CLOSE

SEARCH

個人型確定拠出年金(iDeCo)のメリットって何?

個人型確定拠出年金は、「iDeCo」「イデコ」「401k」「DC」など様々な呼ばれ方をされます。

個人型確定拠出年金とは、お給料の一部を自動的に積み立てて、60歳になったら年金として受け取ることができるものです。

昨今、国の年金も貰えるかわからなかったり、企業の厚生年金などが解散してしまうことが増えてきている中で注目されているのが、個人型確定拠出年金(イデコ)です。

 

そこで今回は個人型確定拠出年金(イデコ)メリットについてご紹介します。

 

 

 1.自動で積み立て運用される

まず、第一に自動で積み立てがされていきます。

そのため、「これまで貯金しようと思って挫折した…」と思っていた方でも、貯金ができるようになります。

 

また、投資する先を投資信託の比率を上げていくことで、投資した額より大きくなったり、2.でもご紹介するように、税金が安くなります。

そのため、通常の銀行に定期預金で預けるよりもお得になる可能性があります。

 

2.投資した分に関しては税金がかからない

個人型確定拠出年金は、毎月決めた額が定期的に積み立てられます。

積立ができる額は、その人の雇用形態にもよりますが、以下となっています。

1ヶ月の最低積立額 1ヶ月の最高積立額
専業主婦・専業主夫 5,000円 23,000円
公務員 5,000円 12,000円
DBのみに加入している会社員 5,000円 12,000円
DBと企業型DCに加入している会社員 5,000円 12,000円
企業型DCに加入している会社員 5,000円 20,000円
会社に企業年金がない会社員 5,000円 23,000円
自営業 5,000円  68,000円

 

通常、税金は、「年収」に対して所得税住民税の2つの税金が発生します。

一方、個人型確定拠出年金に加入していると税金は、「年収 – 個人型確定拠出年金への投資額」に対して所得税住民税の2つの税金が発生するので、お得になります。

 

例えば、年収が500万円で、毎月20,000円を個人型確定拠出年金(イデコ)に投資したとします。

すると、73,000円も税金がやすくなります!

イデコに加入する イデコに加入しない 節税分
所得税 535,500円 584,500円 49,000円
住民税 486,000円 510,000円 24,000円
合計 1,021,500円 1,094,500円 73,000円

 

中央労働金庫の節税シミュレーターでは、自分の年収や世帯状況などを入力すると、いくら節税できるか?ということがわかります!

 

 

3.運用している間に発生した利益は税金がかからない

個人型確定拠出年金(イデコ)以外で投資して利益が出た場合、所得税住民税が発生してします。

例えば、通常の証券口座で投資した場合、50,000円を投資して、100,000円で売却したとして、利益が50,000円出たとします。

そうすると税金で、50,000円のうちの20%に当たる10,000円が引かれてしまいます。

しかし、個人型確定拠出年金(イデコ)の場合、利益が出ても税金が発生しません。

 

 

4.年金を受け取る時にも税金が優遇される

60歳になって年金として、それまで積み立ててきた個人型確定拠出年金を年金として受け取るとなった場合でも、控除の対象になるので税金が発生しません。

 

 

5.まとめ

最後に、個人型確定拠出年金(イデコ)についてまとめると、

個人型確定拠出年金は、給料の一部を自動で60歳まで積み立ててくれるので、これまでなかなか貯金ができなかった人でも自動で貯金ができ、老後の心配も払拭できる

・税金が、「年収 – 個人型確定拠出年金で投資した分」にかかるので、所得税や住民税などの税金がとても安くなる

・運用している間に発生した利益に税金はかからない

・60歳になって年金として受け取る時も控除を受けることができる

w.hirokawa

Author: w.hirokawa

中学2年の時から株式投資をはじめ、現在慶應義塾大学4年。 企業と投資ファンドが好きです。
Bitnami