CLOSE

SEARCH

企業型確定拠出年金と確定給付企業年金の違い

企業が老後支払ってくれる年金には、複数あります。

企業の年金の中でも主流なのが、「企業型確定拠出年金(DC)」と「確定給付企業年金(DB)」です。

一見似たような名前にも見えますが、「拠出」と「給付」で大きく異なってきます。

確定拠出年金(DC)」には、「企業型と「個人型」の二つがありますが、今回は、「企業型に絞ってご紹介します。(企業型と個人型の違いはこちら!

 

また、「401k」と呼ばれる商品もありますが、「確定拠出年金(DC)」と同じ商品になります。

 

 

1.拠出とは?

そもそも「拠出」とはなんでしょうか?

「拠出」とは、「ある目的のために金品を皆で出し合うこと」です。

年金であれば、年金に加入している人が、運営している人に「一定の額を支払い」、「将来年金として受け取る」ことです。

 

 

2.確定給付企業年金(DB)とは?

確定給付企業年金(DB)は、2002年4月に誕生した、日本で最も利用されている企業年金です。

企業が、拠出するところ(給料から天引きするなど)から拠出したお金の運用、管理、給付までを全て行なっています。

老後に受け取ることができる「給付額」があらかじめ約束されています。

もし、給付するタイミングで、拠出したお金の運用がうまくいかず、運用結果が悪くなってしまい、約束通りの「給付額」が支払うことができなければ、企業が不足した分を穴埋めしてくれます。

 

お金の運用は、企業が「基金」というものを設立して企業から自らやる企業(基金型DB)もありますが、「運用のプロ(投資顧問会社・信託銀行・生命保険会社など)」に運用を任せてしまう企業(規約型DB)もあります。

 

確定給付企業年金(DB)は、「企業」が運用してくれる上に、「給付額」も保証されていますが、「企業」が運用しているため、企業の業績悪化したり、破綻してしまうと、減額されてしまいます。

例えば、2010年に破綻した日本航空の場合、現役社員への給付額が5割、OBへの給付額が3割も減らされてしまいました。

 

 

3.企業型確定拠出年金(DC)とは?

企業型確定拠出年金(DC)は、2002年4月に誕生した、確定給付企業年金(DB)に次いで利用されている企業年金です。

企業が行なうのは、拠出するところ(給料から天引きするなど)だけで、お金の運用は自分で行います。

確定給付企業年金のように企業の責任で運用しているわけでなく、個人の責任で運用しているので、老後に受け取ることができる「給付額」が約束されていません。

そのため、「給付額」は、確定給付企業年金(DB)のように約束されていませんが、確定給付企業年金(DB)よりうまく運用することで、「給付額」を増やすことができます。

 

お金の運用先は、運営管理機関が取り扱っているものの中から選ぶことができます。

運営管理機関とは、企業が、生命保険会社や証券会社などに運用を委託することを言い、「こういった商品で運用しませんか?」やあなたの運用資産の状況はこのくらいですよ!」ということを拠出者に教えてくれる企業です。

 

企業型確定給付企業年金(DC)は、「自分」で運用する上に、「給付額」も保証はされていませんが、企業の業績に左右されなかったり、確定給付企業年金(DB)より上手に運用することで、「給付額」が多くなる可能性があります。

 

 

4.確定給付企業年金(DB)と企業型確定拠出年金(DC)の違いとは?

ここで、確定給付企業年金(DB)企業型確定拠出年金(DC)の違いに次いてまとめます。

確定給付企業年金(DB) 企業型確定拠出年金(DC)
運用する人 企業 個人
運用する先 企業が決定 個人が決定
給付額 決まっている(不足分は企業が補う) 決まっていない(給付を受けるときに決まる)
企業の業績との関係 有り 無し

 

 

5.まとめ

最後に、「企業型確定拠出年金(DC)」と「確定給付企業年金(DB)」についてまとめると、

・「拠出」とは、「ある目的のために金品を皆で出し合うこと」

・企業年金には様々な種類があるが、その中でも最も利用されているのが「確定給付企業年金(DB)」で、その次に利用されているのが、「企業型確定拠出年金(DC)

確定給付企業年金(DB)は、給付額決まっており運用先企業が決めてくれるが、企業の業績に影響されることがある

企業型確定拠出年金(DC)は、給付額決まっておらず運用先自分で決めることができ、企業の業績に影響されることがない

w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami