【超初心者向け】誰でもわかるバイナンス でのFX のやり方

最近は株式投資やFXといった資産運用が認知されてきました。FXは特別な資格を必要とせず、誰でも手軽に始められる投資の一つとして注目されています。しかしながら、FXはレバレッジがかけられるということもあり、大きな損失を抱えて相場から退場した人も少なくありません。

国内でも法整備が進み、金融庁などに認可された国内FX会社はかなり厳選されてきました。他方、海外FX業者も増加しており、実にさまざまなFXトレードができるようになってきています。今回は日本にもたくさん進出してきた海外FX業者の中でも仮想通貨によるFX取引ができると人気のバイナンスを徹底解説していきます。

バイナンスとは?

バイナンスとは、2017年に中国で設立された取引所で、当初は仮想通貨の取り扱いで有名となりました。サービス開始半年で登録者数が600万人を超えて、今や世界一の仮想通貨取引所といわれています。

それゆえバイナンスで行うのは仮想通貨のレバレッジ取引です。もともと日本やカナダなどは導入しない予定でしたが、規制が外れて日本からでもレバレッジ取引用の取引所にアクセスできるようになりました。

かけられるレバレッジは最大で125倍となっており、現在はビットコイン(BTC)やリップル(XRP)などのアルトコインなどメジャーな仮想通貨が取引されています。公式では今後レバレッジの倍率や取り扱う通貨の拡大を目指しているようです。

バイナンスの特徴は?使いやすさは?

バイナンスは海外の取引所ということもあり、基本的に仕様が英語となっています。そのため登録や口座開設から多少の英語の読解力が求められます。その点で英語が苦手な人にとっては使いづらいサイトになっているかもしれません。

しかし、基本的な仕様については世界共通な部分があるため、注文方法などに慣れれば国内FX会社で取引するのとさして変わりません。レバレッジ取引専用のフォームに移動する必要がある点など少し手間なところはありますが、資金移動やレバレッジ倍率の選択などの操作は直感的にできるようになっています。

バイナンスの最低金額はいくらから?

バイナンスでは最大125倍のレバレッジがかけられるため少額取引も可能ですが、日本円からBTCなどの主要通貨に交換したのち、テザー(USDT)に交換するため交換手数料がかかることを理解しておくべきです。

また、どの通貨ペアを扱うかにもよっても最低金額は異なります。現在(2021年3月16日段階)、1USDTは109.26円となっています。(USDTはほぼドルと同じ値動きなのでドルを保有しているのと同じと考えて良いです。)これに対して、1BTCは611万円です。BTC/USDTは最大でレバレッジ125倍となっていますから、理論的には10USDTあれば1BTCを購入できる計算になります。

ただし、通貨の交換手数料とはまた別に、バイナンスではVIPレベルによって取引手数料が異なります。VIPレベル0の場合、メーカー注文(指値注文)では0.02%、テイカー注文(成行注文)では0.04%となっています。VIPレベルはレバレッジをかけた総額に関してこれらの手数料がかかるため、高レバレッジをかける場合はそれだけ手数料がかかることも意識しておきましょう。

バイナンスの入金方法

バイナンスでは、レバレッジ取引専用に資金を移動する必要があります。資金は取引前に移動させておく必要があります。すでにバイナンスの現物取引の口座を開設している場合は、レバレッジ取引画面の右下の注文画面に「Transfer(遷移)」というボタンがあるのでそこをクリックします。すると資金移動のページが開くので、移動したい資金額を「Amount(金額)」というところに入力し、「Confirm transfer(確認・移行)」をクリックすれば資金移動が完了します。

注意点としては、バイナンスのレバレッジ取引は原則すべてテザー(USDT)取引となっています。それゆえ、日本からだと、日本円をBTCなどの仮想通貨に資金を変更した上で、さらに資金をUSDTに変更する必要があります。すでにBTCなどをもっているならば、USDTに交換するだけで済みます。

バイナンスの購入の仕方

まずバイナンスでは、マージントレード(証拠金取引)と先物取引の2種類のレバレッジ取引ができます。マージントレードの最大レバレッジは10倍です。通貨ペアによってかけられるレバレッジは最大3倍〜10倍となっています。最大レバレッジ125倍をかけられるのは先物取引の方です。

注文方法自体は通常のFXとほぼ同様です。先物取引であれば、バイナンスの現物取引のページから「Trade(取引)」を選択し、その中から「Futures(先物)」を選択します。レバレッジ取引専用画面に移行したら、次にレバレッジの倍率を設定します。レバレッジ取引画面の左上に20xといった倍率を設定する箇所があるので、レバレッジの倍率を設定しましょう。1倍〜125倍の間で倍率設定ができます。取引したいレバレッジを決めたら、最後に「Confirm(承認)」のボタンをクリックすれば設定完了です。

あとは注文画面で、価格と数量を指定するだけで取引が完了します。「Price(価格)」のところで取引価格を、「Order Qty(取引数量)」のところに取引したい数量を入力します。あとは「Buy(買い)」もしくは「Sell(売り)」の取引を選択すれば終了です。指定した価格で購入あるいは売却したい人が現れれば注文が通ります。

バイナンスのレバレッジの種類は?

基本的にバイナンスでは24もの仮想通貨が取引できます。他の仮想通貨取引所での取り扱いが5〜10種類程度というのを考えるとバラエティ豊かな取引ができるのが魅力です。

通貨ペアはすべてUSDT建てで取引されています。その通貨ペアの中で最大125倍のレバレッジ取引が可能です。ただし、現在125倍のレバレッジ取引が可能なのはBTC/USDTの通貨ペアのみです。他の仮想通貨ペアのレバレッジ取引では、通貨ペアに応じて最大レバレッジが異なります。

バイナンスには追証はある?ロスカットはある?

バイナンスのレバレッジは最大125倍で、日本に比べると高レバレッジに感じるかもしれませんが、海外取引所では50〜100倍程度のところが多く、その中では標準的です。

またバイナンスでは、基本的に追証はありません。ロスカットの制度はありませんが、ゼロカットシステムを採用しています。ゼロカットシステムとは、相場の急変などで口座残高以上の損失が発生した場合に、損失額を海外FX業者側が負担する制度です。例えば10万円の証拠金を入れて、損失が11万円となった場合、損失分の1万円は業者側が負担するという制度です。

レバレッジが高いとその分リスクも高くなりますが、大きな借金を背負わずに済むようなシステムになっています。それゆえ、初心者でも安心してハイレバレッジの取引ができます。

バイナンスのレバレッジ変更はできる?やり方は?

高いレバレッジをかけすぎると、すぐにゼロカットシステムが生じてしまいます。レバレッジの変更も簡単です。自分に合ったレバレッジの倍率をかけることで長く相場で取引ができます。

レバレッジの変更は、売買取引同様で、取引画面の倍率部分をクリックすることで調整できます。1倍〜最大125倍までの間で好きな倍率に設定し、「承認」をクリックします。タイミングも好きなときに倍率変更できるのがバイナンスの魅力です。

注意点としては、レバレッジ取引を利用すると資金調達という手数料が発生する点です。決められた時間ごとに発生します。いわゆるスワップポイントに該当するものです。バイナンスでは8時間ごとに資金調達手数料が発生するため、これを回避するためにはこの時間になる前にポジションを全決済することになります。

バイナンスのレバレッジクイズとは?

バイナンスでは独自のルールやサービスがいくつかあります。その一つがレバレッジクイズです。口座開設した際にも初回ログイン時にクイズが出題されるようになっています。初回のクイズは5問で、間違っても選び直しが可能です。2択もしくは4択のクイズで仮想通貨に関する基本的な質問となっています。

同様にレバレッジの先物取引を行う場合にレバレッジクイズが出題されます。クイズを間違っても特に何か問題となるわけではなく、違っていることを教えてくれます。初心者に向けて知っておいてほしいことを喚起しているだけで、問題ができなくても取引自体は可能です。

バイナンス レバレッジトークンの使い方

レバレッジクイズ同様に、バイナンス特有のものとしてレバレッジトークンの存在があります。レバレッジトークンとは、原資産にレバレッジがかかっている資産変動のリスクがあるデリバティブ商品の一つです。すでに商品自体にレバレッジがかかっており、取引自体は現物取引の範疇に入ります。

いわゆる通常のレバレッジ取引と異なり、証拠金といった担保を必要とせず、精算リスクを負うこともありません。注意点としては、レバレッジトークンのレバレッジは投資家自身が選ぶことができず、一定の範囲内で変動します。また、レバレッジがかかっている商品なので、先物取引などと同様に資本調達手数料などがかかってきます。

バイナンスFXのやり方まとめ

バイナンスは海外FX業者のため、国内FX業者との違いがいくつかあります。日本語対応もしていますが、外国籍の企業のため、いざというときには英語などでやりとりする力などがあると安心して取引ができます。

海外FX業者の魅力は、なんといっても日本で適応されているレバレッジ規制がかかっていないことです。高レバレッジで資本効率を高めて利益を得ることができます。多少仕様が異なりますが、FX取引の取引自体は万国共通なので、バイナンスでの取引も慣れれば難しくはありません。

バイナンスは仮想通貨取引が世界一位の取引所で、多くのトレーダーが利用しています。その点では倒産リスクなどが低いのも魅力です。仮想通貨のレバレッジ取引をできるところは限られているので、バイナンスなどをうまく活用して資産を大きくすることを検討してみても良いかもしれません。

おすすめの記事