CLOSE

SEARCH

株式投資とは違うの?株式型クラウドファンディングとは

 

 

近年、銀行などから資金を調達するのではなく、投資家から資金を調達する方法が発達してきています。

これまでであると、上場企業が証券会社を通じて、株式を発行して、沢山の人に販売することで、資金を調達してくるのが一般的でした。

一方、2015年に金融商品取引法が改正されたことで、未上場企業でも株式を発行して、クラウドファンディングを活用して資金を調達する、株式型クラウドファンディングができるようになりました。

 

ですが、上場企業が証券会社を通じて株式を発行することもクラウドファンディングと似た仕組みのようにも見えます。

では一体何が、これまでの証券会社を通じて行う上場企業の株式投資株式型クラウドファンディングは異なるのでしょうか?

 

そこで今回は、株式型クラウドファンディングが「どんなもの」で、「どんなメリット」や「デメリット」が投資家にあるのか?についてご紹介します。

 

 

 

1.株式型クラウドファンディングとは

株式型クラウドファンディングとは、自己資金では資金をまかないきれない未上場の会社が、自分たちの会社のビジョンややり方に共感してくれた人たちに株式を発行し、資金を調達するクラウドファンディングです。

 

証券会社を通じて行う上場企業の株式投資との違いとしては、「上場していないこと」や「株式型クラウドファンディングの方が集められる額が小さく、1人の投資家が出資できるのは最大50万円まで、会社が調達できる限度額は1億円まで」などと、決まっていることです。

そのため、未上場のベンチャー企業や中小企業などの、が小さい会社が主に利用していくとされています。

 

 

 

2.株式型クラウドファンディングのメリット

株式型クラウドファンディングには、大きく3つのメリットがあります。

 

2-1.配当金がもらえる可能性がある

株式型クラウドファンディングのメリットの1つ目は通常の上場株式への投資と同じように、配当金がもらえる可能性があることです。

配当金とは、投資家に対して「株式を買ってくれてありがとう!あなたから調達したお金を使って、売上をあげて利益も上げることができました!お礼に利益の一部を還元します!」と言ってもらえるお金です。

利益が出ていれば、受け取ることができますが、利益が出ていないと受け取ることができない可能性もあります。

 

2-2.売却した時に売却益(キャピタルゲイン)が得られる

株式型クラウドファンディングメリット2つ目は、通常の上場株式への投資と同じように、購入した株の価値が高くなっている時に売却すればその差額(キャピタルゲイン)が得られることです。

また、上場株式への投資と比べて、大きなリターンを得られる可能性があります。

 

株式型クラウドファンディングと同じ投資型クラウドファンディングである貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の場合、売却益を得ることができます。

 

 

2-3.会社の経営に関わることができる

株式型クラウドファンディングメリットの3つ目は、会社の経営に関わることができることです。

株式を購入するということは、その会社を経営する権利を購入するということ。

持っている株式の数によって、株主総会において議決権を使うことができ、会社の方針の決定に参加することができます。

ただ資金を増やすだけではなく、会社の方針や意思決定に関われるのは、投資型クラウドファンディングの中でも、貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)ではなく、株式型クラウドファンディングならではの醍醐味ですね。

 

 

3.株式型クラウドファンディングのデメリット

株式型クラウドファンディングには、配当金がもらえたり、売却益が得られたり、会社の経営に関わることができるというメリットがあることをご紹介しました。

次に、株式型クラウドファンディングの3つデメリットのについてご紹介します。

 

3-1.未上場株式のため売買がしにくい

株式型クラウドファンディングのデメリットの1つ目は、未上場株式のため、通常の上場株式投資と比べて売買がしにくいことです。

そのため、急に現金が必要になった時に、上場株式投資に比べて現金にすることが難しいです。

 

3-2.会社に関する情報が少ないので、投資の判断がしにくい

株式型クラウドファンディングのデメリットの2つ目は、会社に関する情報が少ないので、投資の判断がしにくいことです。

上場企業の株式の場合、これまでの実績や様々な企業に関する情報があります。

一方、株式型クラウドファンディングの企業の場合、通常の上場企業投資に比べて歴史が浅かったり、情報が不足している可能性があります。

 

3-3.売却した時、買った時よりお金が減ることがある

株式型クラウドファンディングのデメリットの3つ目は、通常の上場企業投資と同じように、投資したものの株価が上がらず、投資した時よりも下がってしまう可能性があります。

 

 

4.まとめ

株式型クラウドファンディングのメリットとデメリットについてご理解いただけたでしょうか?

 

株式型クラウドファンディングと通常の上場株式投資の中核になる株式についは同じです。

ですが更に、小さな企業や少額の出資をできる人がマッチングするようになっています。

 

投資した後、株価が下がったり、困った時に慌てているようでは遅いのです。

投資する前にしっかりと吟味し、リスクなどを把握した上で投資をすることで失敗を防ぎ、楽しく投資することができますよ♪

 

佐藤友佳

Author: 佐藤友佳

投資に興味がある女子大生(仮) 投資をしたくても何から始めていいのかわからずにここまで来てしまった。 二十歳になるのでそろそろ本格的に始めようと思っている。 勉強も兼ねてライターとして記事を書いている。 優雅で豊かな生活を送るのが夢。
Bitnami