CLOSE

SEARCH

アメリカの不動産に融資をする「American Funding(アメリカンファンディング)」とは?

American Funding(アメリカンファンディング)」は、アメリカンファンディング株式会社によって運営されている貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)です。

American Funding(アメリカンファンディング)」は、数あるソーシャルレンディングの中でも、アメリカの不動産に投資しているソーシャルレンディング、利回りも9%~10%のものが多くなっています。

1.「American Funding(アメリカンファンディング)」を提供しているアメリカンファンディングってどんな会社?

American Funding(アメリカンファンディング)」は、アメリカンファンディング株式会社という会社とmaneoマーケット株式会社という2つの会社を使ってソーシャルレンディングを提供しています。(詳しいソーシャルレンディングの仕組みはこちら

アメリカンファンディング株式会社がアメリカの不動産会社に貸し付け、その債権をファンドにし、maneoマーケット株式会社が、ファンドを販売します。

会社名 アメリカンファンディング株式会社
本社所在地 東京都中央区銀座1-16-7
設立日 2015年7月30日
役員 代表取締役 角内 創
資本金 3000万円
登録している資格 モーゲージオリジネーターライセンス(アメリカの貸金業免許)

 

2.「American Funding(アメリカンファンディング)」の社長ってどんな人?

社長の角内 創氏は、早稲田大学工学部千葉大学大学院自然科学研究科を卒業した後に渡米し、カリフォルニア州にある日系最大手不動産会社に入社します。

その後、2006年に大型アパート・ビルの物件管理資産運用コンサルティングリノベーション事業などを行うAcross Pacific Investment Inc.設立します。

2010年に111 Capital.incを設立し、不動産に特化したソーシャルレンディングを開始します。

2015年にアメリカンファンディング株式会社を設立、maneoと提携することで、「American Funding(アメリカンファンディング)」を開始します。

 

角内 創氏は、全米不動産協会公認会員、全米ブローカープライスオピニオンプロフェッショナルズ協会公認会員、米国カリフォルニア州公認不動産取引主任者、米国税理士、米国及びカリフォルニア州公認貸金業免許などを取得している、アメリカにおける不動産投資のプロです。

 

3.「American Funding(アメリカンファンディング)」ってどんな商品を販売しているの?

American Funding(アメリカンファンディング)」では、アメリカンファンディングが不動産に関する融資に特化して行っており、その融資した債権をファンドにして、maneoマーケットが販売しています。

 

そのため、「アメリカンファンディング」の商品は、「アメリカンファンディング」でも購入することができますが、「maneoマーケット」でも購入することができます。

リターン 投資期間 融資先
5%~10% 6~12ヶ月 アメリカの不動産担保付き融資

 

リターンは、5~10%までの商品を幅広く揃えていますが、中でも9~10%の商品が多くなっています。

 

4.「American Funding(アメリカンファンディング)」ってどんな特徴があるの?

4-1.利回りが高い

商品にもよりますが、基本的に利回りが9~10%のものが高めとなっています。

これは、通常の定期預金の0.001%と比較しても9,000倍ですし、ソーシャルレンディングの中でも比較的高めなものになっています。

 

4-2.アメリカの不動産を担保に貸し付けている

様々な担保付きのソーシャルレンディングがありますが、その中でも「American Funding(アメリカンファンディング)」は、アメリカの不動産担保ソーシャルレンディングです。

アメリカの不動産というと少し不安かもしれませんが、アメリカでは、日本に比べて不動産の価値や実際の取引価格などの情報が一般公開されている非常に透明性の高くなっているので、情報がないからといって損をする可能性が低いです。

 

4-3.融資する額を不動産の評価額の80%以下に抑えている

American Funding(アメリカンファンディング)」では、貸し出す額を80%まで抑えています。

例えば、ある会社が1,000万円の価値があるとされている不動産を保有していたとしても、800万円までしか借りれないということになっています。

そのため、仮に800万円貸し付けたとして、返せなくなってしまったとします。

それでも、担保となっている不動産を売却することで、800万円を回収できるような仕組みになっており、できる限り投資家が損をしないような仕組みになっています。

 

 

5.まとめ

最後に、「American Funding(アメリカンファンディング」についてまとめると、

・「American Funding(アメリカンファンディング)」は、アメリカンファンディング株式会社maneoマーケット株式会社によって運営している

・創業者の角内 創氏が、アメリカにおける不動産貸付に関する資格を複数持っている他、不動産投資の経験も豊富

・「American Funding(アメリカンファンディング)」は、maneoマーケット株式会社と提携して販売している

利回り9~10%と高くなっている

アメリカの不動産を担保に貸し付けている

・融資する額が不動産の評価額の80%以下になるように抑えており、いざ返済が行われなくなってしまっても、不動産を売却することで回収することができる

w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami