初心者におすすめ証券会社ランキング

ランキング1位

SBI証券無料口座開設

手数料最安!取り扱い商品豊富
ランキング2位

楽天証券

楽天証券無料口座開設

手数料最安!楽天ポイントたまる
3位

松井証券

松井証券無料口座開設

50万円以下は手数料無料

住信SBIネット銀行株式会社(7163)

※3月7日に上場中止が発表されました。
理由は「ウクライナ情勢の影響や最近の市場動向などの環境変化を勘案した」結果ということ。

 

新規上場承認された住信SBIネット銀行株式会社(7163)の詳細です。

東証1部上場の超大型案件(想定時価総額2,999.9億円、吸収金額796.9億円)です。

事業内容は「インターネット専業銀行」。

三井住友信託銀行とSBIホールディングスの折半出資による、インターネット専業銀行です。
店舗を持たないインターネット専業という点を活かして、住宅ローンに強い銀行です。

口座数、業績は順調に伸ばしてきています。
ただし、超大型案件ということもあり需給的に厳しいものがあります。

公募価格割れの可能性が高く、初値が上がったとしても小幅な上昇になるでしょう。

直近2021年3月期の業績は経常利益207億円、純利益139億円となっています。
※2022年3月期は第三四半期までで、経常利益169億円、純利益130億円という進捗です。

住信SBIネット銀行株式会社(7163)の基本情報

会社名 住信SBIネット銀行株式会社(7163)
ホームページURL https://www.netbk.co.jp/contents/
上場市場 東証1部
主幹事証券会社 野村證券
その他IPO抽選おすすめ証券会社 SBI証券SMBC日興証券

住信SBIネット銀行株式会社(7163)のIPOスケジュール

ブック・ビルディング期間(需要申告期間) 3月8日(火)~3月11日(金)
公開価格決定日 3月14日(月)
購入申込期間 3月15日(火)~3月18日(金)
上場日 3月24日(木)

住信SBIネット銀行株式会社(7163)のIPO価格と初値予想

想定価格 1,920円
仮条件 未定
公募価格 未定
初値予想(独自) 1,800円~2,000円
初値 未定

住信SBIネット銀行株式会社(7163)のIPO当選枚数

公募株数 5,453,500株(国内募集:3,272,100株)
売出株数(オーバーアロットメント含む) 63,725,000株(国内売出:32,821,200株、国内OA:5,413,800株)
当選株数 69,178,500株(国内:41,507,100株)
※単元数は100株なので、当たりは415,071枚

住信SBIネット銀行株式会社(7163)の大株主とロックアップ期間

氏名または名称 所有比率(%) ロックアップ期間
三井住友信託銀行(株) 50.00 180日間
SBIホールディングス(株)  50.00 180日間

住信SBIネット銀行株式会社(7163)の総合評価

成長性
話題性
割安性
総合評価

※総合評価は初値の上昇余地が基準です。

おすすめの記事