【簡単】ビットコインや仮想通貨の始め方

【簡単】ビットコインや仮想通貨の始め方

ビットコインや仮想通貨はまだ投資したことがない方にとって、ハードルが高く感じてしまいます。

また、さまざまなニュースや噂が行き交っており、ほんとに投資をしていいものなのか迷っている人も少なくありません。

仮想通貨の投資の始め方は他の投資とそこまで変わらないため、ハードルが高いわけではありません。

手順をしっかり押さえればあっという間に仮想通貨取引を始められます。しかし、具体的にどのように始めたら良いのか想像がつきにくいですよね。

そこで、ここからはビットコインをかけて仮想通貨取引の始め方を紹介します。

ステップ1:口座に必要なものを用意する

まずは仮想通貨取引所の口座を開設しますが、口座開設に必要なものがあります。

取引上の口座開設に必要なものは下記の通りです。

・登録に必要な端末(PCかスマートフォン)
・銀行口座
・本人確認書類1つ

基本的に上記のものを用意していれば、仮想通貨取引所の開設はスムーズに済みます。本人確認書類は運転免許証やマイナンバーカード、パスポートを用意しておけば問題ありません。

ステップ2:仮想通貨取引所の口座を開設する

口座開設に必要なものを用意したら、その後は取引所の開設に移行します。まずは開設したい取引所の公式サイトに行きます。

公式サイトから取引所の開設手続きを進めると、メールアドレスの入力から始めます。メールアドレスを入力すると、メールアドレス宛に登録の案内メールが届きます。

メールに記載されているURLから本登録のフォーム画面に入り、必要な情報を入力。主に記載を要求される項目は下記の通りです。

・名前
・住所
・性別

生年月日や住所は本人確認書類と同じでなければいけないため、本人確認書類と同じ情報を記載しているか確認しましょう。

また基本事項を入力した後は、本人確認書類をアップロードします。本人確認書類はスマートフォンで撮影して送る方法をとっている取引所が多いです。

その後は、スマートフォンで自分の顔写真を撮影して、提出します。本人確認書類と一緒に撮影する場合もあるため、顔写真の撮影まで本人確認書類はとっておきましょう。

最後に銀行口座の登録に入ります。銀行口座は取引所に入金するために必要な情報です。

取引所によっては、連携する銀っこ雨によって手数料が安くなることもあるため、自分が登録しようとしている取引所の手数料について調査しましょう。

ステップ3:取引所に日本円を入金

取引所の開設が終わると、日本円の入金に移行します。日本円と交換することで、仮想通貨が手に入ります。

国内の取引所で用意されている振込方法は主に下記の3つです。

・銀行振込
・コンビニ入金
・クイック入金

どの振込方法でも問題なく入金できますが、おすすめは銀行振込です。ここからはそれぞれの入金方法について詳しく紹介します。

銀行振込

銀行振込はスタンダードな入金方法です。取引所によっては入金手数料が0円で入金可能であるため、コストをかけずに取引できます。

また、コンビニATMからの振込に対応していることが多いため、比較的簡単に入金可能です。

銀行振込をする場合は、取引所の入出金画面から銀行口座からの入金を選択することで、手続きが完了します。

コンビニ振込

コンビニ振込はコンビニにある端末から日本円での入金を行う方法です。だいたいのコンビニエンスストアであれば、支払いに対応しています。

現金で直接支払い、入金も即時に反映されることが多いです。

一方で、銀行振込よりも手数料がかかってしまうため、即時入金を希望する時は以外は避けましょう。

クイック振込

クイック振込とはペイジー(Pay-easy)を使った入金方法です。ペイジー入金のメリットとしては24時間365日、金融機関の営業時間に左右されずに決済が可能な点です。

すぐに入金して取引を始めたいタイミングに覚えておきたい入金方法となっています。

ステップ4:仮想通貨を購入する

取引所に日本円の入金が完了したら、あとは仮想通貨を購入するだけです。

日本円の入金が反映された後は、仮想通貨の購入画面に移行しましょう。仮想通貨の購入メニューの中から自分が購入したい銘柄を選択。

購入したい数量を入力して、決済を完了させましょう。

手続きが完了すると、無事仮想通貨の購入が完了です。

ステップ5:仮想通貨を売却する

仮想通貨を売却する方法は購入する方法と変わりません。売りたい仮想通貨の銘柄と売りたい数量を入力、売却手続きを済ませれば売却完了です。

売却後の日本円は取引所のウォレットに入っています。銀行の口座に出金したい場合は取引所から出金手続きを実施しましょう。

ビットコインを取引するのにおすすめの取引所5選

ビットコインを取引するのにおすすめの取引所5選

ビットコインを取引するには、上記の手順で進めれば簡単に取引できます。

購入や売却の手順はそこまで難しくないため、仮想通貨取引を始めたい方はまずは取引所を開設しましょう。

一方で、ビットコインを取り扱っている取引所は数多くあるため、どの取引所が良いのか判断が難しいです。

取引所にも手数料やセキュリティ対策など、チェックしなければいけないポイントが複数あるため、これから仮想通貨取引を始める人はポイントを抑えなければいけません。

ここからはビットコインを取引するのにおすすめの取引所を5つ紹介します。

CoinCheck

CoinCheckは国内の取引所の中で、さまざまな機能が搭載されている取引所です。

現物取引はもちろんのことですが、レンディングサービスやステーキングなどもできるため、長期的に仮想通貨取引に力を入れたいユーザーにおすすめです。

また、スマートフォンアプリの使いやすさがトップレベルの評判を受けており、初心者でも気軽に使いこなせます。

仮想通貨取引を始めるならまずはCoinCheckをおすすめする経験者も少なくありません。

最近ではNFTマーケットプレイスを開設したこともあり、NFTのやりとりも可能です。

現物取引はもちろんのこと、レバレッジ取引やNFT取引も可能であることから、幅広い取引に興味がある方におすすめです。

DMM Bitcoin

DMM BitcoinはDMMグループが親会社の取引所です。もともとユーザーからの信頼がある企業が親会社であることから、取引所自体も安心して利用できます。

ユーザーへのサポートも充実しており、電話やLINEでの問い合わせに土日祝日含めて365日対応可能です。

また、レバレッジ取引できる銘柄数が多いことから、レバレッジ取引に力を入れたい投資家からの人気が高いです。

仮想通貨初心者へのサポートが充実している点などを含めると、これから投資を始める初心者はDMM Bitcoinの開設をおすすめします。

bitFlyer

bitFlyerは国内の取引所の中でもビットコイン取引量がNo.1の取引所です。

そのため、ビットコインを取引するとなった場合、売りたいタイミングや買いたいタイミングで取引できる可能性が高いです。

また、bitFlyerで取引できる仮想通貨はすべて100円から取引できます。いきなり仮想通貨投資に大きな金額をかけたくない方は少額から始めましょう。

bitFlyerは機能はそこまで多くないものの、安定的に仮想通貨取引が可能です。

GMOコイン

GMOコインはGMOインターネットグループの傘下の取引所です。強固なセキュリティと運営体制が整っているため、安心して取引できます。

2021年には仮想通貨取引所のオリコン顧客満足度調査の1位を記録しました。ユーザーからの満足度が高いということで、複数登録する取引所の中の1つに入れることをおすすめします。

GMOコインはビットコインを含む20種類の仮想通貨が取引できるため、アルトコインの運用を検討している方にもおすすめです。

国内の取引所の中でも取り扱い通貨数が多いため、より多くの仮想通貨に触れたい方はGMOコインに登録しましょう。

bitbank

bitbankはアルトコインの取引量が国内トップレベルの取引所です。ビットコインの取引以外にもアルトコインの取引を検討している方はbitbankがおすすめです。

bitbankを利用するメリットは取引所の利便性が高いことです。全銘柄が取引所形式に対応しているため、手数料があまりかからない環境で取引できます。

他にもレンディングサービスが利用できる点やリアルタイムで入金できる点などが、投資家から高い評価を受けています。

取引所形式で安定的に取引をしたい方は、bitbankがおすすめです。

ビットコイン取引を始める前に知っておきたい3つの注意点

取引の始め方やおすすめの取引所を理解すると、もう仮想通貨の投資は始められます。

仮想通貨取引は簡単に始められますが、同時に知っておきたいのは仮想通貨資産を守る方法です。

ここからはビットコイン取引を始める前に知っておきたい注意点を3つ紹介します。

ハッキングなどのリスクがある

仮想通貨取引所はハッキングなどのリスクがあることを踏まえておかなければいけません。

仮想通貨関連のニュースで、取引所がハッキング被害に遭ってしまい、ユーザーの資産が盗まれてしまう事件がありました。

国内の取引所で盗難などのトラブルが多かったため、取引所もセキュリティ対策を力を入れました。

それでも仮想通貨取引所へのハッキングなどのトラブルは考えられます。そのため、ユーザー自身ができるセキュリティ対策をとらなければいけません。

ユーザー側としては対応できる対策は下記の通りです。

・コールドウォレット管理の取引所を選ぶ
・自分自身で安全なウォレットを用意する

自分の資産は自分で守ることを念頭に、取引所に登録しましょう。

ボラティリティが高い

仮想通貨取引はボラティリティが高いです。ボラティリティとは、投資商品の価格変動の度合いを示す言葉です。

例えば、ボラティリティが高い場合は価格変動が大きいということです。

仮想通貨は他の投資よりも価格の変動が大きいため、思いがけないタイミングで価格が大きく上がったり下がったりします。

利益だけではなく損失も膨れ上がる可能性があるため、より慎重な取引を行う必要が
あります。

レバレッジ取引は損失も大きくなる

仮想通貨は現物取引以外にもレバレッジ取引があります。レバレッジ取引とは、元手金の数倍の取引が可能な取引手法です。

例えば、10,000円分のビットコインを元手金として2倍のレバレッジ取引を行った場合、20,000円まで取引が可能となります。

一見、大きな利益を手にできるチャンスのように感じますが、損失の倍率も上がるリスクがあります。

そのため、まだ仮想通貨取引に慣れていない方は無闇にレバレッジ取引には手を出さないようにしましょう。

利益の金額によっては確定申告が必要

仮想通貨投資で出た利益は課税対象です。そのため、一定の利益が出た場合は確定申告が必要です。

確定申告が必要となる条件は下記の通りです。

・会社員など一社から給与所得を得ている方で1年に20万円以上の利益が出たら。

・学生や主婦など家族の扶養に入っている方で、利益が33万円(住民税の基礎控除額)を超えた場合。

ビットコイン取引で利益を出すために知っておきたいコツ

ビットコイン取引で利益を出すために知っておきたいコツ

ビットコイン取引を始めるまではそこまで苦労しません。取引所の開設方法や購入、売却方法を知っておけば取引できます。

一方で利益を出すことに関しては簡単ではありません。ビットコインはボラティリティが高いため、大きな利益を生み出しやすいです。

その一方で、乱高下が激しいため、あっという間に価格が下がることも少なくありません。

売却のタイミングを間違えてしまうと、微々たる利益しか生まれないのも事実。効率的に利益を出すためには経験と知識が必要です。

ビットコイン取引で利益を出すために知っておきたいコツを3つ紹介します。

投資は余剰資金で始める

前提として投資は余剰資金で始めましょう。

投資を始める際に自分の生活費を切り詰めて投資を始める人がいます。しかし、自分の資金を切り詰めて投資を始めるのは危険です。

例えば、自分の生活費を切り詰めて投資を始めて、その資産が大きく減少してしまった場合、あっという間に生活が苦しくなります。

また、高騰するかもわからないため、生活資金を元に戻せるかもわかりません。結果的に自分の首を絞めてしまうことになりかねないので、余裕を持って投資するためにも余剰資金を活用しましょう。

複数口座を持って分散投資

仮想通貨取引所は複数登録して、口座を複数持っておきましょう。取引所ごとに取り扱っている通貨の種類が異なったりスプレッドが変動したりします。

そのため、取引の幅を広げるために複数の口座を持っておくことが重要です。

また、分散投資の観点で銘柄に関しても分散させておきましょう。

投資する銘柄を分散させておくことで、1つの銘柄の価格が落ちたとしても他の銘柄が下がらなければ、総資産が減少しづらいです。

特に仮想通貨は大きく減少するタイミングがあるため、出来るだけ分散投資をして損失を避けましょう。

一喜一憂しない

仮想通貨は乱高下の激しい投資方法です。そのため、期待とは裏腹に価格が大きく下がってしまう可能性があります。

自分の思ったような価格変動が起きなかった場合、精神的にも負担がかかりますが、下がってしまった後は必ず上がるタイミングがきます。

そのため、1回の大きな下落に気を落とさずに長期的な視点を持って再び価格が上がってくることを待ちましょう。

ビットコインの取引は簡単!手順に沿って仮想通貨投資を始めよう

ビットコイン取引を始める手順は簡単です。初心者の方でも手順さえマスターできれば、すぐに取引を始められます。

仮想通貨取引に興味を持っている方は、本記事で紹介した手順に沿って仮想通貨取引を始めましょう。

また、取引所に関しても自分に適しているものは判断しづらいです。本記事で紹介した取引所以外にもさまざまなものがあるため、下記の記事を参考に自分に適した取引所を見つけましょう。

おすすめの記事