CLOSE

SEARCH

不動産投資信託(REIT)のメリット

不動産投資信託ってそもそも何?で、

一般投資家から預かったお金を一級の不動産に投資して、テナントさんが払ってくれた家賃を投資家のみなさんに支払います!という商品であると紹介しました。

そこで今回は、実物不動産投資と比較した時に、不動産投資信託って投資するとどのようなメリットがあるのか?についてご紹介します。

 

 

1.少額から投資ができる

不動産に投資するものとして、不動産投資信託以外にアパートなどの実物の不動産に投資する実物不動産投資というものがあります。

この実物不動産に投資するには、最低でも数百万円が必要になります。

ですが、不動産投資信託であると、数万円程度から投資することができます。

例えば、インヴィンシブル投資法人などは、5万円程度から投資できます。

 

 

2.複数の不動産に投資ができる

不動産の場合、地震・洪水などの天災や火事などで損壊してしまう可能性があります。

そのため、せっかく実物不動産投資をしても、損壊してしまうことで、修理費用や突然価値がゼロにをなってしまう可能性があります。

 

一方、不動産投資信託であると、複数の不動産に投資しています。

そのため、一つの不動産が地震や火事で損壊してしまっても、他の不動産に投資しているので、0になることはありません。

 

 

3.すぐに現金に変えることができる

実物不動産投資の場合、突如お金が必要になった時や売りたいと思った時に、すぐに売却することができません。

これは、不動産投資信託のように、上場していないため、買ってくれる人を見つけてきたり、見つけても売却価格を交渉しなければいけなかったり、契約したりと、売るまでにとても時間がかかります。

また、仮にすぐに売れたとしても「この人はお金がすぐに欲しいようだから安くしても売ってくれるだろう」と、足元を見られて安く買われてしまう可能性があります。

 

一方、不動産投資信託であると、と同様に上場しているため、いつでも簡単に売買することができます。

 

 

4.不動産のプロが運営している

不動産の場合、詳しい人と詳しくない人の差が株などと比べてとても大きいです。

なぜなら、株のように情報があまり公開されていないことと、不動産の見るべきポイントについて経験によって身についてくるためです。

そのため、詳しくない方が、不動産に投資しようと実物不動産投資を行うと、不動産の売買を仲介している会社に言われるがままに購入してしまい、損をしてしまう可能性あります。

ですが、不動産投資信託の場合、運営をしている会社が不動産のプロのため、しっかり不動産の見るべきポイントをしっかり見て投資していますし、一級の不動産にしか投資できなようになっています。

 

 

5.配当額が高く安定している

不動産投資信託であると、国債や社債と比べて配当額高く、配当されるので安定しています。

配当金額の大きさでいうと、国債の利率は0.05%(100万円投資して500円)ですし、社債の中でも比較的利率が高いとされているソフトバンクの社債でも2%程度(100万円投資して2万円)です。

しかし不動産投資信託では、3〜7%(100万円投資して3~7万円のものまで幅広くあり、社債や国債と比べても高いです。

 

配当が安定しているというのは、株であると会社の収益から配当されるた、会社の業績によって配当金が0になってしまう可能性があります。

しかし不動産投資信託では、複数のテナントが支払う家賃が配当されるため、安定しています。

 

 

6.不動産の管理をしなくて良い

実物不動産投資であると、様々なことを管理しなければいけません。

例えば、空き家になってしまったら埋めようとしなければいけませんし、家賃の管理もしなければいけませんし、壊れたところを修理をしなければいけません。

一方、不動産投資信託であると不動産会社が代わりに全てを行ないます。

そのため、投資してからしばら放置しておくことができます。

 

 

7.一級不動産に投資できる

実物不動産投資を少額から始めようとすると、どうしてもアパートなどになってしまいます。

しかし、不動産投資信託であると、日本でもトップクラスの不動産に投資することができます。

例えば、森ヒルズリート投資法人であれば、六本木ヒルズに投資できます。

また、景気が悪化しても、トップクラスの不動産の場合、なかなか賃料が下がりにくいとされています。

 

8.まとめ

最後に、不動産投資信託のメリットについてまとめると、

数万円と少額から投資できる

・複数の不動産に投資ができる

実物不動産投資では難しいすぐに現金化できる

不動産のプロが運用している

配当額社債国債などより高くなどより安定している

・管理が実物不動産投資などより楽

 

→次は、「不動産投資信託のデメリット」について説明しています。

w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami