CLOSE

SEARCH

GMOクリック証券で取引しよう!

「GMOってFXのサイトでしょ?」

「他の証券会社と何が違うの?」

「GMOだとどんな取引があんの?」

 

などと思っている方、多くいらっしゃると思います。

今回はそんなイメージのあるGMOクリック証券を正しく、深く理解していただくために、記事を書きました。記事の最後には、載ってますので、是非参考にしていただいて、口座開設しましょう!

 

 

1. GMOクリック証券とは

GMOクリック証券(以下GMO)は言わずと知れた「ネット証券会社」です。

2005年に創立し、以来現物株式をはじめとして、様々な投資商品を扱う証券会社となりました。

2017年4月現在、GMOは新垣結衣さんをCMに起用していて、「Life is Going on」というCMが話題となっています。

以下、GMOの特徴についてです。

2. GMOクリック証券の特徴

GMOの特徴について、以下のような項目でまとめてみました。

2-1. 取扱商品

証券会社によって扱う投資商品は異なりますが、GMOクリック証券の取扱商品は以下のようになっております。

 

・株式(現物取引・信用取引)

・FX(FXネオ・くりっく365)

・外為オプション

・先物・オプション

・CFD

・外国債券

・maneo

・投資信託(上場投資信託・国内投資信託・海外投資信託)

 

以上のように、maneoや投資信託の低リスク・低リターンから株式・FXとハイリスク・ハイリターン商品まで、幅広く商品を扱っています。

 

 

2-2. 取引手数料

GMOを語る上で外せないのが、手数料の安さです。ここでは、多くの人が取引する「株式」とGMOの代名詞でもある「FX」の手数料の説明をします。

・現物株式

例えば現物株式の取引において、どこの証券会社の取引手数料が安いのか簡単に比較!にもあるように、10万円〜50万円程度の低額取引でも、100万円以上の高額取引でも、一貫して他者と比べて割安になっているのが伺えると思います。

以下、毎回の取引ごとに手数料を払う場合の詳細金額です。

購入金額 取引手数料
~10万 95円
11~20万 105円
21〜30万 260円
31~50万 260円
51~100万 470円
101~200万 900円
201~300万 900円
301~500万 900円
501~1000万 900円

・FX

初心者の方には多少リスキーですが、GMOは年間FX取引高世界第一位(GMO調べ)なのです。選ばれる理由の一つが、FX取引でのコストの安さです。

業界最狭水準スプレッドとされ、以下のような手数料体制となっております。

米ドル 0.3銭
ユーロ 0.6銭
豪ドル 円 0.7銭
ポンド 1.1銭
NZドル 1.4銭
ユーロ 米ドル 0.5pips

*原則固定ですが、市場の急変動によって変更される可能性がございます。(出典)

2-3. 投資情報

GMOの投資情報は、他社とは一味違うところがあり、とても魅力的です。

その一つとなるのが、「GMOクリックTV 投資チャンネル」です。

このサービスはGMOクリック証券とダイワインターネットTVが提携して行なっているサービスで、毎日の主たる投資情勢のニュースを見られるというサービスです。

このサービスの注目すべき点は、上記のように投資情勢全体におけるニュースに加え、

 

・東京マーケット見通し

・ニューヨークマーケット見通し

・注目!投資ストラテジー

 

など、各10分程度のトピック映像10種類以上が毎日見られることです。故に、毎日チェックする時間はあるけど自分から調べるにはやり方がわからないという人にはかなりオススメです!

その他にも、銘柄診断・銘柄スクリーニング・株主優待リストなど、銘柄選びにも多くのアプローチが存在します。楽しく本格的に銘柄選びをすることも可能となっております。詳しくは、以下リンクをご覧ください。

(出典:GMOクリック証券 投資情報

 

2-4. サポート体制

ネット証券会社の中でも、顧客サポートの質は多少優劣が存在します。GMOのサポート面でのウリは以下二点です。

・安心の証拠金保護

お預りした証拠金は、売買の状況にかかわらず、全額取引所に直接預託されます。また、預託された証拠金は、金融取引所により、当社や金融取引所の資金と区分して管理されますので安心してご利用いただけます。(出典:https://www.click-sec.com/corp/guide/c365/info/)

・24時間サポート体制

日中は忙しくお取引ができないお客様であっても、夜間にリアルタイムでお取引いただけます。お問い合わせ、ご不明な点は24時間、お電話、メールにて承り、お客様に安心してお取引いただけるサポート体制です。(出典:https://www.click-sec.com/corp/guide/c365/info/)

 

2-5. サイトの使いやすさ

PC・スマホ向けそれぞれのサイトで、高機能で使いやすい機能を多数搭載しているのが、GMOです。

例えば、GMOの「Platinumチャート+」というサービスなら、以下のような機能があります。

 

・自由自在にレイアウト、複数のプラチナチャートの簡単起動

・多彩な分析手法に対応、38種類の人気テクニカル指標

・高度な分析も協力サポート、25種類の多彩な描画オブジェクト

・相場のトレンドが丸わかり、チャートウィンドウの分割表示(最大16分割)

・時系列に加えチャート上からも確認d系るニュース機能

 

この他にもGMOにはFX取引用ツール「はっちゅう君」というサービスがあり、PC内アプリから直接取引できる「スピード取引」など、とても簡単かつ迅速な取引が可能となります。

3. GMOクリック証券の口座開設の仕方

さて、ここまでである程度GMOクリック証券の特徴を知っていただけたと思いますが、魅力を感じた方は是非取引を開始してみてください。

そのためにまずは、口座開設が余儀なくされます。

以下、解説入りスクショで口座開設の方法をお教えいたします。参考にしてみてはいかがでしょうか。

では、GMOクリック証券のサイトから以下のように口座開設ページに進みましょう。

 

1. リンクに飛び、口座開設(無料)を開く。

 

2.  証券取引口座申し込みフォームに必要項目を記入

・基本情報を入力

 

上のように基本情報を入力します。

 

・特定口座の開設について

口座開設には、特定口座(源泉徴収あり)・特定口座(源泉徴収なし)・一般口座があります。

端的に違いをいうと、「確定申告の必要性」と「年間取引額20万円以下の時の納税義務の有無」です。

確定申告などによって必要な労力で言うと、

一般口座>特定口座(源泉徴収なし)>特定口座(源泉徴収あり)

 

ですが年間取引額20万円以下の時の納税義務の有無に関しては、

特定口座(源泉徴収あり)
特定口座(源泉徴収なし)
一般口座

 

です。上の表の通り、特定口座(源泉徴収あり)は納税義務が生じるというリスクがありますので、特定口座(源泉徴収なし)でとりあえず口座開設をすることが一番得策ではないかと思います。具体的には、特定口座と一般口座って何が違うの?をご覧ください。

 

・インサーダー情報について

ご自身や世帯内に上場会社に勤務していたり、一部取引を禁止されている方がいらっしゃる場合、記入の必要性があります。詳細はサイト内の説明をご覧ください。

・同時取引口座申込について

こちらは現物株式以外の取引をする場合に関係します。上には

・FX

・外為オプション

・CFD

の三つがあります。詳しくは投資商品の種類に関する記事でご確認いただけますが、

 

・FX=ハイリスク・ハイリターン

・外為オプション=超ハイリスク・ハイリターン

・CFD=ハイリスク・ハイリターン

 

です。どの取引を今後していくかはご自身で悩まれるべきですが、外為オプションはかなりリスキーです。

 

これら三つの口座は、次の3. での回答時に投資経験の有無や投資の方針などで適性を診られます。

まず投資経験がない方はこれらの口座が開設できないようになっているので、注意しましょう。

 

 

3. 質問に回答

・投資への方針や目的

投資の方針や目的を記入します。

口座開設の審査対象となりますし、今後の申請にも関わりますので、正直に書きましょう。

 

・電磁的方法による交付、規程規約類への同意・承諾

以上確認したのち同意して、最終確認画面へ進みましょう。

 

4. 確認

 

5. 申込完了

 

以上が済むと、確認書類のアップロードなどを通して自宅に確認書類が届きますので、それが届けば取引が開始できます。皆様も是非GMOクリック証券で口座開設してみましょう!

この記事のKeyword:
中川 雄介

Author: 中川 雄介

投資で世の中の流れを掴みましょう!
Bitnami