日通システム株式会社(4013)のIPO~初値予想と新規上場情報~

日通システム株式会社(4013)

新規上場承認された日通システム株式会社(4013)の詳細です。

マザーズ上場の大型案件(想定時価総額289.3億円、吸収金額82.8億円)です。

事業内容は「統合HRM ソリューションの開発・販売・サポートまでの一貫したソリューションサービスの提供」。

人材ソリューションシステムをクラウドやソフトウェアで提供しているシステム会社です。

IPOで人気のクラウド関連です。
直近の業績も伸びていて、まだまだクラウド関連の売上も伸ばす余地があり人気の出そうな案件です。

懸念は大型案件なので公開株数がそれなりに多いことでしょうか。

ただし、直近のIPOの活況を見ると初値はそれなりに高騰しそうです。

直近2019年12月期の業績は売上高31億8900万円、経常利益4億6000万円、純利益3億3200万円となっています。
※2020年12月期は第二四半期までで、売上高17億6600万円、経常利益3億4600万円、純利益2億2800万円という進捗です。

日通システム株式会社(4013)の基本情報

会社名 日通システム株式会社(4013)
ホームページURL https://www.nittsusystem.co.jp/
上場市場 マザーズ
IPO抽選おすすめ証券会社 SBI証券

日通システム株式会社(4013)のIPOスケジュール

ブック・ビルディング期間(需要申告期間) 9月25日(金)~10月1日(木)
公開価格決定日 10月2日(金)
購入申込期間 10月5日(月)~10月8日(木)
上場日 10月13日(火)

日通システム株式会社(4013)のIPO価格と初値予想

想定価格 2,880円
仮条件 2,880円~3,000円
公募価格 3,000円
初値予想(独自) 3,400円~3,800円
初値 5,500円

日通システム株式会社(4013)のIPO当選枚数

公募株数 2,500,000株
売出株数(オーバーアロットメント含む) 375,000株
当選株数 2,875,000株
※単元数は100株なので、当たりは28,750枚

日通システム株式会社(4013)の大株主とロックアップ期間

氏名または名称 所有比率(%) ロックアップ期間
エヌイーシステムサービス(株) 47.51 90日間
日通システム持株会 19.53 180日間
加村 稔(社長) 12.59 90日間
MK(株) 7.29 90日間
三菱UFJキャピタル(株) 5.96 90日間
1.5倍
國井 達哉 2.43 90日間
加村 光子 2.12 90日間
加村 光造 0.62 90日間
西垣 延夫 0.48 90日間
鷲尾 康史 0.33 90日間

日通システム株式会社(4013)の総合評価

成長性
話題性
割安性
総合評価
C

※総合評価は初値の上昇余地が基準です。

おすすめの記事