ランキングバナー

株式会社インバウンドテック(7031)

新規上場承認された株式会社インバウンドテック(7031)の詳細です。

マザーズ上場の中型案件(想定時価総額48.4億円、吸収金額13.5億円)です。

事業内容は「24 時間 365 日・多言語対応コンタクトセンター運営事業、セールスアウトソーシング事業」。

需給はかなり絞れていて、事業内容も今年初めまでならとても魅力的な内容なのですが、この感染症流行中では直接的に影響を受ける企業となってしまいました。

将来性はありますが、感染症流行の影響がいつ終息するか分からない中、どれだけ買いが入るかの判断が難しい企業です。

需給的にはほぼほぼ公募価格割れはしないと思いますが、初値の大幅な高騰もなさそうな感じではあります。

直近2020年3月期の業績は売上高29億8300万円、経常利益2億1100万円、純利益1億4100万円となっています。
※2021年3月期は第二四半期までで、売上高9億1300万円、経常利益1億6900万円、純利益1億4100万円という進捗です。

株式会社インバウンドテック(7031)の基本情報

会社名 株式会社インバウンドテック(7031)
ホームページURL https://www.inboundtech.co.jp/
上場市場 マザーズ
IPO抽選おすすめ証券会社 SBI証券

株式会社インバウンドテック(7031)のIPOスケジュール

ブック・ビルディング期間(需要申告期間) 12月3日(木)~12月9日(水)
公開価格決定日 12月10日(木)
購入申込期間 12月11日(金)~12月16日(水)
上場日 12月18日(金)

株式会社インバウンドテック(7031)のIPO価格と初値予想

想定価格 5,700円
仮条件 5,200円~5,700円
公募価格 5,700円
初値予想(独自) 6,000円~6,500円
初値 7,300円

株式会社インバウンドテック(7031)のIPO当選枚数

公募株数 186,200株
売出株数(オーバーアロットメント含む) 50,900株
当選株数 237,100株
※単元数は100株なので、当たりは2,371枚

株式会社インバウンドテック(7031)の大株主とロックアップ期間

氏名または名称 所有比率(%) ロックアップ期間
(株)a2media 20.99 90日間
1.5倍
下大薗豊 13.83 180日間
(株)グローバルキャスト 10.41 90日間
1.5倍
アイビスAM投資事業組合 7.59 90日間
1.5倍
(株)光通信 7.15 90日間
1.5倍
(株)アクセル 7.15 90日間
1.5倍
金子将之 4.94 180日間
(株)ベクトル 4.49 90日間
1.5倍
ソケット(株) 4.49 90日間
1.5倍
東間大(社長) 3.92 180日間

株式会社インバウンドテック(7031)の総合評価

成長性
話題性
割安性
総合評価

※総合評価は初値の上昇余地が基準です。

おすすめの記事