株式会社ファブリカコミュニケーションズ(4193)のIPO~初値予想と新規上場情報~

株式会社ファブリカコミュニケーションズ(4193)

新規上場承認された株式会社ファブリカコミュニケーションズ(4193)の詳細です。

JASDAQスタンダード上場の中型案件(想定時価総額119億円、吸収金額32.3億円)です。

事業内容は「業務支援システム開発・販売事業、SMS 配信ソリューション事業、インターネットメディア事業、WEB マーケティング事業、自動車整備・レンタカー事業」。

自動車整備やレンタカーなど様々な事業を行っていますが、中心はインターネット関連事業です。
祖業が板金塗装業ということもあり、車関係のインターネットサービスを数多く展開しています。

このIPOのいい点は、需給が絞れているということです。
当選数が10000未満ということで、これは有無を言わさず高値を付ける傾向にあるIPOです。

是非申込したいIPO案件です。

直近2020年3月期の業績は売上高39億300万円、経常利益3億4100万円、純利益1億1300万円となっています。
※2021年3月期は第三四半期までで、売上高34億8900万円、経常利益4億5300万円、純利益2億9400万円の進捗です。

株式会社ファブリカコミュニケーションズ(4193)の基本情報

会社名 株式会社ファブリカコミュニケーションズ(4193)
ホームページURL https://www.fabrica-com.co.jp/
上場市場 JASDAQスタンダード
主幹事証券会社 東海東京証券
その他IPO抽選おすすめ証券会社 SBI証券SMBC日興証券楽天証券松井証券岡三オンライン証券マネックス証券

株式会社ファブリカコミュニケーションズ(4193)のIPOスケジュール

ブック・ビルディング期間(需要申告期間) 3月23日(火)~3月29日(月)
公開価格決定日 3月30日(火)
購入申込期間 3月31日(水)~4月5日(月)
上場日 4月7日(水)

株式会社ファブリカコミュニケーションズ(4193)のIPO価格と初値予想

想定価格 5,500円
仮条件 5,500円~6,000円
公募価格 6,000円
初値予想(独自) 9,000円~11,000円
初値 6,900円

株式会社ファブリカコミュニケーションズ(4193)のIPO当選枚数

公募株数 100,000株
売出株数(オーバーアロットメント含む) 488,200株
当選株数 588,200株
※単元数は100株なので、当たりは5,882枚

株式会社ファブリカコミュニケーションズ(4193)の大株主とロックアップ期間

氏名または名称 所有比率(%) ロックアップ期間
株式会社カービュー 30.34 180日間
株式会社インディゴベース 13.28 180日間
谷口 政人(社長) 11.56 180日間
奥岡 征彦 8.96 180日間
近藤 智司 8.40 180日間
株式会社SKコーポレーション 5.04 180日間
株式会社新東通信 2.60 180日間
1.5倍
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 1.56 180日間
1.5倍
株式会社エフケイ 1.56 180日間
1.5倍
シナノベンチャーレーシング合同会社 1.56 180日間
1.5倍
株式会社リバークレイン 1.56 180日間
1.5倍
信濃 孝喜 1.56 180日間
1.5倍

株式会社ファブリカコミュニケーションズ(4193)の総合評価

成長性
話題性
割安性
総合評価
S

※総合評価は初値の上昇余地が基準です。

おすすめの記事