CLOSE

SEARCH

貸付先で選ぶクラウドファンディング(ソーシャルレンディング)

 

貸付型クラウドファンディング(以下ソーシャルレンディング)には、貸付先によって様々なタイプがあります。

例えば、太陽光発電に貸し付けるものもあれば、不動産に貸し付けるもの、海外に貸し付けるものもあります。

そこで今回は、融資のタイプごとにソーシャルレンディングのタイプについてご紹介したいと思います。

1.分野関係なく融資するタイプ

中小企業自然エネルギーに貸し付けます。

中小企業には、事業を運営する上で必要な資金を、不動産売掛債権担保にしたり、保証をつけて貸し付けます。

保証とは、会社の代表や保証専門の会社が、「もし返せなくなってしまったら、代わりに融資した額と直近の返済期日までの利息を代わりに返済しますよ!」というものです。

仮に返済が行われなくなっても、担保を売却したり、保証している人や会社から回収し、投資家に返済されます。

 

自然エネルギーとは、太陽光発電風力発電バイオ発電などのことを指しています。

自然エネルギーの場合、発電するための設備の認定が必要なのですが、この認定をとって発電所を作れば、20年間は同じ価格で電力会社に、電力が買い取られるという制度があります。

なので一度、太陽光発電風力発電などの発電所を作ってしまえば、安定的に収益が入ってくる仕組みになっています。

設備の認定」や発電所を作る土地売掛債権を担保に貸し付けを行います。

仮に返済が行われなくなっても、担保を売却したり、代わりに運用することで、投資家に返済されます。

 

分野関係なく融資しているソーシャルレンディングには、「maneo」や「CrowdBank」、「みんなのクレジット」などが提供しています。

 

 

2.リースに特化して融資するタイプ

リースとは、お客さんが欲しいもの(機械など)をリース会社がお客さんに代わって買い、決められた期間を貸し出すサービスのことです。

物を貸すというサービスでいうと、「レンタル」というのもありますが、「リース」と「レンタル」でははいくつかの点で異なっています。

「レンタル」「リース」の異なる大きなところとしては、

・リースの方が貸し出し期間が長い。レンタルの方が短い。

リースだと中途解約ができない。レンタルだと中途解約ができる

 

リースに特化して融資をしているソーシャルレンディングには、「クラウドリース」と「さくらファンディング」などの2社があります。

 

3.不動産に特化して融資するタイプ

不動産会社に対して、不動産を担保にして、不動産に関する貸付を行うものです。

不動産に関する貸付とは、不動産会社が不動産を購入したり、不動産を綺麗にするリノベーションに関する費用に対して貸し付けるものです。

仮に、返済が行われなくなってしまっても、不動産を売却することで、回収することができます。

 

このように、不動産に特化して融資をしているソーシャルレンディングには、「LCレンディング」「Ownersbook」「Luckybank」の3社が提供しています。

 

 

4.海外に特化して融資するタイプ

アメリカカメルーンエストニアペルーなどの海外に貸し付けています。

リターンも比較的高い傾向にあり、7%~15%の間を得ることができます。

また、お金のたりない新興国の人お金を貸すことでその国の成長寄与することができます。

 

ただ、海外に特化して融資するタイプが、他のソーシャルレンディングと異なるのがあります。

それが、海外の通貨に変えて貸し付けることです。

海外へ旅行に行く際、日本円ではなく現地の通貨(ドルなど)に交換して行くように、現地で貸し付けるためにも、現地の通貨に交換しなければけません。

ただ、この交換するための比率は時期によって異なり、損失を出してしまう可能性があります。

そのため、為替ヘッジというものを行なっています。

 

このように、海外に特化して融資をしているソーシャルレンディングには、「クラウドクレジット」「ガイアファンディング」「アメリカンファンディング」などの3社が提供しています。

 

 

5.まとめ

最後に、貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)のタイプについてまとめると、

・分野関係なく融資するタイプとは、中小企業自然エネルギーなどに貸し付けるもの。「maneo」や「CrowdBank」、「みんなのクレジット」などが提供している

リースに特化したタイプは、「クラウドリース」と「さくらファンディング」などが提供している

不動産の融資に特化したタイプは、「LCレンディング」「Ownersbook」「Luckybank」などが提供している

海外の融資に特化したタイプは、「クラウドクレジット」や「ガイアファンディング」、「アメリカンファンディング」などが提供している

『お金にヒント』さん

Author: 『お金にヒント』さん

資産運用をはじめて6年。 お金にまつわる様々な知識をわかりやすく簡単に説明します。
Bitnami