【超初心者向け】1000円からFXを始める方法

FXはじめ
手元に1000円しかなくてもFXってできるかな?

コマたん先生
できるズラ。コツを教えるズラ

最近は投資がかなり身近になってきました。投資信託もネット証券であれば100円から購入できたり、日本の株式もスマホ証券で1株から購入できる時代です。FXも少額投資ができるようになってきています。

FXはレバレッジをかけて利益を最大化させる投資であり、少額の証拠金から大きなリターンを得られる可能性があります。参入者も多いですが、誰でも始めやすく、証券会社の口座開設のハードルも高くないのが投資初心者にとって魅力です。

しかし、実際にFXで成功している人は、巨額の資金をもとに増やしていることが多いです。本当に初心者でも稼げるのか?と思っている人も少なくないでしょう。そこで今回は1000円からFXが始められるのかどうかから、少額投資のポイントや注意点についてまとめてみました。

1000円からFXを始めることは可能か?

そもそも、1000円という超少額でFXを始めることができるのか?という質問については、「理論上できる」が答えになります。

まず、FXを1000円で始められるかについて、FX会社の問題があります。FX各社によって必要最低限の資金が異なるためです。実はFX会社ごとに最小取引単位というのが定められており、1通貨から始められる会社もあれば、10000通貨からしかトレードできないところもあります。

それゆえ、1000円からスタートしたければなるべく最小取引単位が小さい会社に口座開設をする必要があります。例えば日本国内だとSBIFXトレードなどが該当します。

また、必要資金については、各通貨によって最低限必要な資金が異なります。必要資金の計算式は、基準為替レート×通貨単位×証拠金率です。レバレッジをかけるために必要な資金は証拠金としてFX会社に預けることになります。証拠金率もFX会社によって異なるので注意が必要です。

例えば1ドル100円で証拠金が5%の場合、最低1通貨を取引するために必要な金額は5円です。1ユーロ120円で同上の条件であれば、1通貨を取引するのに必要な金額は6円となります。基軸とする通貨の価格や証拠金比率によって必要な金額は大きく異なるため、通貨選びは少額投資にとってとても重要になってきます。基本的に取引量の少ないマイナー通貨であればあるほど、必要資金は高い傾向にあります。

初心者が1000円からFXを始める方法

現在は1通貨から取引できるため、1000円からFXを始めることは可能です。1通貨取引できるFX会社で口座開設をします。

口座開設にあたっては、今はスマホ1台で済むことも多いです。口座開設専用のページから開設手続きを開始します。まずはメールアドレスを登録し、届いたメールのURLから基本情報や入出金のための銀行口座の入力に移るのが一般的です。

基本情報を入力し終えると、本人確認書類の提出が必要となってきます。今はマイナンバーが記載されているマイナンバーカードがあると面面・裏面の写真のアップロードで完了することが多いです。写真はスマホで撮影したもので大丈夫です。ただし、写真が不鮮明だと審査でひっかかるので明るいところでしっかり撮影することをおすすめします。

情報の入力と写真のアップロードが完了すると、審査に入ります。基本的に国内FX会社の場合審査が入りますが、営業日であれば早ければ即日、遅くても数日で完了します。一般的な成人であれば、審査自体のハードルは高くありません。

審査が完了すると、証拠金を入金することですぐに取引できます。あとは取引したい通貨ペアを選んで買い注文や売り注文などの新規注文を出せばトレード開始となります。

1000円からFXを始める時のおススメ通貨は?

まずすでに書いた通り、1000円という少額でのFXを開始する場合、考えなければいけないのが必要資金の問題です。取引する通貨によって最低必要資金が異なってきます。FXでの勝率を高めたいならば、やはり取引量はできるだけ確保したいので、初心者におすすめの通貨は取引量が多い米ドル(USD)やユーロ(EUR)になります。

米ドルやユーロは流通量が多いので手軽に売買ができます。つまりFX取引でも約定がスムーズでタイミングのズレも少ない利点があります。日本円を軸に取引できるので日本人初心者には値動きが分かりやすく、証拠金率などの計算もしやすいです。途中で資金がショートするリスクを軽減できます。

まずは米ドル/日本円の通貨ペアから始めて、慣れてきたらユーロ/日本円や米ドル/ユーロといった情報量が多い通貨で取引するのがおすすめです。米ドル/日本円であれば、低コストで取引回数を増やせるので、勝負回数を増やせるといった意味では勝率を高めることにもつながります。

1000円からFXを始めた時の売買のポイント

1000円から始められるFXですが、実際問題多くのトレーダーは巨額の資金を動かしていることが多いです。それゆえ、資金力が乏しい時は大きな注文に振り回されることを覚悟しなければいけません。その意味で、最初から大きなリターンを得るために勝負するのではなく、コツコツと利益を積み上げていく必要があります。

コツコツと利益を積み上げていくためには、まずしっかりと自分の投資スタイルを確立しなければいけません。FXのトレード手法にはいくつかありますが、高金利通貨のスワップ運用などはある程度の資金が必要です。

少額から始めるならば、やはり取引回数を増やして勝率を高める必要があるため、スキャルピングやデイトレードなどを選択することになります。スキャルピングは短い期間に複数回取引する方法で、忙しい人でもスキマ時間にやれる取引方法になります。デイトレードはスキャルピングを駆使したりしながら、1日で決済を済ませる方法です。

スキャルピングで利益をとっていくならば、利確と損失確定の両方のラインをしっかり決めて守る必要があります。利確をしなければ含み益は幻ですし、損失を確定しないと損失額だけが膨れ上がって大きな損失になる可能性があります。

決めたルールを守ることは難しいのですが、一度決めたらルールに従って取引をしましょう。1000円という少額取引で資金を増やすならば地味ですが、こまめに勝ちを拾っていさぎよく小さく負けるのが肝要です。

1000円からFXを始めた時に気を付けること

1000円からFXを始める時に気をつけたいこととして、強制ロスカットの制度があります。これは投資家保護の観点から存在する仕組みで、証拠金比率が一定以上に下がると強制的にすべての決済が終了となる仕組みです。国内のFX会社には比率の違いはあれど、基本的にロスカット機能がついています。

ロスカットは基本的に証拠金がゼロになることを防ぐためにあるのですが、相場の状況に応じてタイミングはまちまちです。それゆえ、大きな価格変動があった場合、ロスカットの約定が遅れて資金がマイナスになることもありえます。

その意味では少額取引だと証拠金比率がもともと低いことが多いので、資金管理には注意が必要です。取引を続けるために常に証拠金維持率をキープしなければなりません。

またFXは他の投資と異なり、365日24時間通貨の価格変動は起きます。外国通貨に投資する以上、寝ている間に価格が動くといったことがあるので、そうした心配をしたくないなら、デイトレードなどポジションを保有する期間は限定しておくといった対処も必要になってきます。

1000円からFXをはじめて100万円にするには?

1000円から始めることができるFXですが、では実際に大金を稼げるのか?といった疑問を持つ人は少なくないでしょう。例えば1000円を元手に100万円といった大金を生み出せるのか?といったら可能性はゼロではありません。

ただし、1000円から始める場合、1通貨単位の取引では1回の取引で勝てたとしてもその利益は微々たるものです。そこから取引手数料や換金の場合には出金手数料などもかかります。少なくとも売買のたびに取引手数料はかかってくるので、やはり1000円から始める場合は低コストの米ドルやユーロで細かくトレードするのが得策でしょう。

100万円というと大きな金額に聞こえるので、ひとまず初心者は1万円を稼ぐところに注力しましょう。まずは1000円を4000〜5000円まで増やし、1通貨取引から1000通貨の取引までコツコツと利益を積み重ねることが大事になってきます。選択よりは集中で1つの通貨ペアで勝ちのタイミングを見極めて資産を増やしましょう。

資金が少し大きくなり、1000通貨単位での取引ができるようになると、投資できる通貨も増えます。資金が大きくなれば、買い注文と売り注文両方を出すことも可能なので、注文を出しながらも買いで入った場合は下げたときのリスクヘッジとして売りポジションを保有することも可能です。幅広いリスクヘッジができるため、資金を増やしやすくなります。

ただし、やることは基本的に一緒です。FXで勝つためには、ルールを定めてルール通りにトレードすることに尽きます。得られた利益を再投資に回しながら、トレードを数こなすことで100万円といった大きな利益にも手が届くようになります。その点では、時間はかかるかもしれませんが、少額からでも大金を手にできる可能性は大いにあるといえるでしょう。

1000円からFXを始める方法まとめ

近年は手軽にFXを始められる環境が整ってきました。実際に1000円からトレードをスタートさせ、今では大きな資金を動かすトレーダーもいます。少額からでも大きなリターンを得られるのがなんといってもFX最大の魅力といえるでしょう。

しかしながら、FXで利益を得るためにはコツのようなものがあります。低リスクなものから始めることや少額ならではの資金管理などです。いきなりハイリターンを目指すと一気に資金が目減りすることもあるので徹底したリスク管理が必要となってきます。

ロスカットなどの仕組みも働くので、借金を背負うことはFXの取引自体でほぼありませんが、損失を取り戻そうと借金をしてまでFXをやる人なども当然います。人間はお金の損失には耐えづらい性質を持っているので、その点も踏まえて常軌を逸しないトレードを積み重ねていけば100万円といった大きな利益も見えてくるはずです。

おすすめの記事