バイナリーオプションは取引方法がシンプルでわかりやすいため、投資初心者にも人気のサービスです。しかし、バイナリーオプションで継続的に勝つのは難しいと言われており、軽い気持ちで始めるのはおすすめしません。

この記事では、バイナリーオプションで勝てない理由や、勝つためにやるべきことなどを解説します。バイナリーオプションのサービスが気になっているという方や、既に始めているもののなかなか勝てないという方は、ぜひ参考にしてください。

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは、外国為替や株価指数などを対象にした取引のことで、一定時間後の価格が指定した価格よりも上回るか下回るかを予測する取引です

上か下かどちらかのチケットを購入し、判定時刻になった際に予測通りであれば利益を得られます。仮に予測が外れてしまった場合は、チケット購入金額の全額が損失となります。なお、チケットは判定時間を待たずに売却することも可能です。

バイナリーオプションは1,000円程度といった少額から取引が可能で、損失はチケット購入金額に限定されます。そのため、株式投資やFXのように、保有中に損失が膨らむことはありません。しかし、上か下かの二択というシンプルな取引であることにより、次々と取引を繰り返してしまう可能性があります。きちんとリスクを把握してから取引を行いましょう

バイナリーオプションに勝てなかった人が勝てるようになるきっかけ

バイナリーオプションは、簡単に言えばトランプの「ハイアンドロー」のようなものです。取引方法はシンプルですが、バイナリーオプションには細かいルールも多く、相手は為替市場となります。そのため、決して簡単に勝てる取引ではありません。実際に、バイナリーオプションでなかなか勝てずにやめてしまった方も多いのではないでしょうか。

バイナリーオプションで勝てない人には、以下のような特徴があるかもしれません。

・根拠のないエントリーを繰り返している

・資金管理が疎かになっている

・自身のトレードを振り返らない

逆に言えば、これらを改善すれば勝てるようになる可能性があります。

根拠のないエントリーはただのギャンブルと言っても過言ではないため、テクニカル分析などを活用し、理論的に説明できる取引を行いましょう。

テクニカル指標には「トレンド系」や「オシレーター系」などがあり、使いこなすためにはしっかり勉強しなければなりません。テクニカル分析をうまく活用できれば、理論的な取引を実現できるため、勝率が上がる可能性があるでしょう。

資金管理に関しては、一回の取引金額や利確・損切りタイミングなどのルールを徹底することで、勝率が上がる可能性もあります。一回の取引に一喜一憂し、負けを取り戻すために取引金額を増やしてしまうなど、感情的な取引を行うのは絶対にやめましょう。

また、取引を行ったら、自身のトレードを必ず振り返りましょう。良かった点や悪かった点をしっかり復習し、次の取引に活かすことが大切です。トレードを振り返りつつ経験を積んでいくことで、トレードスキルも向上し、勝率アップにつながるでしょう。

バイナリーオプションで勝つための秘策は?

バイナリーオプションは、最初から高い勝率を維持できるほど簡単ではありません。勝てるようになるためには、地道に勉強して知識を身に付け、経験を積むことが一番の近道です。では、勝率を上げるためには何を勉強したらよいのでしょうか。

結論としては、「テクニカル分析」について勉強することをおすすめします。テクニカル分析は、テクニカル指標を正しく使いこなすことで精度を高められます。とはいえ、テクニカル指標と言っても種類が豊富なため、どの指標について勉強すればよいかわからないという方もいるでしょう。

トレンド系指標では「移動平均線」や「一目均衡表」、「ボリンジャーバンド」などがおすすめです。オシレーター系指標では「RSI」や「ストキャスティクス」などについて勉強するとよいでしょう。

ただし、インターネットやSNS上ではでたらめな解説が多いことに注意が必要です。テクニカル指標の間違った使い方を覚えても、うまく機能しない可能性が高いでしょう。そのため、テクニカル分析について勉強する際は、情報元が信頼できるサイトや書籍などを利用しましょう。

具体的には、大手証券会社などの金融機関が運営するサイトを利用するとよいでしょう。書籍であれば、投資関連の翻訳書などを多数刊行している「パンローリング社」の投資本などがおすすめです。

現実的にバイナリーオプションで勝っている人の割合は?

バイナリーオプションは、単純に考えれば勝率は50%だと思う方もいるでしょう。たしかに、一回の取引において判定時刻での為替レートが上か下かの二択であることを考えれば、勝率は50%であると言えます。

しかし、実際は複数回の取引を行うケースが多く、判定時刻を待たずに損切り(ロスカット)するケースも考えられるため、勝率が50%とは言えなくなります。

例えば、楽天証券が202238日に開示している「バイナリーオプション取引(らくオプ)の月次取引実績」によると、取引状況は以下のようになっています。

 

年月 支払総額に対する

受取総額の割合

取引口座に対する

損失発生口座の割合

20209 97.30 74.86
202010 96.46 83.95
202011 86.19 87.11
202012 87.87 83.28
20211 82.22 85.41
20212 87.09 84.80
20213 86.58 84.03
20214 91.72 82.14
20215 89.43 83.05
20216 90.30 82.77
20217 88.74 85.04
20218 87.08 84.43
20219 91.05 84.58
202110 85.83 83.21
202111 94.10 80.38
202112 92.35 83.01
20221 88.18 82.99
20222 92.93 79.70

(引用元:楽天証券株式会社 バイナリーオプション取引(らくオプ)の月次取引実績

表の「損失発生口座」とは、月中の通算損益が損失となった口座数です。損失発生口座の割合を見ると、80%以上の口座が損失となっていることが分かります。楽天証券では、バイナリーオプションで勝っている人の割合が2割にも満たない月が大半です。

バイナリーオプションまとめ

バイナリーオプションの取引方法はシンプルなため、初心者でも始めやすいサービスだと言えます。しかし、実際にバイナリーオプションで安定した利益を上げるのは難しく、8割以上の投資家が負けているのが現状です。そのため、軽い気持ちで取引を繰り返すと資産を減らしてしまう可能性が高いでしょう。バイナリーオプションで勝てるようになるには、しっかり勉強しつつ、経験を積むことが一番の近道です。

おすすめの記事