スパイダープラス株式会社(4192)のIPO~初値予想と新規上場情報~

スパイダープラス株式会社(4192)

新規上場承認されたスパイダープラス株式会社(4192)の詳細です。

マザーズ上場の大型案件(想定時価総額321.3億円、吸収金額88.8億円)です。

事業内容は「建設業を主な対象とした建築図面・現場管理アプリ「SPIDERPLUS」の開発・販売」。

建設業界もIT化が進んでおり、提供するサービス「SPIDERPLUS」の契約数も右肩上がりとなっています。
業績や事業内容は魅力的ですが、規模が大きく需給面がそこまで絞れていないことが気になります。

確実に公募価格を超えてくると思いますが、そこまでの初値の高騰は無さそうです。

直近2019年12月期の業績は売上高12億8600万円、経常利益5900万円、純利益6300万円となっています。
※2020年12月期は第三四半期までで、売上高14億5400万円、経常利益1億7900万円、純利益1億7300万円の進捗です。

スパイダープラス株式会社(4192)の基本情報

会社名 スパイダープラス株式会社(4192)
ホームページURL https://spiderplus.co.jp/
上場市場 マザーズ
IPO抽選おすすめ証券会社 SBI証券SMBC日興証券岡三オンライン証券

スパイダープラス株式会社(4192)のIPOスケジュール

ブック・ビルディング期間(需要申告期間) 3月15日(月)~3月18日(木)
公開価格決定日 3月19日(金)
購入申込期間 3月22日(月)~3月25日(木)
上場日 3月30日(火)

スパイダープラス株式会社(4192)のIPO価格と初値予想

想定価格 1,010円
仮条件 1,010円~1,160円
公募価格 1,160円
初値予想(独自) 1,300円~1,700円
初値 1,722円

スパイダープラス株式会社(4192)のIPO当選枚数

公募株数 3,220,000株
売出株数(オーバーアロットメント含む) 5,571,900株
当選株数 8,791,900株
※単元数は100株なので、当たりは87,919枚

スパイダープラス株式会社(4192)の大株主とロックアップ期間

氏名または名称 所有比率(%) ロックアップ期間
伊藤 謙自(社長) 59.24 90日間
(株)CHIYOMARU STUDIO 6.16 90日間
DCIベンチャー成長支援投資事業有限責任組合 5.53 90日間
1.5倍
安藤 龍平 4.56 90日間
増田 寛雄 2.81 90日間
大村 幸寛 2.71 90日間
野田 隆正 1.96 90日間
吉田 淳也 1.78 90日間
鈴木 雅人 1.53 90日間
村商(株) 1.27 90日間

スパイダープラス株式会社(4192)の総合評価

成長性
話題性
割安性
総合評価

※総合評価は初値の上昇余地が基準です。

おすすめの記事