株を買うにはまず証券口座開設
株を購入するには、証券会社の口座を開設し、自分の証券口座に振り込みをして株を買います。
システム障害などに備えて最低3社で口座開設をしましょう
ランキング1位
楽天証券

楽天証券無料口座開設

手数料最安!楽天ポイントたまる
ランキング2位

SBI証券無料口座開設

手数料最安!取り扱い商品豊富
3位LINE証券口座開設

LINE証券無料口座開設

最大4,000円分の株プレゼント

 

株式はじめ
カフェによく行くんだけど、どこの株主優待がお得なのかな?

 

にゃんこ先生
カフェのお得な株主優待を徹底的に紹介するにゃ

 

仕事や勉強のため、または外出時の休憩に、カフェを利用する方は多いでしょう。
出勤前にコーヒーを買って行く人もいるかもしれません。

カフェを経営している企業の株主になると、店舗で使える優待券や割引券をもらえる場合があるため、カフェ好きな方はぜひ有効活用しましょう。

この記事では、カフェの株主優待株10銘柄を優待利回り・最低投資額・配当利回りでランキング化して紹介するので、銘柄選びの参考にしてみてください。

※本記事は2022年5月19日時点の情報を記載しています。

カフェの株主優待10銘柄|優待利回りランキング

 

まずはカフェの優待券・割引券がもらえる株主優待株10銘柄の優待利回りランキングを一覧で見てみましょう。

ランキング一覧のあとに、各銘柄の詳しい優待内容を解説していきます。

※3月11日の終値をもとに作成しています

順位 株主優待情報 優待利回り
1位 すかいらーくホールディングス3197
株主優待:優待カード年4,000円分
権利確定月:6月/12月
2.59%
2位 日本マクドナルドホールディングス2702
株主優待:優待食事券1冊×年2回
権利確定月:6月/12月
2.3%

※1:推定値

3位 バルニバービ3418
株主優待:食事券1,000円相当×年2回
権利確定月:1月/7月
1.9%
4位 東和フードサービス3329
株主優待:食事券500円分×年5枚
権利確定月:4月/10月
1.68%
5位 サンマルクホールディングス3395
株主優待:サンマルク優待カード(20%割引)
権利確定月:3月
1.58%

※2推定値

6位 銀座ルノアール9853
株主優待:優待券1,000円分
権利確定月:3月
1.20%
7位 コメダホールディングス3543
株主優待:プリペイドカード1,000円チャージ×年2回
権利確定月:2月/8月
0.9%
8位 サイゼリヤ(7581)
株主優待:500円のお食事券2000円分
権利確定月:8月
0.85%
9位 モスフードサービス8153
株主優待:優待券500円×4枚
権利確定月:3月/9月
0.66%
10位 ドトール・日レスホールディングス3087
株主優待:優待カード1,000円分
権利確定月:2月
0.66%

 

※1:1冊あたり6,000円分として計算

※2:毎月1,000分の飲食をした場合の割引額から計算

1位:すかいらーくホールディングス(3197

すかいらーくグループ株主優待券

画像引用:すかいらーくグループ 株主優待情報

◇優待利回り:2.59%

・権利確定月:6月末日/12月末日

・株主優待内容: 優待カード

・優待対象者:100株以上

すかいらーくホールディングスは「Caféレストラン ガスト」「和カフェchawan」「むさしの森珈琲」を展開する企業です。

100株以上を保有すると、年2回2,000円分の優待カードをもらえます。

年間で4,000円分の優待を受けられるので、ガストがお近くにある方は検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみに優待カードは、カフェのほかにも「バーミヤン」「ジョナサン」など有名チェーンレストランでも利用可能です。

2位:日本マクドナルドホールディングス(2702)

マクドナルド株主優待券

画像引用:日本マクドナルドホールディングス 個人投資家の皆様へ

◇優待利回り:2.3%(推定値)

・権利確定月:6月末日/12月末日

・株主優待内容:優待食事券

・優待対象者:100株以上

言わずと知れたハンバーガーチェーンのマクドナルドですが、最近はコーヒーやカフェラテなどのカフェメニューも充実しています。

全国各地に店舗があるので、食事のほか休憩や仕事目的で利用する方も多いのではないでしょうか。

100株以上の株主は、バーガー・サイドメニュー・ドリンク引換が各61セットになった優待食事券を1冊もらえてお得です。

300株以上では3冊、500株以上では5冊の優待食事券を受け取れます。

3位:バルニバービ(3418

・優待利回り:1.9%

・権利確定月:7月末日/1月末日

・株主優待内容:食事券1,000円相当

・優待対象者:100株以上

バルニバービは「GOOD MORNING CAFE」など、カフェやその他さまざまな飲食店を運営している企業です。

100株の株主は、年21,000円相当の食事券をもらえます。

200株以上の株主優待は以下のとおりです。

200株以上 ①②のいずれか

①食事券2,000円相当

②オリジナル商品

2500株以上 ①②のいずれか+③

①食事券2,000円相当

②オリジナル商品

③応募式抽選会への参加権(当選外の場合は500円の電子クーポン)

2600株以上 ①②のいずれか+③

①食事券4,000円相当

②オリジナル商品

③応募式抽選会への参加権(当選外の場合は500円の電子クーポン)

 

さらに、継続保有期間と保有株数に応じたステイタスのメンバーズカードも発行されます。

メンバーズカードを提示すると、飲食代の割引(310%)やコース料金の割引、花火大会特別鑑賞席優先予約などの特典を受けられお得です。

バルニバービ株主優待

画像引用:バルニバービ長期保有株主様へ

4位:東和フードサービス(3329

◇優待利回り:1.68%

・権利確定月:4月末日/10月末日

・株主優待内容:優待食事券

・優待対象者:100株以上

東和フードサービスは「椿屋珈琲」「椿屋カフェ」「ダッキーダック」などのカフェを展開する企業です。

またカフェのほかに「イタリアンダイニングDoNA」や、お好み焼きの「ぱすたかん」なども運営しています。

100株以上の株主は、保有株数に応じた枚数の500円分優待食事券を受け取れます。

4月末 10月末 合計
100株以上 3枚 2枚 5枚 2,500円分
200株以上 4枚 3枚 7枚 3,500円分
400株以上 7枚 7枚 14枚 7,000円分
800株以上 14枚 14枚 28枚 14,000円分
2,400株以上 24枚 24枚 48枚 24,000円分
4,000株以上 36枚 36枚 72枚 36,000円分

100株保有でも2,500円分の優待食事券がもらえてお得なのですが、店舗が関東近郊にしかなく、それ以外の地域在住の方にはメリットが薄いのが玉にキズです。

5位:サンマルクホールディングス(3395)

◇優待利回り:1.58%(推定値)

・権利確定月:3月末日

・株主優待内容:サンマルク株主優待カード

・優待対象者:100株以上

サンマルク株主優待カードを提示すると、下記の自社グループ直営店およびフランチャイズ店全店にて、飲食料金が1020%割引となります。(販売コーナー商品は対象外)

ベーカリーレストラン・サンマルク 20%
サンマルクカフェ
ベーカリーレストラン・バケット
BISTRO309
ブレッドガーデン
生麺工房鎌倉パスタ
広東炒飯店
石焼ごはん倶楽部
石焼炒飯店
台湾小籠包
オリーブチャオ
神戸元町ドリア
倉式珈琲店
すし処函館市場 10%

サンマルクホールディングスは、コーヒーチェーンの「サンマルクカフェ」を全国展開しており、それ以外にも「生麺工房鎌倉パスタ」などさまざまな業態の店舗を持っています。

例えば、サンマルクカフェのブレンドコーヒーMサイズは290円なので、株主優待カードを提示すると1杯あたり58円の割引となります。

しかも同伴者がいる場合も、一括で支払えば割引適用になるのです。

サンマルク株主優待カードの有効期限は毎年71日~翌年6月末日で、有効期間中は何回でも割引を受けられます。

利用するほどお得になるので、サンマルクカフェをはじめとするサンマルク系列の店舗をよく使う方にとって、かなりお得な株主優待といえるでしょう。

6位:銀座ルノアール(9853)

ルノアール株主優待

画像引用:ルノアール 株主様ご優待のお知らせ

 

◇優待利回り:1.20%

・権利確定月:3月末日

・株主優待内容:優待券1,000円分

・優待対象者:100株以上

銀座ルノアールは「喫茶店ルノアール」や「ミヤマ珈琲」などを東京近郊中心に展開する企業です。

100株で1,000円分の優待券をもらえますが、500株以上になると優待券の金額はさらにアップします。

500株以上:優待券5,000円分

1,000株以上:優待券10,000円分+3,500円相当オリジナルアイスコーヒーセット

7位:コメダホールディングス(3543

◇優待利回り:0.9%

・権利確定月:2月末日/8月末日

・株主優待内容:プリペイドカード「KOMECA」に1,000円分チャージ(一部店舗を除く、全国のコメダ直営店・FC店で利用可能

・優待対象者:100株以上

コメダホールディングスは「珈琲所コメダ珈琲店」を全国展開する企業です。

100株を保有すると、年2回プリペイドカードに1,000円分がチャージされます。

年間で2,000円分の株主優待をもらえるのは嬉しいポイントですね。

8位:サイゼリヤ(7581)

◇優待利回り:0.85%

・権利確定月:8月末日

・株主優待内容:500円のお食事券2000円分

・優待対象者:100株以上

サイゼリヤは全国でイタリアンのファミリーレストランを展開しています。

100株で2,000円分のお食事券がもらえます。

9位:モスフードサービス(8153)

◇優待利回り:0.66%

・権利確定月:3月末日/9月末日

・株主優待内容:優待券

・優待対象者:100株以上

モスフードサービスは「モスバーガー」を全国展開しています。

ハンバーガーのほかドリンク・デザートメニューもあり、店舗によっては無料Wi-Fiも飛んでいるので、カフェとして利用される方も多いのではないでしょうか。

100株以上の株主は、モスグループ店舗で使える優待券をもらえます。

100株以上 年間2,000円分(500×2枚×年2回)
300株以上 年間6,000円分(500×6枚×年2回)
500株以上 年間10,000円分(500×10枚×年2回)
1,000株以上 年間20,000円分(500×20枚×年2回)

またモスフードサービスはダスキンと資本・業務提携しているため、「ミスタードーナツ」の各店舗(一部店舗を除く)でも優待券を使える点がポイントです。

10位:ドトール・日レスホールディングス(3087)

◇優待利回り:0.66%

・権利確定月:2月末日

・株主優待内容:株主優待カード

・優待対象者:100株以上

ドトール・日レスホールディングスは「ドトールコーヒーショップ」「エクセルシオールカフェ」を展開する企業です。

100株で1,000円分、300株以上で3,000円分、500株以上で5,000円分の株主優待カードをもらえ、全国のドトール・エクセルシオールカフェ各店舗の支払いに利用できます。

ドトールやエクセルシオールカフェは全国にあるので、優待を使いやすいのがメリットですね。

株主優待をもらうために必要な投資額

ランキングに挙げた10銘柄の株主優待をもらうには、どのくらいの投資額が必要なのでしょうか。

株価は日々変動しますが、2022519日の終値をもとに計算し、投資額の低い順に見てみましょう。

1位:銀座ルノアール(9853

2022年5月18日時点終値:815円(現在の株価はこちら

・株主優待をもらうために必要な株数:100

・最低必要投資額:81,500

2位:バルニバービ(3418

20225月18日時点終値:1,021円(現在の株価はこちら

・株主優待をもらうために必要な株数:100

・最低必要投資額:102,100

3位:東和フードサービス(3329

2022519日時点終値:1,481円(現在の株価はこちら

・株主優待をもらうために必要な株数:100

・最低必要投資額:148,100

4位:ドトール・日レスホールディングス(3087

2022519日時点終値:1,514円(現在の株価はこちら

・株主優待をもらうために必要な株数:100

・最低必要投資額:151,400

5位:サンマルクホールディングス(3395

2022519日時点終値:1,515円(現在の株価はこちら

・株主優待をもらうために必要な株数:100

・最低必要投資額:151,500

6位:すかいらーくホールディングス(3197

2022519日時点終値:1,541円(現在の株価はこちら

・株主優待をもらうために必要な株数:100

・最低必要投資額:154,100

7位:コメダホールディングス(3543)

2022519日時点終値:2,212円(現在の株価はこちら

・株主優待をもらうために必要な株数:100

・最低必要投資額:221,200

8位:サイゼリヤ(7581)

2022年5月19日時点2,325円(現在の株価はこちら

・株主優待をもらうために必要な株数:100

・最低必要投資額:232,500

9位:モスフードサービス(8153)

2022519日時点終値:3,005円(現在の株価はこちら

・株主優待をもらうために必要な株数:100

・最低必要投資額:300,500

10位:日本マクドナルドホールディングス(2702

2022519日時点終値:5,140円(現在の株価はこちら

・株主優待をもらうために必要な株数:100

・最低必要投資額:514,000

カフェの株主優待10銘柄|配当利回りランキング

よりお得な銘柄を狙うなら、株主優待だけでなく配当利回りもチェックしたいところです。

最後に、カフェの優待券・割引券がもらえる株主優待株10銘柄を配当利回り順に見ていきましょう。

1位:サンマルクホールディングス(3395

1株あたり配当金

20223月期実績:44(中間配当22円・期末配当22円)

20213月期実績:44(中間配当22円・期末配当22円)

◇予想配当利回り:2.90

2位:コメダホールディングス(3543

1株あたり配当金

2022年2月期実績:51(中間配当25円・期末配当26円)

2021年2月期実績:39(中間配当18円・期末配当21円)

◇予想配当利回り:2.3

3位:ドトール・日レスホールディングス(3087

1株あたり配当金

20222月期実績:26円(中間配当12円・期末配当14円)

20212月期実績:24円(中間配当12円・期末配当12円)

◇予想配当利回り:1.7

4位:モスフードサービス(8153)

1株あたり配当金

20223月期実績:28円(中間配当12円・期末配当16円)

20213月期実績:22円(中間配当11円・期末配当11円)

◇予想配当利回り:0.93

6位:日本マクドナルドホールディングス(2702

1株あたり配当金

202212月期予想:39円(中間配当0円・期末配当39円)

202112月期実績:39円(中間配当0円・期末配当39円)

◇予想配当利回り:0.80

7位:バルニバービ(3418)

1株あたり配当金

20227月期予想:7.5円(中間配当2.5円・期末配当5円)

20217月期実績:7.5円(中間配当2.5円・期末配当5円)

◇予想配当利回り:0.80

8位:すかいらーくホールディングス(3197

1株あたり配当金

202212月期予想:6円(中間配当0円・期末配当6円)

202112月期実績:12円(中間配当0円・期末配当12円)

◇予想配当利回り:0.39%

9位:銀座ルノアール(9853

1株あたり配当金

20223月期予想:3円(中間配当0円・期末配当3円)

20213月期実績:0

◇予想配当利回り:0.36%

10位:東和フードサービス(3329

1株あたり配当金

20224月期予想:4.5円(中間配当0円・期末配当4.5円)

20214月期実績:6円(中間配当3円・期末配当3円)

◇予想配当利回り:0.31%

まとめ:株主優待・必要投資額・配当利回りを参考にカフェ銘柄を選ぼう

 

株式はじめ
まとめると、カフェの株主優待株でお得なのはどこ?

 

にゃんこ先生
株主優待利回り・必要投資額・配当利回りの各ランキング上位をおさらいするにゃん

◇株主優待利回りTOP3

1位:すかいらーくホールディングス(31972.61

2位:日本マクドナルドホールディングス(2702 2.45%(推定値)

・3位:バルニバービ(3418)1.9%

◇必要投資額(低い順)TOP3

1位:銀座ルノアール(9853) 81,500円

2位:バルニバービ(3418) 102,100

3位:東和フードサービス(2180141,600

 

◇配当利回りTOP3

1位:サンマルクホールディングス(3395) 2.80%

2位:コメダホールディングス(3543 2.51

3位:ドトール・日レスホールディングス(30871.57%

 

カフェの株主優待がもらえる銘柄を選ぶときは、この記事で紹介したランキングも参考にしてみてください。

また資金を投じる前に、必ず最新のマーケット情報を確認しましょう。

株式投資を始めるには証券会社での口座開設が必要です。

まだ口座を持っていない方は、当サイトおすすめのネット証券会社をぜひチェックしてみてください。

編集部お勧め証券会社ランキング

1位 楽天証券

楽天証券

おすすめポイント
取引するだけで楽天ポイントがどんどん貯まる!
・貯めた楽天ポイントで現金を使わずに投資信託に投資ができる!
・楽天会員なら30秒で口座開設完了!
 ※楽天会員でない方も2分程度で口座開設できます
・株式取引で人気の高いツール「マーケットスピード」を無料で利用可能
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 99円 275円 275円 535円 1013円
1日定額 0円 0円 0円 0円 3300円

※手数料は税込価格です

2位 SBI証券

おすすめポイント
・「オリコン顧客満足度ランキング」で5年連続13度目の1位を獲得!
IPO取扱い銘柄数全証券会社中NO,1!
 ※2020年は93社中85社を取扱い
・いつかはIPOが当選するかも?「IPOチャレンジポイント」
・Tポイントを使って投資信託を購入できる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 99円 275円 275円 535円 1013円
1日定額 0円 0円 0円 0円 1691円

※手数料は税込価格です

3位 LINE証券

LINE証券口座開設

おすすめポイント
いつも使っているLINEアプリで株取引ができる!
LINEポイントで株を買える
1株単位からの少額投資ができる!数百円から投資ができる!
信用取引の売買手数料が無料!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
× × ×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
現物取引 99円 275円 275円 535円 1,013円
信用取引 0円 0円 0円 0円 0円

※手数料は税込価格です

※同一日に同一注文で複数の約定となった場合は、約定代金を合算し手数料を計算します。

4位 松井証券

松井証券

おすすめポイント
・現物取引でも信用取引でも、1日の合計約定代金が100万円まで手数料が無料!
・デイトレーダー向けの「一日信用取引」なら手数料が完全無料!
・取扱い投資信託は全て購入時手数料無料!
・銘柄検索をするのに超便利!さまざまな情報ツールが無料で使える。
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと - - - - -
1日定額 0円 0円 0円 1100円 3300円

※手数料は税込価格です

5位 SMBC日興証券

SMBC日興證券もIPOに力を入れていて、IPO取扱い数は全証券会社の中でもトップクラスです。

2020年は新規上場93社中52社を取り扱っています。

主幹事になることも多く、2020年は16社の主幹事を務めました。

主幹事には80%のIPO株が割り当てられるので、SMBC日興証券の口座を持っているだけで当選確率はかなり上がるでしょう。

預かり資産額によって当選確率が上がるステージ別抽選という制度がありますが、新規口座開設から3ヶ月間は資産が少なくても抽選確率が上がることが保証されています。
SMBC日興証券 オンライントレード

おすすめポイント
IPO取扱い銘柄数は全証券会社の中でもトップクラス!
 ※2020年は93社中52社を取扱い
口座開設から3ヶ月間はどなたでもステージ別抽選で当選確率アップ保証!
・信用取引手数料は無料!
株取引でdポイントが貯まる!dポイントで株を購入することもできる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 137円 275円 440円 880円 2200円
1日定額 - - - - -

※手数料は税込価格です

6位 岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

おすすめポイント
2020年 オリコン顧客満足度調査ネット証券第1位!
株取引最大100万円まで手数料無料!※現物50万円+信用取引50万円
・IPO申込時の事前入金が不要!
・ネット証券の手数料で総合証券である岡三証券専属アナリストの情報を入手できる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 108円 220円 385円 660円 1650円
1日定額 0円 0円 0円 0円 1980円

※手数料は税込価格です

 

 

おすすめの記事