CLOSE

SEARCH

目標を設定して1万円から投資するロボアドバイザーのクロエを大研究!

自動で投資してくれるロボアドバイザーといっても、様々あります。

お金のデザインの「THEO」やウェルスナビの「WealthNavi」、松井証券の「投信工房」などなど…

その中でも今回は、外資系証券会社のエイト証券が提供する、ゴールを設定して投資する、ロボアドバイザーの「クロエ」について研究します!

 

1.ロボアドバイザー「クロエ」を運営しているエイト証券ってどんな会社?

ロボアドバイザー「クロエ」は、エイト証券株式会社によって運営されています。

サービスとして、2つのロボアドバイザー「クロエ」と「8now!」、アメリカ・香港・タイの株の売買仲介などを行っています。

「クロエ」と「8now!」の違いは、「クロエ」は目標に向けて投資先を決めて、「8Now!」は従来のように質問に答えて投資先を決めるものです。詳しくは、「8Now!」についての研究もみてください。

社名にもあるように、「8」という数字にこだわっており、ロボアドバイザーの手数料も0.88%(税別)となっています。

 

 

2.「クロエ」の名前の由来は?

「クロエ」という名前は、「人間と共感できる心を持ったコンピューター」という意味の「Computer Humanly Linked and Optimized for Empathy」の頭文字をとって名付けられました。

 

 

3.投資している先は?

クロエ」では、日本に上場しているETFの中からその人にあったものに投資をしていきます。

ETFとは、全ての銘柄に投資している上場している投資信託です。

例えば、「iシェアーズ TOPIX ETF」は、日本の東証1部に上場している企業ほぼ全てに投資をしています。

なので、「iシェアーズ TOPIX ETF」に投資すると、数万円で日本の東証1部に上場している企業ほぼ全てに投資できます。

また、上場しているので、のようにすぐに売却できます。

ただ、ETFはたくさんあるので、その中からどれを選ぶかは、ロボアドバイザーをごとに異なります。

「クロエ」の場合に投資するETFは、「国内株式、海外株式、債券、国内REIT」の4つの種類の日本に上場しているETFです。

 

 

 

4.積立機能は?

クロエ」には、積立機能がありません。

自分で毎回、振込ことで積立になります。

 

 

5.運用するのにいくらかかるの?

クロエ」で運用するにあたって必要なのは、大きく2つです。

 

1つ目が、「運用するための資金」です。

クロエ」の場合、最低1万円から行うことができます。

2つ目が、「投資顧問料」です。

これは、「あなたに変わって運用してあげるので手数料をください!」というものです。

運用している資産の0.88%(税別)を「クロエ」に支払います。

(1万円であれば、95円を支払います。)

 

 

 

6.始め方

クロエ」は、簡単に始められます。

まず、投資を始めるにあたって必要なのが以下です。

・運用資金(1万円〜)

・本人確認資料(運転免許証・健康保険証・パスポートのどれか)

・マイナンバーカード

・メールアドレス

 

まず、「無料診断で運用スタイル」を選びます。

 

3つの質問をされます。

1つ目が年齢、2つ目が年収、3つ目が目標です。

3つ目の目標とは、「あなたは何のために運用しますか?」というもので、14種類の目標から選ぶことができます。

例えば、「マイホーム」「結婚式」「旅行」「車」「起業資金」「教育資金」「医療」「老後資金」「子育て資金」「両親をサポート」「スマホ」「資産形成」「パソコン」などです。

そして、3つの質問を終えた後、あなたを「積極型」「安定型」「保守型」の3つのコースの中から「クロエ」が選別します。

 

次に、「証券口座の開設と投資一任契約の申し込み」をします。

投資一任契約とは、「投資するのをあなたに任せるよ!」というものです。

この時、「本人確認資料」が必要になります。

 

最後に、「運用資金の振込とマイナンバーの登録」をします。

マイナンバーを登録し、運用資金を「クロエ」に指定された銀行口座に振り込むことで完了です。

 

これで運用が開始されます。

株や投資信託のように、投資先を選ぶ手間もありませんし、自動で投資先も変えてくれるので(リバランスと言います)、放置することで資産が増えていきます。

 

 

7.まとめ

最後に、「クロエ」についてまとめると、

・「クロエ」は、香港の8 Limitedの子会社のエイト証券株式会社によって運営されている

・投資先は、日本に上場しているETFの中から選ばれる

・運用するには、運用資金 + 投資顧問料の二つだけが必要

・質問は3つだけで運用コースが決まる

3つ目の質問は、「目標」に関するもので、他のロボアドバイザーにはない特徴

無料診断証券口座の開設と投資一任契約の申し込み運用資金の振込とマイナンバーの登録の3ステップで運用が開始できる

・投資先を選んだり、売却する手間もなく、自動で「クロエ」定期的に投資先を変えてくれる

 

8.クロエ以外のロボアドバイザー

8-1.ウェルスナビ(WealthNavi

ウェルスナビ(WealthNaviは、ウェルスナビ株式会社によって運営されているロボアドバイザーです。

開始からわずか9ヶ月で、18,oo0口座以上が開設されており、20172月からは10分に1口座が開設されるなど、とても勢いがあります。

ウェルスナビ(WealthNaviの他のロボアドバイザーにはない特徴としては、税金をできる限り発生しないようにしてくれる「DeTAX」、3大メガバンク(三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行)と住信SBIネット銀行なら瞬時に送金ができる「クイック送金」、2017年春からスタートするお釣りで投資ができる「お釣り資産運用」などがあります。

ウェルスナビ(WealthNaviについてもっと詳しく知りたくなった方はこちら

8-2.楽ラップ

楽ラップは、楽天証券株式会社によって運営されているロボアドバイザーです。

楽ラップの他のロボアドバイザーにはない特徴としては、手数料が二つの形態があることです。

通常のロボアドバイザーのように、運用資産額の数%をもらう固定報酬型と、固定報酬を少なめにしながら成功した時に一部をいただく成功報酬併用型2種類があります。

楽ラップについてもっと詳しく知りたくなった方はこちら


8-3.マネラップ

マネラップは、マネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社によって運営されているロボアドバイザーです。

マネラップの他のロボアドバイザーにない特徴としては、運用するコースを「ためるタイプ」と「そなえるタイプ」「たのしむタイプ」から選ぶことができ、目的別に投資することができます。

マネラップについてもっと詳しく知りたくなった方はこちら!

7-4.投信工房

投信工房は、ネット証券で3位の松井証券によって運営されているロボアドバイザーです。

投信工房の他のロボアドバイザーにない特徴としては、毎日・毎週・毎月500円と少額から積み立てて投資することができることです。

投信工房についてもっと詳しく知りたくなった方はこちら

7-5.8Now!

8Now!は、エイト証券株式会社によって運営されているロボアドバイザーです。

8Now!の他のロボアドバイザーにない特徴としては、8にこだわっていることです。

運営している会社がエイト証券株式会社というところから始まり、質問が8つであったり、最初のスタート額が88ドルであったり、とにかく8にこだわっています。

8Now!についてもっと詳しく知りたくなった方はこちら

w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami