ランキングバナー

株式会社セキュア(4264)

新規上場承認された株式会社セキュア(4264)の詳細です。

マザーズ上場の小型案件(想定時価総額39.9億円、吸収金額6.69億円)です。

事業内容は「法人向け入退室管理及び監視カメラシステムの提供等」。

顔認証で入退室管理ができるシステムを企業向けに提供している会社です。
AIやクラウドを活用した技術を用いていて、IPOテーマとして人気化しそうな「AI」「クラウド」関連銘柄でもあります。

売上は順調に増加しています。
需給面では小型案件の割に少し公開株数が多い印象です。

また、「AI」「クラウド」関連とはいえ、事業内容が入退室管理や監視カメラシステムという少し地味な部類なので、総合的に考えると初値は小幅な上昇でおさまりそうです。

直近2020年12月期の業績は売上高27億9000万円、営業利益3600万円、純利益3300万円となっています。
※2021年12月期は第三四半期までで、売上高25億500万円、営業利益1億3500万円、純利益1億800万円という進捗です。

株式会社セキュア(4264)の基本情報

会社名 株式会社セキュア(4264)
ホームページURL https://secureinc.co.jp/
上場市場 マザーズ
主幹事証券会社 SMBC日興証券
その他IPO抽選おすすめ証券会社 SBI証券SMBC日興証券楽天証券

株式会社セキュア(4264)のIPOスケジュール

ブック・ビルディング期間(需要申告期間) 12月10日(金)~12月16日(木)
公開価格決定日 12月17日(金)
購入申込期間 12月20日(月)~12月23日(木)
上場日 12月27日(月)

株式会社セキュア(4264)のIPO価格と初値予想

想定価格 870円
仮条件 未定
公募価格 未定
初値予想(独自) 910円~1,000円
初値 未定

株式会社セキュア(4264)のIPO当選枚数

公募株数 449,000株
売出株数(オーバーアロットメント含む) 320,300株
当選株数 769,300株
※単元数は100株なので、当たりは7,693枚

株式会社セキュア(4264)の大株主とロックアップ期間

氏名または名称 所有比率(%) ロックアップ期間
合同会社LYON 30.44 180日間
谷口 辰成(社長)  11.25 180日間
谷口 喆成 10.26 180日間
谷口 才成 10.22 180日間
CBC株式会社 5.18 180日間
グローバル・タイガー・ファンド3号投資事業有限責任組合 4.94 90日間
1.5倍
i-nest1号投資事業有限責任組合 3.41 90日間
1.5倍
株式会社ブロードバンドタワー 3.41 180日間
株式会社東邦銀行 2.73 180日間
株式会社KAWASHIMA 2.73 180日間

株式会社セキュア(4264)の総合評価

成長性
話題性
割安性
総合評価
C

※総合評価は初値の上昇余地が基準です。

おすすめの記事