CLOSE

SEARCH

ロボアドバイザーのダイワファンドラップオンラインを大研究

自動で投資してくれるロボアドバイザーといっても、様々あります。

お金のデザインの「THEO」やエイト証券の「クロエ」、松井証券の「投信工房」、楽天証券の「楽ラップ」などなど…

その中でも、日本で2番目に大きい証券が提供する「ダイワファンドラップオンライン」について大研究します。

1.「ダイワファンドラップオンライン」を運営している大和証券ってどんな会社?

ダイワファンドラップオンライン」は、大和証券株式会社によって運営されています。

大和証券は、野村証券に次いで日本で2番目に大きい、店舗を持った証券会社です。

 

 

2.投資している先は?

ダイワファンドラップオンライン」では、大和証券が扱っている日本の投資信託の中から投資します。

出典:ダイワファンドラップオンラインの交付目論見書より

 

3.積立機能は?

ダイワファンドラップオンライン」の場合、積立機能はありません。

自分で毎回、振り込むことで積立になります。

 

 

4.運用するのにいくらかかるのか?

ダイワファンドラップオンライン」で運用するにあたって必要なのは、大きく3つです。

1つ目が、「運用するための資金です

ダイワファンドラップオンライン」の場合、最低50万円から行うことができます。

2つ目が、「投資顧問料」です。

これは、「あなたに変わって運用してあげるので手数料をください!」というものです。

運用している資産の0.21%(税別)を「ダイワファンドラップオンライン」に支払います。

(10万円であれば、210円を支払います。)

3つ目が、「取引等管理手数料」です。

運用している資産の0.79%(税別)を「ダイワファンドラップオンライン」に支払います。

(10万円であれば、790円を支払います。)

以上から、「ダイワファンドラップオンライン」で投資するには最低、500,000円と、手数料が年間で1.08%(税込)が発生します。

この手数料は、運用している資金から一部、自動で引き落とされます。

 

 

5.始め方

「ダイワファンドラップオンライン」は、簡単に始められます。

まず、投資を始めるにあたって必要なのが以下です。

・運用資金(50万円〜 )

・本人確認書類

(運転免許証、健康保険証、住民票、印鑑登録証明書、住民基本台帳カードのどれか)

・マイナンバーカード

・メールアドレス

 

まず、「証券口座の開設」をします

証券口座は「スマートフォン」「インターネット」「店舗」のどれでも開設できます。

「スマートフォン」であれば1日程度で、「インターネット」であれば3日〜14日程度、「店舗」であれば即日で口座が開設できます。

 

次に、「シミュレーション診断」をします。

ダイワファンドラップオンライン」の場合、「ライフプランニング」「資産運用プランニング」「リスク許容度診断」の3つの中から1つを選びます。

ライフプランニング」とは、年齢や年収、今後の支出計画(車や住宅など)を答え、投資先が選ばれます。

「資産運用プランニング」とは、運用する目的や目標時期、目標金額、手元資金があるかどうかについて答え、投資先が選ばれます。

リスク許容度診断」とは、運用する目的や運用期間、投資の経験の有無、株価が下がった時にどうするか?などについて答え、投資先が選ばれます。

 

最後に、「入金と投資一任契約の申込み」をします

提案された投資先に納得ができれば、「投資するのをあなたに任せるよ!」という投資一任契約を結びます。

この時、運用を開始した日の前の営業日の夜に契約した金額がないと、契約が不成立になってしまうので、注意が必要です。

これで運用が開始されます。

株や投資信託のように、投資先を選ぶ手間もありませんし、自動で投資先も変えてくれるので(リバランスと言います)、放置することで資産が増えていきます。

 

 

6.まとめ

最後に、「ダイワファンドラップオンライン」についてまとめると、

・「ダイワファンドラップオンライン」は、日本で2番目に大きい証券会社の大和証券株式会社によって運営されている

・投資先は、大和証券が販売している投資信託の中から投資する

・運用するには、運用資金投資顧問料 取引等管理手数料の3つだけ

証券口座の開設シミュレーション診断入金と投資一任契約の申込みの3ステップで開始できる

NISAに対応していない

 

→日本初で日本最大の「THEO」についてはこちら
→お釣りで投資ができる「WealthNavi」についてはこちら
→運用コストが2つのコースから「楽ラップ」についてはこちら
→運用する目的別に投資ができる「クロエ」についてはこちら
→8にこだわった「8now!」についてはこちら

w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami