資信託が投資している株や債券の価格が変動することによって価格が変動します。

株や債券の価格は、国内外の政治経済企業の業績などによって大きく変動します。

 

 

2.為替変動リスクから

海外の株や債券に投資している投資信託の場合、基本的に現地の通貨で投資していますが、投資信託自体は日本円で集めているため基準価額も日本円なります。

基本的に、現地の株価が上がったとしても、円高になれば基準価額下がり円安になれば基準価額上がります

 

 

3.信用リスク

投資している債券を発行している国や企業が、財政難や経営不振、倒産などによって、利息や償還金が払えなくなったり遅延してしまうことによって変動します。

このように、利息や償還金が払えなくなったり遅延してしまうことデフォルトと言います。

基本的に、デフォルトが発生すると、基準価額下がります。

 

 

4.金利変動リスク

金利が変動する可能性があります。

基本的に、金利上がる債券の価格下がり基準価額下がり、逆に金利下がる債券の価格上がり基準価額上がります。

 

 

5.まとめ

最後に、投資信託の価格が変動する理由として、

・株や債券の価格の変動

・円高による基準価額下落、円安による基準価額上昇

・デフォルトによる基準価額下落

・金利の上昇による基準価額下落、金利下落による基準価格上昇

この記事のKeyword:
w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami