CLOSE

SEARCH

ソーシャルレンディングで会社を選ぶポイントとオススメの会社をご紹介!

クラウドファンディングの一つの貸付型(投資型)クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)。

近年注目が高まり、多くの会社が、貸付型クラウドファンディングサービスを開始していますが、サービスが豊富にある反面、「どの会社を選べばいいのかわからない…」「どれも同じ見える…」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、どういった項目を見て融資型クラウドファンディングソーシャルレンディング)に投資すれば良いのか?についてご紹介します。

 

 

1.貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)とは

貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)は、クラウドファンディングの一つで、お金を借りたい企業に対して、お金を運用したい投資家からクラウドファンディングでお金を集めて、担保や保証を付けて、貸し付けるものです。

通常のクラウドファンディング(購入型クラウドファンディング)貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の大きな違いが2つあります。

 

1つ目がリターンが「お金」なのか「モノ」なのかということです。

通常のクラウドファンディング(購入型クラウドファンディング)の場合、投資すると、「モノ」や「サービス」が返ってきます。

一方、貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の場合、投資すると、「お金」が返ってきます。

 

2つ目が「担保や保証の有無」です。

通常のクラウドファンディング(購入型クラウドファンディング)の場合、投資したプロジェクトが失敗してしまって、見返りの商品が届かない可能性があります。

一方、貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)であると、投資したプロジェクトが、お金を返せなくなってしまっても、担保や保証がついているので、担保を売却したり、保証している人からお金を返してもらうことができます。

 

 

2.貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の投資先を選ぶときのポイント

現在複数のソーシャルレンディングサービスがあります。

いくつもあるとどれが良いのか何が違うのかわかりにくくなってしまい、挫折して投資を諦めてしまう方や「一度しっかり情報収集をする」って何をどう調べればいいのかわからない人も多いと思います。

今回は出資先を選ぶときの重要なポイントについて説明します。

これから挙げるポイントを比較して出資先を選ぶだけで失敗する確率を減らすことができますよ!

 

2-1.会社概要

まず、大切なのが、会社の概要です。

「どのような背景でその会社が立ち上げられたのか?」

「どのような歴史を歩んできたのか?」

「どういったライセンスを持っているのか?」

「どこにオフィスがあるのか?」

「どういった企業が出資しているのか?」

 

中でも、どういった企業が出資しているのか?ということは、その会社の信用を知るうえで一つの大切なポイントです。

 

2-2.どんな人(社長)が経営しているのか

これまでどのような経歴を歩んだ人が経営しているのか。

ご自身の大切な資産を預ける会社がどんな人によって運営されているのか、信頼に足る人物なのか、気になりませんか?

自分の資産を預けていいのか、貸し倒れがあった時にしっかり対応してくれそうか、社長がどんな人か知る必要もあります。

また、社長の人柄によって取り扱う商品にも違いが出てきます。

2-3.その会社の財務状況

会社のホームページを見ると、その会社が赤字なのか?黒字なのか?ということがわかります。

一部の企業は掲載されていない企業もありますが、できれば黒字の企業がいいですよね!

 

2-4.貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)以外に何を行なっているか?

貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)以外に何を行なっているのかということも大切です。

貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)であると、ベンチャー企業が多く、かつ専業で行なっている企業も多いです。

ですが、不動産系に特化したソーシャルレンディングの会社は、不動産仲介や自分のお金を元にした不動産投資なども行なっている企業もあります。

また、自然エネルギー系に特化したソーシャルレンディングの会社は、親会社が自然エネルギーに関する事業を行なっている企業もあります。

これらを知ることで、「融資先のノウハウをしっかり持っており、安心だな!」ということがわかります。

 

 

3.オススメ融資型クラウドファンディングサービス

日本には今約20社の融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の会社があります。

今回はその中でもオススメの会社をご紹介します。

3-1.CrowdCredit(クラウドクレジット)

3-1-1.CrowdCredit(クラウドクレジット)の商品

リターン 5.3~14.6%
投資期間 7ヶ月〜48ヶ月
融資先 海外の貸付会社と提携して融資する

CrowdCredit(クラウドクレジット)は、子会社のあるペルーエストニアメキシコなどの成長している国の個人や、提携している海外のパートナーが目利きをした企業、現地の優良な金融機関と提携することで貸し付けを行っています。

そのため、クラウドクレジットに投資することで、成長している国の成長の一役を担うことができます。

3-1-2.CrwodCredit(クラウドクレジット)の会社概要

会社名 クラウドクレジット株式会社
本社所在地 東京都千代田区麹町3-12 アネックス麹町 5階
設立日 2013年1月
役員 代表取締役 杉山智行
資本金 1億9525万円
従業員数 19名
登録している資格 第二種金融商品取引業
株主 杉山 智行
伊藤忠商事
フェムトグロースキャピタル
フェムト・スタートアップ
マネックスベンチャーズ
GCIキャピタル

 

3-1-3.どんな人(社長)が経営しているのか

クラウドクレジット株式会社の社長は、杉山智行氏です。

杉山智行氏は、2005年に東京大学法学部を卒業し、大和証券SMBCにて金利、為替の自己勘定取引チーム日本国債等のトレーディング業務に携わります。

2008年より、ロイズ銀行東京支店にて資金部長として、日本におけるリテール預金の獲得などのための助言を行います。また、運用子会社にて日本における代表および運用責任者として、日本国債および海外社債等での運用も行います。

そして、2013年にクラウドクレジット株式会社を設立します。

 

3-1-4.貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)以外の事業

他の事業を行っていません。

 

 

もっとCrowdCredit(クラウドクレジット)について知りたくなったらこちら

 

3-2.Ownersbook(オーナーズブック)

3-2-1.Ownersbook(オーナーズブック)の商品

リターン 4.8~14.5%
運用期間 1〜24ヶ月
融資先 都心不動産を担保とした不動産に関するシニア・メザニンローン

 

3-2-2.Owenersbook(オーナーズブック)の会社概要

会社名 ロードスターキャピタル株式会社 ロードスターファンディング株式会社
本社所在地 東京都中央区銀座2-6-16 ゼニア銀座ビル6F 東京都中央区銀座2-6-16 ゼニア銀座ビル6F
設立日 2012年3月14日 2014年5月26日
役員 代表取締役社長岩野 達志
代表取締役副社長森田 泰弘
取締役中川 由紀子
森田 泰弘
資本金 10億8910万円 5000万円
登録している資格 第二種金融商品取引業
宅地建物取引業
総合不動産投資顧問業
貸金業
株主 Renren Lianhe Holdings
株式会社カカクコム
ロードスターキャピタル株式会社

 

3-2-3.どんな人(社長)が経営しているのか

「Owenresbook」を提供しているロードスターキャピタルの社長の岩野達志氏です。

岩野達志は、東京大学農学部を卒業した後、一般財団法人日本不動産研究所に入社します。

その後、2000年からゴールドマン・サックス・リアルティ・ジャパンにて、自己投資・運用ファンド不動産取得部門アセットマネジメントを担当します。

2004年からロックポイントマネジメントジャパンLLCにて、総額で3,000億円以上の投資を実行してきた後、ロードスターキャピタルを立ち上げました。

 

3-2-4.貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)以外の事業

大きく3つの事業を展開しています。

1つ目の事業が、仲介・コンサルティング事業です。

仲介・コンサルティング事業では、不動産の売買・管理・運営に関するコンサルティングや不動産取引の仲介などを行なっています。

2つ目の事業が、アセットマネジメント事業です。

アセットマネジメント事業では、不動産投資の戦略策定や不動産物件の取得、保有時の収益管理、売却の実務までを投資家から代行して行なっています。

3つ目の事業が、コーポレートファンディング事業です。

コーポレートファンディング事業では、ロードスターキャピタル株式会社の資金を使って不動産投資を行なっています。

創業6年目ながら、13のビルを保有しています。

 

もっとOwernersbook(オーナーズブック)について知りたくなったらこちら

 

3-3.maneo(マネオ)

3-3-1.maneo(マネオ)の商品

maneo(マネオ)では、様々な貸付企業と提携して、様々な商品を取り扱っています。

リターン 5~8%
運用期間 2〜36ヶ月
融資先 保証や担保がある中小企業

 

アメリカの不動産融資 「GAIA FUNDING(ガイアファンディング)」
アメリカの不動産融資 「AMERICAN FUNDING(アメリカンファンディング)」
日本の不動産融資 「LC Lending(エルシーレンディング)」
リース 「Crowd Lease(クラウドリース)」
地方のリース 「SAKURA Social Lending(サクラソーシャルレンディング)」
中小企業向け融資 「Smart Lend(スマートレンド)」

 

3-3-2.会社概要

会社名 maneoマーケット株式会社 maneo株式会社
本社 東京都千代田区内幸町1丁目1番7号 NBF日比谷ビル24階 東京都千代田区内幸町1丁目1番7号 NBF日比谷ビル24階
設立日 2007年8月30日 2007年4月3日
役員 代表取締役 瀧本 憲治
取締役 田中 直樹
取締役 深津 嘉彦
代表取締役 瀧本 憲治
資本金 3億851万円 8000万円
従業員数 12名 7名
登録している資格 第二種金融商品取引業 貸金業
株主 瀧本憲治
GMOクリックホールディングス
VOYAGE VENTURES
MICイノベーション
SMBCベンチャーキャピタル
IMJ Investment Partners Japan Fund
ibis Capital Partners
maneoマーケット

 

3-3-3.どんな人(社長)が経営しているのか

maneoマーケットの社長の瀧本憲治氏は、慶應義塾大学商学部卒業した後、セブンイレブンジャパン父親の会社UBIを経て、UBIが買収したmaneo株式会社の代表取締役に2013年に就任しました。

UBI時代は、不動産取引に携わったり、メールマガジン私募債20億円調達したほか、2009年からUBIfinanceを創業し、企業への融資も行っています。

米国公認会計士を保有しています。

 

3-3-4.貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)以外の事業

他に事業を行っていません。

 

 

もっとOwernersbook(オーナーズブック)について知りたくなったらこちら

 

3-4.CrowdBank(クラウドバンク)

3-4-1.CrowdBank(クラウドバンク)の商品

リターン 4~7%
投資期間 3ヶ月〜36ヶ月
融資先 不動産担保の不動産融資
担保や保証が付いた中小企業や上場企業向け融資
太陽光・風力・バイオマスなどの自然エネルギー融資

 

3-4-2.CrowdBank(クラウドバンク)の会社概要

会社名 日本クラウド証券株式会社 クラウドバンク・フィナンシャルサービス株式会社
本社所在地 東京都港区六本木7-4-4 六本木Artshell 5F 東京都港区六本木7-4-4 六本木Artshell 5F
役員 代表取締役社長 橋村 純
取締役内部管理統括責任者 土井 充
取締役 片岡 直毅
社外取締役 喜多埜 裕明
代表取締役社長 金田 創
資本金 1億5,740万円 4,000万円
登録している資格 第一種・第二種金融商品取引業 貸金業
株主 クラウドバンク株式会社 クラウドバンク株式会社

 

3-4-3.どんな人(社長)が経営しているのか

 

日本クラウド証券株式会社の社長は、橋村 純氏です。

橋村 純氏は、ニイミやエネルギーに特化したコンサルティング会社のインダストリアル・ディシジョンズ(みずほフィナンシャルグループ)IDIインフラストラクチャーズにてファンド運営、EYトランザクション・アドバイザリー・サービスを経て、2015年に日本クラウド証券に入社します。

そして、2016年6月代表取締役社長に就任しました。

 

もっとCrowdBank(クラウドバンク)について知りたくなったらこちら

 

 4.まとめ

今回はクラウドファンディングの一つ、貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)について説明しました。

数ある融資型クラウドファンディングの会社から、重要なポイントを比較し適切な出資先を見つけて、リスクを回避しましょう。

佐藤友佳

Author: 佐藤友佳

投資に興味がある女子大生(仮) 投資をしたくても何から始めていいのかわからずにここまで来てしまった。 二十歳になるのでそろそろ本格的に始めようと思っている。 勉強も兼ねてライターとして記事を書いている。 優雅で豊かな生活を送るのが夢。
Bitnami