ランキングバナー

株式会社東京通信(7359)

新規上場承認された株式会社東京通信(7359)の詳細です。

マザーズ上場の中型案件(想定時価総額61.7億円、吸収金額14.3億円)です。

事業内容は「アプリ事業、広告代理事業、その他」。

ハイパーカジュアルアプリと呼ばれる、アプリ内の広告収益がビジネスモデルのアプリや、広告代理店事業を行っています。

事業内容としては数年前にも流行ったような内容なので、そこまで目新しさはありません。
ですが、会長職にある外川譲氏はサイバーエージェントの子会社であるCAモバイル(現:CAM)の社長も務めていた人物で、同社を当時のサイバーエージェントグループの利益の稼ぎ頭に成長させました。そのような人物なので、東京通信での今後の展開が楽しみです。

需給もそれなりなので、初値はそこそこの高値を付けそうです。

直近2019年12月期の業績は売上高16億4000万円、経常利益2億6800万円、純利益1億4500万円となっています。
※2020年12月期は第三四半期までで、売上高16億5900万円、経常利益2億9900万円、純利益1億3800万円という進捗です。

株式会社東京通信(7359)の基本情報

会社名 株式会社東京通信(7359)
ホームページURL https://tokyo-tsushin.com/
上場市場 マザーズ
IPO抽選おすすめ証券会社 SBI証券マネックス証券楽天証券松井証券

株式会社東京通信(7359)のIPOスケジュール

ブック・ビルディング期間(需要申告期間) 12月8日(火)~12月14日(月)
公開価格決定日 12月5日(火)
購入申込期間 12月16日(水)~12月21日(月)
上場日 12月24日(木)

株式会社東京通信(7359)のIPO価格と初値予想

想定価格 1,250円
仮条件 1,200円~1,250円
公募価格 1,250円
初値予想(独自) 1800円~2,300円
初値 2,484円

株式会社東京通信(7359)のIPO当選枚数

公募株数 610,000株
売出株数(オーバーアロットメント含む) 540,000株
当選株数 1,150,000株
※単元数は100株なので、当たりは11,500枚

株式会社東京通信(7359)の大株主とロックアップ期間

氏名または名称 所有比率(%) ロックアップ期間
株式会社YSホールディングス 62.15 90日間
株式会社monolice 9.75 90日間
外川 穣(会長) 9.37 90日間
古屋 佑樹(社長) 7.12 90日間
SHINOSKAL合同会社 2.27 90日間
村野 慎之介 2.27 90日間
株式会社セレス 1.81 90日間
1.5倍
寺山 隆一 1.46 90日間
1.5倍
サンエイト・PS1号投資事業組合 0.85 90日間
1.5倍
みずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合 0.62

株式会社東京通信(7359)の総合評価

成長性
話題性
割安性
総合評価

※総合評価は初値の上昇余地が基準です。

おすすめの記事