初心者におすすめ証券会社ランキング

ランキング1位

SBI証券無料口座開設

手数料最安!取り扱い商品豊富
ランキング2位

楽天証券

楽天証券無料口座開設

手数料最安!楽天ポイントたまる
3位

松井証券

松井証券無料口座開設

50万円以下は手数料無料

「かつや」の株を買うと、株主優待でかつやでお食事をすることもできます。

「かつや」は「アークランドサービスホールディングス」というところが運営しているので、かつやの株主優待をもらうには

「アークランドサービスホールディングス」というところの株を購入します。株を買うには証券会社の口座が必須です。

日本の全ての株は証券会社を通じて購入をします。まずもっていない人は証券会社の口座開設を行いましょう。

かつやの株が買えるおススメ証券会社

1位 楽天証券

楽天証券

おすすめポイント
取引するだけで楽天ポイントがどんどん貯まる!
・貯めた楽天ポイントで現金を使わずに投資信託に投資ができる!
・楽天会員なら30秒で口座開設完了!
 ※楽天会員でない方も2分程度で口座開設できます
・株式取引で人気の高いツール「マーケットスピード」を無料で利用可能
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 99円 275円 275円 535円 1013円
1日定額 0円 0円 0円 0円 3300円

※手数料は税込価格です


2位 SBI証券

おすすめポイント
・「オリコン顧客満足度ランキング」で5年連続13度目の1位を獲得!
IPO取扱い銘柄数全証券会社中NO,1!
 ※2020年は93社中85社を取扱い
・いつかはIPOが当選するかも?「IPOチャレンジポイント」
・Tポイントを使って投資信託を購入できる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 99円 275円 275円 535円 1013円
1日定額 0円 0円 0円 0円 1691円

※手数料は税込価格です


3位 LINE証券

LINE証券口座開設

おすすめポイント
いつも使っているLINEアプリで株取引ができる!
LINEポイントで株を買える
1株単位からの少額投資ができる!数百円から投資ができる!
信用取引の売買手数料が無料!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
× × ×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
現物取引 99円 275円 275円 535円 1,013円
信用取引 0円 0円 0円 0円 0円

※手数料は税込価格です

※同一日に同一注文で複数の約定となった場合は、約定代金を合算し手数料を計算します。


4位 松井証券

松井証券

おすすめポイント
・現物取引でも信用取引でも、1日の合計約定代金が100万円まで手数料が無料!
・デイトレーダー向けの「一日信用取引」なら手数料が完全無料!
・取扱い投資信託は全て購入時手数料無料!
・銘柄検索をするのに超便利!さまざまな情報ツールが無料で使える。
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと - - - - -
1日定額 0円 0円 0円 1100円 3300円

※手数料は税込価格です


5位 SMBC日興証券

SMBC日興證券もIPOに力を入れていて、IPO取扱い数は全証券会社の中でもトップクラスです。

2020年は新規上場93社中52社を取り扱っています。

主幹事になることも多く、2020年は16社の主幹事を務めました。

主幹事には80%のIPO株が割り当てられるので、SMBC日興証券の口座を持っているだけで当選確率はかなり上がるでしょう。

預かり資産額によって当選確率が上がるステージ別抽選という制度がありますが、新規口座開設から3ヶ月間は資産が少なくても抽選確率が上がることが保証されています。

SMBC日興証券 オンライントレード

おすすめポイント
IPO取扱い銘柄数は全証券会社の中でもトップクラス!
 ※2020年は93社中52社を取扱い
口座開設から3ヶ月間はどなたでもステージ別抽選で当選確率アップ保証!
・信用取引手数料は無料!
株取引でdポイントが貯まる!dポイントで株を購入することもできる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 137円 275円 440円 880円 2200円
1日定額 - - - - -

※手数料は税込価格です

6位 岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

おすすめポイント
2020年 オリコン顧客満足度調査ネット証券第1位!
株取引最大100万円まで手数料無料!※現物50万円+信用取引50万円
・IPO申込時の事前入金が不要!
・ネット証券の手数料で総合証券である岡三証券専属アナリストの情報を入手できる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 108円 220円 385円 660円 1650円
1日定額 0円 0円 0円 0円 1980円

※手数料は税込価格です


かつやで使える株主優待をもらうにはどこの株を買うのか?

かつやを運営する会社は、東証1部に上場している「アークランドサービスホールディングス」です。同社は、カツ丼の「かつや」や、からあげ専門店「からやま」などをFCで展開しています。

アークランドサービスは株主優待制度を導入しており、同社株を保有すれば「かつや」や「からやま」などで使える株主優待をもらえます。

かつやは全国各地にFC展開しており、20216月末時点での「かつや」の店舗数は、国内425店舗、海外60店舗です。株主優待を利用できる店舗が多いため、使い勝手が良い優待と言えるでしょう。

アークランドサービスの株主優待内容は?

アークランドサービスの株主優待の内容をまとめました。

権利確定日 12月末 6月末
優待内容 食事券(550円)
贈呈基準 100株以上:2

200株以上:4

1,000株以上:20

贈呈時期 12月末基準日:3月中旬

6月末基準日:9月中旬

利用期限 12月末基準日:贈呈日の翌年331日まで

6月末基準日:贈呈日の翌年930日まで

最低投資金額 223,300円(202216日終値、手数料等を除く)

 

アークランドサービスの株主優待は、年2回受け取れます。権利確定日は12月末および6月末で、優待が贈呈されるのは権利が確定してからおよそ3ヵ月後です。利用期限は贈呈されてから約1年間のため、あわてて使う必要はありません。

最低投資金額は223,300円で、比較的買いやすい金額と言えます。

また、優待をもらう上で気になるのは優待利回りでしょう。最低投資金額をもとに、食事券を年2回(4枚)受け取った場合の優待利回りを計算してみました。

550円×4枚=2,200

2,200円÷223,300円×1000.98

202216日の終値で計算すると、アークランドサービスの優待利回りは1%程度となります。

続いて、同社の配当も見ていきましょう。

アークランドサービスの配当は?

アークランドサービスの1株当たりの配当予想は以下の通りです。

年次 1株あたりの年間配当
202112月期 30
202212月期 27

 

202112月期では、最低単元である100株の保有で、年間3,000円の配当が受け取れます。202216日の終値をもとに、配当利回りを計算してみましょう。

30円÷2,233円×100=1.34%

なお、買付を検討する際は「優待+配当利回り」で考えると良いでしょう。

優待利回り0.98%と配当利回り1.34%とを合わせると、アークランドサービスの優待+配当利回りは2.32%となります。

アークランドサービスの株を買う方法

アークランドサービスの株を買うには、証券会社で口座を開設し、株式市場で買付する必要があります。証券会社には「対面証券」と「ネット証券」がありますが、手数料が安いネット証券での口座開設をおすすめします。

ここでは、多くの投資家が利用しているネット証券、「楽天証券」での買い方を例に解説します。

1.口座を開設

楽天証券ホームページ内の「口座開設」より申し込みましょう。

口座開設には、運転免許証などの本人確認書類やマイナンバーが必要です。
すぐに無料口座開

2.投資資金を入金

口座を開設したら、以下のいずれかの方法で入金しましょう。

  • マネーブリッジらくらく入金(楽天銀行と連携し、ワンクリックでリアルタイム入金)
  • インターネットバンキング
  • 振込入金

楽天銀行の口座をお持ちであれば「マネーブリッジらくらく入金」が便利です。

 

3.株の買付注文を出す

楽天証券では、以下の3つの方法で株を買付できます。

  • ウェブサイト
  • マーケットスピード(PC用トレードツール)
  • iSPEED(スマホアプリ)

それぞれのツール上で「アークランドサービス(証券コード:3085)」を選択し、数量・価格などを入力しましょう。前述しましたが、202216日時点のアークランドサービスの株価は2,233円であり、最低単元の100株を買付するには223,300円(手数料等除く)必要です。

アークランドサービスの株に関するまとめ

かつやの株主優待をもらうには、アークランドサービスの株を保有する必要があります。権利確定日や優待内容、贈呈基準などをよく確認し、買付しましょう。

また、アークランドサービスには配当もあるので、優待利回りと配当利回りを合わせて参考にすると良いでしょう。

おすすめの記事