CLOSE

SEARCH

リースに特化したソーシャルレンディングの「クラウドリース」とは?

Crowd Lease(クラウドリース)」は、株式会社Crowd Leaseによって運営されている貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)です。

Crwod Lease(クラウドリース)」は、数あるソーシャルレンディングの中でも、世界でも唯一、リースに特化したソーシャルレンディングです。

 

1.「Crowd Lease(クラウドリース)」を提供しているアメリカンファンディングってどんな会社?

Crowd Lease(クラウドリース)」は、株式会社Crowd Leaseという会社とmaneoマーケット株式会社という2つの会社を使ってソーシャルレンディングを提供しています。(詳しいソーシャルレンディングの仕組みはこちら

Crowd Lease株式会社の関連会社がリースを行い、それをファンドにし、maneoマーケット株式会社がファンドを販売します。

会社名 株式会社Crowd Lease
本社所在地 東京都港区東新橋2-6-6 汐留AZビル5F
設立日 2015年10月
役員 代表取締役 武谷 勝法
資本金 1億円

2.「Crowd Lease(クラウドリース)」の社長ってどんな人?

社長の武谷 勝法氏は、ワキタにて建機のリースに携わったのち、新規事業の立上げに参画。参画した新規事業の営業人員が50人、売上規模280億円まで成長させます。

その後、ダーウィンを創業し、飲食店を展開、3年で12店舗を手掛けるまでになります。

そして2015年10月、ダーウィンの子会社としてCrowd Leaseを創業し、代表取締役に就任します。

 

3.「Crowd Lease(クラウドリース)」ってどんな商品を販売しているの?

Crowd Lease(クラウドリース)」では、関連会社を使ってリースを行い、それをmaneoマーケットが販売しています。

そのため、「Crowd Lease(クラウドリース)」の商品は、「Crowd Lease(クラウドリース)」でも購入することができますが、「maneoマーケット」でも購入することができます。

リターン 5~10%
投資期間 3~12ヶ月
融資先 リースを使った事業資金の融資

 

 

4.「Crowd Lease(クラウドリース)」ってどんな特徴があるの?

4-1.リースに特化している世界で唯一のソーシャルレンディング

リースとは、「顧客が欲しいと思っている物をリース会社が顧客の代わりに購入し、その機械を顧客に貸す」というサービスです。

物を貸すというサービスでいうと、レンタルと似ているようにも見えます。

しかし、レンタルと異なるのが、「借りるものを顧客が指定する」というところと、「中途解約が不可能」というところです。

そのため、リース会社は基本的に、安定的にお金が入ってきますし、仮にお金が入ってこなくなってしまっても、貸している機械を他の企業に貸すことで、投資家が損をしないようになっています。

 

4-2.融資が短期でかつ少額

融資する短期でかつ、募集額が比較的少額のものが多いです。

そのため、投資する機会が多く少し面倒かもしれませんが、長いものに比べて返済が滞る可能性が低いです。

 

5.まとめ

最後に、「Crowd Lease(クラウドリース)」についてまとめると、

・「Crowd Lease(クラウドリース)」は、Crowd Lease株式会社maneoマーケット株式会社によって運営している

・創業者の角内 創氏が、アメリカにおける不動産貸付に関する資格を複数持っている他、不動産投資の経験も豊富

・「Crowd Lease(クラウドリース)」は、maneoマーケット株式会社と提携して販売している

利回り5~10%と高くなっている

・リースに特化している世界でも唯一のソーシャルレンディング

・投資案件が融資の期間が短期でかつ少額になっている

w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami