ランキングバナー

LINE証券は、普段利用しているスマホのLINEアプリから気軽に投資を始められます。
通常の証券会社では、スマホに専用アプリをインストールする必要がありますが、LINE証券なら使い慣れたLINEアプリで株式の選択から購入まで簡単にできるのです。

この記事では、LINE証券の特徴とキャンペーンなどについて解説します。

LINE証券の特徴


(出典:LINE証券

最初に、LINE証券の特徴について解説します。

スマホで口座開設ができる

LINE 証券では、口座開設をスマホだけで完結できます。パソコンを用意したり、郵送による書類のやり取りを行なったりする必要がありません。
そして、情報の入力や本人確認はスマホだけで完結するので、最短翌営業日から取引が可能です。

ただし、マイナンバー通知カードやマイナンバー個人番号カード、運転免許証が必要になるので注意が必要です。

投資初心者でも投資しやすい

株や投資信託を買ってみたいけれど、大きな金額を投資するのは怖いという人も多いでしょう。しかし、LINE証券なら株は1株から、投資信託は100円から購入できます。

また現金を使わずに、LINE ポイントを使って投資することも可能です。まずはポイントを使って株や投資信託を購入してみるのもオススメです。

LINE証券のメリット

株式の取引方法を3つから選べる

LINE証券では、株式の取引方法を以下の3つから選択できます。

現物取引

通常の株取引は、100株単位での取引になります。たとえば、株価1,000円の株なら、最低購入価格は10万円(1,000円×100株)になります(手数料などは考慮せず)。配当や株主優待を狙う場合は通常の現物取引が適しています。

信用取引

少ない資金で大きく投資(レバレッジ取引)できます。また、買いだけでなく売りでも利益を狙えるという特徴があります。ただし、リスク管理をきちんとしないと、大きな損失がでる恐れがあるので注意が必要です。

いちかぶ(単元未満株)取引

通常の現物取引は100株単位の取引となりますが、LINE 証券では、1株から株式を購入できます。たとえば株価が3,000円の場合、通常の現物取引では30万円(3,000円×100株)の資金が必要になりますが、いちかぶ取引なら3,000円で取引できるのです。(手数料などは考慮せず)
また、1株でも配当金を受け取れたり、条件を満たせば株主優待も受け取ったりすることが可能です。

いちかぶ取引の特徴

LINE 証券で取引する大きなメリットである「いちかぶ取引」について詳しく解説します。

少額から投資できる

いちかぶ取引は、少額で株式を購入したいと考えている投資家にぴったりの取引。数百円で購入できる銘柄もあるからです。そして10万円程度の資金でも、複数の銘柄に投資できるのです。

取扱銘柄が豊富

新興市場や中小型株語を含め、1,000銘柄以上の株を取引できます。
証券取引所に上場しているすべての銘柄を取引できるわけではありませんが、時価総額ベースで国内株式の約88%をカバーしています。ソニーグループ(9984)やソフトバンクグループ(9984)、キヤノン(7751)など多くの有名企業に投資できるのです。

取引時間が長い

通常の株式取引の場合、9:00~11:30、12:30~15:00と取引時間が決まっています。
しかし、LINE証券では11:30~12:30、17:00~21:00まで取引できる銘柄もあります。
昼休みや帰宅後に株取引ができるというのは、LINE証券で取引する大きなメリットです。

リアルタイムで取引できる

他のネット証券でも単位未満株の取引はできますが、リアルタイムで取引することはできません。しかし LINE 証券では、市場の値動きを確認しながらリアルタイムで取引・約定できます。リアルタイムで単元未満株取引をできるのは、LINE 証券だけです。

LINE証券では厳選された投資信託を購入できる

株式ではなく、投資信託から投資を始めようと考えている人もいると思います。投資信託とは顧客から集めたお金を1つの大きな資金としてまとめ、運用の専門家であるファンドマネージャーが、債券や株式などに投資・運用する金融商品です。

ただ投資信託は6,000以上あるので、どれを選べばいいのか迷う人も多いでしょう。しかし、LINE 証券ではプロが厳選した32銘柄のみで、LINE 証券が本当にオススメできる投資信託のみに絞られています。また、LINE 証券でしか買えないオリジナルの投資信託もあります。

投資信託を利用すれば、最低100円という少額の資金で、日本や世界の株式や債券に分散投資できるのです。さらに、毎月1,000円から自動積立が可能です。少額からコツコツ積立投資でき、たまったLINEポイントを利用することもできます。

LINE証券は投資情報も充実している

LINE 証券では、投資情報も充実しています。銘柄を選択するとき、「高配当利回り銘柄」や「好業績予想銘柄」「人気優待銘柄」など20種類以上のカテゴリーから自分の欲しい株式を見つけることが可能です。

さらに、決算速報も便利です。企業の決算発表の内容をわかりやすいレポートにし、LINE で通知がきます。そして、AI(人工知能)による株価トレンドの予想もついているので、銘柄選択の参考になります。

もちろん、ファンダメンタルズ情報も充実。企業の業績やニュースはもちろん、PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)といったファンダメンタルズ情報も確認できるのです。

LINE証券はキャンペーンがお得

LINE証券にはお得なキャンペーンがあります。現在、申し込めるキャンペーンを紹介します(2021年11月時点)。

株のタイムセール


(出典:LINE証券

LINE証券では、「株のタイムセール」など独自のキャンペーンを実施しています。「株のタイムセール」では、対象銘柄を3%、5%、7%の割引価格で購入することができます。1日のタイムセールで、1人1銘柄、銘柄ごとに決められた購入上限株数まで購入できるのです。

対象銘柄は最低5銘柄が選定され、買付手数料がかからないというのも嬉しいポイント。たとえば、株価10,000円の銘柄を7%オフで2株買った場合、通常は2万円+取引コストがかかりますが、18,600円で済むのです。

タイムセール開催のスケジュール

タイムセールの開催に関しては、LINE 証券の LINE 公式アカウント、もしくは公式Twitter から知らせがきます。タイムセールのスケジュールは、以下の通りです。

■当日16時:開催告知と対象銘柄の発表

■17時~19時:17時からタイムセール開始。対象銘柄を、最大7%オフの割引価格で購入できます。

■21時:約定
注文代金は、21時以降に引き落としとなります。ただし残高が足りない場合は注文が失効となってしまうので、注文時に必要な資金を用意しておくようにしてください。対象銘柄は、毎回5銘柄以上が設定されます。ただし、取扱上限数に達した場合はタイムセールが終了になるので、購入したい株があるときは早めに注文をだしておくようにしてください。

アフタヌーンセール


(出典:LINE証券

毎月おこなわれている「アフタヌーンセール」。今回は、11月のキャンペーンについて解説します。アフタヌーンセールでは、対象銘柄が取引コスト0円で何度でも取引できます。セール開催日に口座開設している方が参加可能です。対象となる銘柄については、投資家の投票によって決められます。

初株チャンス


(出典:LINE証券

2020年3月5日からおこなわれているキャンペーンで、簡単なクイズと取引で特典がもらえるお得なキャンペーンです。LINE証券の口座開設とクイズの正解で、最大3,000円相当の株がタダで買えます。クイズは2問で、全問正解すれば3株分の購入代金をプレゼント。1問正解でも2株分の購入代金をもらえます。

また、口座開設の翌月末までの限定企画として、株式を1万円分購入すれば現金1,000円がキャッシュバックされます。キャンペーンの受け取りにはエントリーが必要なので、忘れないようにしてください。

友だち招待プログラム


(出典:LINE証券

2020年11月からおこなわれているキャンペーン。招待URLから友だちがLINE証券に口座を開設すると、LINEポイント(500ポイント)がもらえます。最大100人分の LINE ポイントがもらえるので、MAX50,000ポイントがもらえるお得なキャンペーンです。

さらに、毎月招待が多い10人に10,000ポイントが付与されます。

FX口座開設&1取引キャンペーン


(出典:LINE証券

2020年3月からおこなわれているキャンペーンです。FX 口座を開設し、取引期間中に新規取引を実施すると、最大5,000円のプレゼントがもらえます。通貨ペアはドル円やユーロドルなどどれでも大丈夫で、条件は以下の通りです。

・1,000~10,000通貨:1,000円
・10,000通貨以上:5,000円

1,000通貨単位の取引でも合計が1万通貨以上になれば、5,000円付与の対象となります。

LINE証券のデメリット

LINE証券のデメリットについても解説します。

大口取引がしにくい

LINE 証券では投資できる金額が各銘柄最大1,000万円と決められています。少額取引には有利な証券会社ですが、大きな資金を投資したい人、1つの銘柄に集中投資したい人には向いていないのです。

投資初心者の人は少額での取引をLINE証券で始め、まとまった資金を運用したい場合は、SBI 証券や楽天証券などほかのネット証券を利用するようにしてください。

NISA口座に対応していない

LINE 証券では NISA 口座に対応していません。NISAとは、2014年1月にスタートした投資家のための税制優遇制度です。NISA口座を利用すれば最大5年間、120万円までの非課税投資枠が設定され、株式や投資信託などの配当や譲渡益が非課税になります。

NISA口座を利用したい場合は、ほかの証券会社に口座を開く必要があるのです。

LINE証券は放置でももうかるのか

LINE 証券は少額で投資できるので、損失を抑えることができます。しかし、株や投資信託は元本が保証された金融商品ではありません。きちんとリスク管理できていなければ、損失が出る恐れもあるのです。

ただ、幅広い銘柄に分散投資しておけば損失を抑えることができます。分散投資とは、投資対象を多様化させることで、投資に伴う価格変動リスクを低くし、好リターンを目指す方法です。

すべての資産を一つの銘柄や投資信託に集中させると、運用がうまくいかなかったときの損失は大きくなります。しかし、複数の資産に分散投資しておけば、ひとつの銘柄が下がっても他の資産でカバーできる可能性があり、安定的な収益が期待できるのです。

分散投資の方法

分散投資には、主に次の3つの方法があります。

地域の分散

国内と海外、欧州と米国、新興国と先進国など複数の国や地域に投資する方法です。外国の債券や株式で運用する投資信託を利用することでも、地域の分散は可能です。

商品の分散

債券や株式、投資信託など、複数の金融商品に投資することです。国内外の債券や株式などに幅広く投資することでも商品の分散になります。

時間の分散

毎月1万円など一定額を投資することで、一時的な価格変動リスクを軽減させる効果が期待できます。積み立てる商品や銘柄を多くすれば、さらなる分散効果が期待できます。

通常の株式を複数買うのは、ある程度まとまった資金が必要ですが、LINE証券を利用すれば、1株から少額で複数銘柄購入できるので、分散投資も可能です。リスクを抑えるため、ひとつの銘柄に集中投資するのではなく、複数の銘柄に分散するようにしてください。

まとめ

LINE証券は少額から株式投資できるので、投資初心者でも取引しやすい証券会社です。

ただ、株や投資信託などは元本が保証されているわけではありません。株を買って放置しておけば儲かるというものではないのです。少額の投資でも複数の銘柄に分散投資するなど、リスク管理をきちんとするようにしてください。

おすすめの記事