【超初心者向け】MT4の自動売買のやり方について

副業や資産運用の一つとして人気のFXですが、最近はさまざまなやり方ができるようになってきました。特に初心者でもFXがやりやすくなった一つの理由として自動売買がしやすくなったことが挙げられます。特に自動売買の中でもMT4の名前が上がることが多く、多くのトレーダーが活用していることが知られています。

しかしながら、初心者にとっては自動売買って大丈夫なのだろうかとか、そもそもMT4って何?初心者が扱うのは難しいのでは?と思われがちです。そこでMT4の特徴やどのように自動売買を行うべきなのか初心者がわからないところをまとめてみました。FXにおける自動売買もかなりハードルが下がってきて、初心者向けになってきているようです。

MT4とは?

そもそもMT4というのは、世界中で使われているメジャーなFX専用ツールです。MT4は、『メタトレーダー4』と読みます。MT4を活用して初心者でも簡単に自動売買などができます。MT4は、ロシアのMetaQuotes Software(メタクオーツ・ソフトウェア)社が開発したツールで、利用するためにはMT4に対応したFX会社で口座開設をする必要があります。自動売買に対応しているだけでなく、口座開設すれば無料で使えるところもあるのも魅力です。MT4に対応した会社は国内外にあります。

MT4は、オリジナルの自動売買ができることで有名ですが、豊富なチャートが用意されている点も多くのトレーダーに活用される所以です。チャートウィンドウを分割すれば、複数のチャートを同時表示することもできます。自分の思う通りにチャート表示ができて、背景色やパーツなども細かく設定できます。そのままでも直感的に操作しやすいので、初心者でも利用のハードルは比較的低めです。

またテクニカル指標も約50種類あり、複数のテクニカル指標を同時表示できます。移動平均線やボリンジャーバンドなどのテクニカル指標を自分好みに表示可能です。色等の変更も可能なので、テクニカル指標を自分の見やすい形や色にすぐカスタマイズできます。損益や取引履歴などもアプリ上ですぐ確認できるなど利便性が高いのが魅力です。

MT4の特徴は?初心者向け?

MT4は上記の通り、使い勝手の良さが多くのトレーダーに支持されています。FX会社によっては無料で使えることもあり、初心者でも使用が可能です。しかし、複数のチャートやテクニカル指標を見ることができても、それを使いこなせなければ意味がありません。

MT4を活用できるか否かはトレーダーの力量次第ということになります。ある程度どういった指標に基づいてトレードするかが確立したトレーダーの方がMT4を有用に使えるといった側面はあります。

しかしながら、MT4では各トレーダーが自分用に作ったプログラミングをマーケットで販売することが可能なので、そうした他のトレーダーが作ったプログラムを購入してFX取引を行うことができます。初心者でも手軽にFX取引を開始できる点では、初心者向けといえます。

また、指定したレートや時間にアラームを鳴らすアラート機能も搭載しています。アラート設定も簡単です。アラーム設定のタブから新規の場合は作成、すでに設定したものを変更したい場合は修正を選びます。新規をクリックするとアラート設定画面が出てくるので、通貨ペアや価格などの条件を指定します。通知音も複数の中から選べるので複数の条件を設定しても何のアラートなのかが区別しやすいです。使いこなせるようになれば、決済タイミングなども図りやすいのがMT4の良さといえるでしょう。

MT4で自動売買を作る方法

まず、MT4で自動売買を行う場合、配布されているEAを選ぶ必要があります。EA(Expert Advisor)は自動売買のプログラミングであり、EAをダウンロードすると24時間そのプログラミングが稼働して自動売買が行われます。

EAはネット上に無数に配布されているので自分好みのものを選択する必要があります。選び方としては、成績を公表しているEAならば、その成績をチェックすると良いでしょう。また、ダウンロードしたEAを過去のチャートを用いてどの程度利益をあげられるか検証することができます。あくまでも過去のチャートに基づきますが、バックテストを行うことで勝率を高めることができます。

既存のEAで満足できなくなったら、独自のEAを作ることが可能です。プログラミング経験者でC言語などを活用できるならば開発も容易ですが、最初は時間がかかることでしょう。ただ、EA作成をサポートしてくれるツールも複数公開されているので、サポートツールを活用すれば初心者でも独自EAを作ることは可能です。

MT4の自動売買のオンとオフ設定のやり方

MT4の自動売買を行う場合、オンオフの設定も簡単にできます。基本的にどのEAを稼働させていたとしても作業自体はほぼ共通しています。まずMT4にログインしたら自動売買のタブがあるので設定をONにします。オンオフは基本的にこの自動売買のタブからON/OFFの切替ができます。再開したいときもオフからオンにすれば良いだけです。

通貨ペアや時間足など設定値を変更したい場合は設定変更タブを選択します。通貨ペアの変更は、表示したい通貨ペアをドラッグ&ドロップするのが基本です。時間足の場合は、複数の時間が表示されるので、自分が設定したい時間を選択すればOKです。

MT4の自動売買で初心者が気を付けること

MT4の利用には口座開設すれば誰でも無料で使用することができます。無料でダウンロード&パソコンにインストールすることですぐ使えるので面倒な手続きは一切ありません。しかし、スマホで取引しようとするならば、PCとは別にスマホ用にダウンロードする必要があります。

また、口座開設自体に時間はかからないのですが、実際にサービスを利用するためにはIDとパスワード発行がなされた後ではないと使えません。それゆえ、運営元の審査が完了してからしかMT4を利用できないので、多少時間がかかることを理解しておく必要があります。

基本的にMT4でのEAの稼働は、ネット上でMT4が起動している間しか自動売買ができません。24時間自動売買をさせたいならば、仮想サーバーを設置するなどの措置が必要です。ただしサーバーを用意しているFX会社は国内外でもかなり数が絞られるため、常に自動売買をしたいならばPCを起動しておく必要などもあります。

そして、MT4は高性能なので使いこなすためには時間がかかります。また自動売買のプログラミングは無料・有料で配布されています。プロトレーダーが使うようなEAを購入するのは難しくありませんが、FX取引の世界では以前に通用していたEAが必ずしも大きな利益を上げるとは限りません。お金を費やしても稼げないこともあるので既存のEAに依存しすぎないことが重要です。

MT4の自動売買で儲からない時の対処法

MT4の自動売買で儲からない場合、問題としては使用しているEAの問題ということが考えられます。運用成績によってEAは選ぶべきですが、EAで公開されている成績が短期的な実績である場合は注意が必要です。FX取引では長期的よりも短期的な成績の方が容易に高パフォーマンスを出せます。それゆえ、儲からないときは一度長期的なスパンで成績の良いものを試してみるのがおすすめです。

また、自動売買の注意点として、EA開発者が想定する相場や動作環境でない場合に想定外の取引が発生することがありえます。バグやエラーが出ることもあるので、時としてトレードミスが起こるリスクがある点は要注意です。最初は動作環境などの不具合がないかどうか確かめながら取引をしましょう。少額からスタートして、使いこなせるようになってからロットを上げて大きなリターンを得ていく必要があります。

そして、どんなに優れたEAを活用しても全戦全勝のプログラミングは存在しません。いきなり好成績を出せるとは限らないので、見極めも必要ですが短絡的に判断しないことも大切です。

MT4の自動売買が国内で行える会社はここ

MT4に対応しているFX会社は複数あります。楽天証券やONDA Japan(オンダ ジャパン)などはスプレッドが原則固定となっています。それ以外のFX会社は変動スプレッドとなっています。楽天証券の良いところは、大手証券会社であることです。倒産リスクが小さく、特典を重視するなら楽天証券を選びましょう。
ONDA Japanはオリジナルインジケーターがあり、本格的にMT4を使いこなしたい人向けです。MT5への対応も開始しており、日本国内のFX会社の中でもっとも自動売買がしやすい会社となっています。

YJFX!は、発注や自動売買システムもできず、チャート表示のみなので注意が必要です。サービスが限定されているため、まずMT4の仕様に慣れたいということならYJFX!で口座開設をしてチャート機能の見方に慣れるという方法もあります。

また国内FX会社にこだわらないならば、海外FX会社を利用する手もあります。ただし、日本国内の法律が対応しておらず、問い合わせなどに英語が必要だったりするので、初心者はまず日本国内のFX会社を活用するのがおすすめです。

MT4の自動売買のやり方についてまとめ

MT4を活用するFX取引はハードルが高いと思われがちです。しかしながら、最初は既存のMT4で使えるEAを選んで自動売買を行うといった方法もあり、初心者でもやる気があれば自動売買も手軽にできるようになっています。

配布されているEAで満足できなければEAを自作する方法もありますし、自作のために補助ツールも充実してきました。また、自己判断の売買と組み合わせてFX取引を行うことも可能です。自動売買の停止も簡単にできます。注意点としては、MT4を動かすために仮想サーバーが必要であること、高性能であるがゆえに初心者には使いにくいといったことが挙げられます。既存の取引ツールに慣れていると使いにくいかもしれませんが、それはMT4に限らず他の取引ツールでも同様です。自由度が高くて使い勝手が良いMT4を使う予定があるなら、なるべく最初のうちからMT4を扱うFX会社を利用するのがおすすめです。

おすすめの記事