CLOSE

SEARCH

ロボアドバイザーを簡単に比較!

今回はロボアドバイザーについて比較してみたいと思います。

 

 

1.運営している会社で比較

サービス名 会社名
THEO(テオ) 株式会社お金のデザイン
WealthNavi(ウェルスナビ) ウェルスナビ株式会社
WealthNavi for SBI証券 ウェルスナビ株式会社
クロエ エイト証券株式会社
エイトNow! エイト証券株式会社
楽ラップ(固定報酬型) 楽天証券株式会社
楽ラップ(成果報酬併用型) 楽天証券株式会社
マネラップ マネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社
投信工房 松井証券株式会社

 

 

2.年間の手数料で比較

どのロボアドバイザーで運用しても手数料はどうしても発生してしまいます。

ですが、手数料が最も安いものと高いもので比較すると、約0.7%近くの差が発生しています。

0.7%というと少しわかりにくいので、100万円投資したとすると、1年間で7,000円も変わってきてしまいます。

投資額大きくなればなるほど、この大きくなってしまいます。

サービス名 年間手数料(税抜き)
THEO(テオ) 1%+ETF手数料
WealthNavi(ウェルスナビ) 1%+ETF手数料
(3000万円を超えた分は0.5%)
WealthNavi for SBI証券 1%+ETF手数料
(3000万円を超えた分は0.5%)
クロエ 0.88%
エイトNow! 0.88%
楽ラップ(固定報酬型) 0.54~0.702%
楽ラップ(成果報酬併用型) 0.432~0.594% + 運用益×5.4%
マネラップ 0.925%
投信工房 0.392%

 

3.される質問と内容で比較

投資先を決めるための質問数を比較します。

サービス名 質問数
THEO(テオ) 5問
WealthNavi(ウェルスナビ) 6問
WealthNavi for SBI証券 6問
クロエ 3問
8Now! 8問
楽ラップ(固定報酬型) 15問
楽ラップ(成果報酬併用型) 15問
マネラップ コースによる
投信工房 8問

各社「あなたの年齢は幾つですか?」や「あなたの年収はいくらですか?」、「もし株価が○%下がったらどうしますか?」というものが多いです。

一方で、個性を持っているのが、「マネラップ」「クロエ」「楽ラップ」です。

マネラップ」では、資産計画を立てながら投資できるロボアドバイザーで、まず、「ためる」「そなえる」「たのしむ3つのコースの中から1つを選びます。

クロエ」では、14種類ある「目標」から一つを設定して投資先を決めることができます。「目標」には例えば、「マイホーム」や「結婚式」などが有り、その「目標」に向けてお金を投資していきます。

楽ラップ」は、様々な金融アプリを手がけるFinatext社と共同開発された質問です。

例えば、「初対面で人の性格を見分けることがで得意ですか?」や「野菜を買うときに、どのように選びますか?」など、一見金融と関係のない質問をすることで、投資先を決めていきます。

 

 

4.自動的に投資資金が増えていく機能で比較

自動積立有無について比較します。

自動積立とは、指定した銀行口座クレジットカードから指定されたに、指定された自動的に引き落とされる仕組みです。

そのため、自動的に投資資金が増えていく仕組みになっています。

例えば、1ヶ月に1度1万円を引き落としをする仕組みにしておけば、1年12万円の投資資金が増えることになります。

「投資もしたいけど、そんなに大きなお金がない…」という方や「貯蓄もしたい!」という方にオススメな機能です。

サービス名 積立の有無
THEO(テオ)
WealthNavi(ウェルスナビ) 有(月1万円〜)
お釣りで積立ができるサービスが2017年春にリリース予定
WealthNavi for SBI証券 有(月1万円〜)
お釣りで積立ができるサービスが2017年春にリリース予定
クロエ
8Now!
楽ラップ(固定報酬型)
楽ラップ(成果報酬併用型)
マネラップ 有(月1万円〜)
投信工房 有(1日500円〜)

投信工房は、毎日・毎週・毎月の中から選ぶことができ、かつ業界最低の500円から投資ができます。

 

5.最低投資額

次に、最低投資額を比較します。

サービス名 最低投資額
THEO(テオ) 10万円〜
WealthNavi(ウェルスナビ) 100万円〜
WealthNavi for SBI証券 30万円〜
クロエ 1万円〜
8Now! 88ドル〜
楽ラップ(固定報酬型) 10万円〜
楽ラップ(成果報酬併用型) 10万円〜
マネラップ 1万円〜
投信工房 1万円〜

 

6.投資先で比較

ロボアドバイザーというと、上場している投資信託のETFというものを使うことが多いです。

ですが、一部証券会社によって提供しているロボアドバイザーは、投資信託で運営されています。

サービス名 投資先
THEO(テオ) 世界のETF
WealthNavi(ウェルスナビ) アメリカのETF
WealthNavi for SBI証券 アメリカのETF
クロエ 日本のETF
8Now! アメリカのETF
楽ラップ(固定報酬型) 楽天証券で販売されている投資信託
楽ラップ(成果報酬併用型) 楽天証券で販売されている投資信託
マネラップ 世界のETF
投信工房 松井証券で販売されている投資信託

 

 

7.まとめ

最後に、ロボアドバイザーを比較すると

・最も手数料が安いのは、松井証券の「投信工房」の0.392%

・典型的な質問が多い中、「マネラップ」は資産計画を立てながら運用でき、「クロエ」は目標を立てて運用でき、「楽ラップ」はFinatext社共同開発した一件金融と関係のなさそうなことで投資先を決めていく

・最初から大きな額を持っていなくても、日々指定した額を引き落としていき、徐々に投資額を大きくすることができる積立機能

積立機能がついているのは、「WealthNavi」と「マネラップ」、「投信工房」のみ

w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami