ランキングバナー

株式会社シキノハイテック(6614)

新規上場承認された株式会社シキノハイテック(6614)の詳細です。

JASDAQスタンダード上場の小型案件(想定時価総額16.1億円、吸収金額5.48億円)です。

事業内容は「半導体検査装置の開発・製造・LSI の設計及び IP コアの開発・カメラモジュール及び画像処理システムの開発・製造」。

IPOテーマ的には盛り上がりに欠けますが、小型案件であり想定価格が1000円未満と低いことから人気が出そうです。
需給はそこまで絞れている訳ではありませんが、現在の市況を考えると初値はそれなりに上昇しそうです。

直近2020年3月期の業績は売上高45億3200万円、経常利益2億3500万円、純利益1億1400万円となっています。
※2021年3月期は第三四半期までで、売上高32億円、経常利益9800万円、純利益6300万円の進捗です。

株式会社シキノハイテック(6614)の基本情報

会社名 株式会社シキノハイテック(6614)
ホームページURL https://www.shikino.co.jp/
上場市場 JASDAQスタンダード
IPO抽選おすすめ証券会社 SBI証券マネックス証券SMBC日興証券

株式会社シキノハイテック(6614)のIPOスケジュール

ブック・ビルディング期間(需要申告期間) 3月8日(月)~3月12日(金)
公開価格決定日 3月15日(月)
購入申込期間 3月16日(火)~3月19日(金)
上場日 3月24日(水)

株式会社シキノハイテック(6614)のIPO価格と初値予想

想定価格 390円
仮条件 360円~390円
公募価格 390円
初値予想(独自) 450円~600円
初値 1,221円

株式会社シキノハイテック(6614)のIPO当選枚数

公募株数 1,150,000株
売出株数(オーバーアロットメント含む) 257,000株
当選株数 1,407,000株
※単元数は100株なので、当たりは14,070枚

株式会社シキノハイテック(6614)の大株主とロックアップ期間

氏名または名称 所有比率(%) ロックアップ期間
塚田 隆 12.76 180日間
シキノハイテック従業員持株会 10.80 180日間
浜田 満広(社長) 6.83 180日間
名古屋中小企業投資育成株式会社 6.57 180日間
ほくほくキャピタル株式会社 4.58 180日間
岸 和彦 4.55 180日間
宮本 和子 4.49 180日間
志貴野メッキ株式会社 4.46 180日間
広田 文男 3.56 180日間
宮本 幸男 3.53 180日間

株式会社シキノハイテック(6614)の総合評価

成長性
話題性
割安性
総合評価
C

※総合評価は初値の上昇余地が基準です。

おすすめの記事