CLOSE

SEARCH

貸付型クラウドファンディングってどんな仕組みなの?

貸付型クラウドファンディングとは、インターネットを使って色んな人からお金を集めて、お金を借りたい中小企業に担保信用保証付き融資を行うものです。

どの会社も金利が高く、5 ~ 10%程度の金利を安定的に出すことができます。

一見怪しそうにも見えるソーシャルレンディングですが、どのような仕組みになっているのでしょうか?

 

 

1.ソーシャルレンディングには二つの資格が必要!

ソーシャルレンディングは、2つのことを行なっています。

 

1つ目が、お金を貸し付けているということ。

ソーシャルレンディングでは、お金を借りたい企業に貸し付けています。

このように、お金を貸し付けるために必要なのが、貸金業です。

 

2つ目が、商品を売るということ。

ソーシャルレンディングでは、貸し付けた債権をファンドというものにして投資家に商品を売ることでお金を集めています。

この商品にして売るために必要なのが、第二種金融商品取引業です。

 

 

2.売るために必要な第二種金融商品取引業

第二種金融商品取引業というと難しそうですが、要するに「ソーシャルレンディングのような金融商品を売れる人はこの資格を持っている人だけ!」と決められています。

 

ではなぜ、第二種金融商品取引業が必要なのでしょうか?

理由は、誰でも金融商品を売れてしまうと、これまた悪事を働く人がいるためです。

スーパーなどで売っているものと異なり、金融商品の場合、損をしてしまう額が大きくなってしまいます。

なので例えば、詐欺したり、売る人の知識不足で損をしてしまったり、投資家を不幸にしてしまう可能性があります。

 

そのため第二種金融商品取引業者では、

「売れる商品は、流動性がないものだけだよ!」

「資本金は最低でも1,000万円は持っていてね!」

「売る人は反社会勢力ではダメだよ!」

「金融商品の知識を持っていたり、クレームが来た時にしっかり対応できる人が必要だよ!」

「広告を打つにはこの文言を入れないとダメだよ!」

などの沢山のことが金融商品取引法という法律で義務付けられています。

 

 

3.お金を貸すために必要な貸金業

貸金業というと難しそうですが、要するに「お金を貸すには資格が必要!」ということです。

ではなぜ、貸金業というものが必要なのでしょうか?

理由は簡単で、誰でもお金をかせてしまうと、悪事を働く人がいるからです。

例えば、高い金利で貸し付けられたり、既にたくさんの借金をしている人に貸し付けたりすることで、借りた人不幸にしてしまう可能性があります。

 

そのため貸金業では、

資本金は最低でも5,000万円は持っていてね!」

「貸す人は反社会勢力ではダメだよ!」

貸金業務取扱主任者という資格を持っている人がいないとダメだよ!」

「金利は、10万円までは20%、100万円までは18%、100万円以上は15%までしか取れないよ!」

などが貸金業法という法律で義務付けられています。

 

 

4.貸金業を持っていないケースも!

時に、貸金業を持たずに、ソーシャルレンディングをやっている会社もあります。

例えば、クラウドクレジットやガイアファンディング、アメリカンファンディング、クラウドリースなどです。

これらが貸金業を持たずに融資できるのには、2つの理由があります。

 

海外で貸し付けているから

海外で貸付ている場合、日本の法律である貸金業法というものが関係なくなります。

その代わり、現地でお金を貸すために必要な資格に登録する必要があります。

これに当たるのが、クラウドクレジットガイアファンディングアメリカンファンディングなどです。

 

リースだから

リースに融資をしていると、貸金業は必要ないとなっています。

これに当たるのが、クラウドリースです。

 

 

5.まとめ

最後に、ソーシャルレンディング仕組みについてまとめると、

貸金業第二種金融商品取引業が必要でこれらの資格は、登録するにはとてもハードルが高い

・なので誰でもソーシャルレンディングを売ることも作ることもできない

貸金業とは、お金を貸し出す際に必要な資格

第二種金融商品取引業とは金融商品を売るに当たって必要な資格

・時に、貸金業を取らずにソーシャルレンディングをやっている会社があるがそれは、リースに投資するものや海外に投資するソーシャルレンディングの場合

 

貸付型クラウドファンディングの良いところ

w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami