【超初心者向け】大森屋の株の購入の仕方と株主優待について

株式はじめ
誘惑のふりかけ知ってる?

にゃんこ先生
今話題のやつだにゃ

株式会社大森屋は、のりを主力商品として、その他ふりかけやお茶漬けなどを販売している食品メーカーです。

加工のりメーカーとしては唯一の上場企業であり、三菱商事、伊藤忠向けが売上の6割程度を占めていてコンビニ向け商品が大半です。

1927年創業、1955年に株式会社大森屋を設立。

19956月に株式を店頭公開し、200412月にジャスダックに上場しました。

現在もJASDAQスタンダードに上場していて、証券コードは「2917」です。

ここからは、大森屋の株について詳しく紹介していきます。

大森屋の今後の株価予想について

ここでは、大森屋の株価が今後どうなっていくのかについて考えてみましょう。

まず、そもそもとして大森屋の株は投資家にそんなに人気がありません。

一日の出来高も数千株というのが当たり前です。

1単元あたり100株なので、仮に9000株の出来高があったとしても1日90回しか取引されていないことになります。

大森屋は1日の出来高が数百株ということも珍しくないので、あまり投資家に見向きされていないということは一目瞭然です。

出来高が少ないということは、通常は1日で株価はそんなに動きません。反対にいえば、何かのきっかけで出来高が増えて一気に株価が上がるということもあり得ます。

では、過去5年のチャートを見てみましょう。

yahoo.co.jpより(参考:yahooフィナンス)

 

全体的には株価は下落傾向にあります。

注目していただきたいのは、株価レンジが変わるとしばらくそこでほぼ株価が動かないということです。

直近は感染症のショックもあり株価が大きく動いていますが、基本的には800円近辺が現在のレンジだと見て取れます。

しばらくはこの800円近辺で推移し、何かのニュースがあれば一時的に900円まで上昇の余地があるといった感じでしょうか。

基本的には上がっても800円までと思っておけばいいでしょう。

大森屋の株主優待と配当について

株式会社大森屋は株主優待を実施していて、権利確定日(権利付日)と優待内容は以下のようになっています。

大森屋は株主優待

・権利確定月:9月末

・優待内容:6000円相当の自社製品

・優待対象者:1000株以上の株主

株式会社大森屋は配当も行っていて、20209月期は1株あたり年間15円(期末配当のみ)の配当でした。

20219月期は1株あたり年間15円(期末配当のみ)の配当を予想しています。 

大森屋の株の購入の仕方

 

ここでは、大森屋の株の買い方と売り方について、株式投資初心者にも分かりやすく説明します。

大森屋株の買い方

1、証券会社の株式取引ツール(管理画面)にログイン。

2、銘柄検索で「大森屋」「2917」などで検索。

3、「現物買」もしくは「信用新規買」を選択。※信用買いの場合は、「制度信用」もしくは「一般信用」を選びます。

4、買いたい株数を入力。

5、買いたい金額を指定したい場合は「指値」にチェックを入れて金額を入力。その時に出ている売り注文の一番低い金額で買う場合は「成行」にチェックを入れる。

6、期間を「当日中」もしくは指定したい場合は指定して入力。(証券会社によって指定できる期間は多少変わります)

7、「注文」ボタンを押せば注文完了。

8、「成行注文」の場合はすぐに約定。「指値注文」の場合は株価が指定した金額になれば約定となります。